モーセの十戒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセ・デ・リベーラ作『モーセ』(1638年):十戒が書かれた石板を持つモーセが描かれている。

十戒十誡、じっかい、ヘブライ語 עשרת הדיברות‎)とは、モーセから与えられたとされる10の戒律のこと。十戒の内容は神の意思が記されたものであり、モーセが十戒そのものを考え出し、自らもしくは他者に記させたものではない[1]モーセの十戒とも呼ばれる。二枚の石板からなっている。

二度神から渡されており、最初にモーセが受け取ったものはモーセ自身が叩き割っている。

出典[編集]

旧約聖書出エジプト記20章3節から17節、申命記5章7節から21節に書かれてある。

エジプト出発の後にモーセシナイ山にて、神より授かったと記されている。

十戒[編集]

  1. 神が唯一の神である
  2. 偶像を作ってはならない(偶像崇拝の禁止。別の神を作っても拝んでも仕えてもならない)
  3. 神の名をみだりに唱えてはならない
  4. 安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ(6日間働いてすべての仕事をし、7日目はどんな仕事もしてはならない)
  5. あなたのを敬え
  6. 殺してはならない
  7. 姦淫してはならない(結婚前、配偶者以外との性行為)
  8. 盗んではならない
  9. 偽りの証言をしてはならない(を言ってはならない)
  10. 隣人の家を欲しがってはいけない(妻、奴隷、牛、ろば等全て)


1から4までは神と人との関係であり、5から10までは人と人に関する項目(同時に刑法の根幹)である。

ユダヤ教安息日土曜日であるが、キリスト教会ではイエスの復活の日である日曜日を主の日と呼び、日曜日を聖日として礼拝している。

参考[編集]

関連[編集]


  1. ^ ただし旧約聖書にはモーセがシナイ山に登り、十戒を授けられ下山した旨記されており、どのようにそれが授けられたか第三者の目撃談という形では記されてはいない。