聖霊のバプテスマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

聖霊のバプテスマ(せいれいのバプテスマ)とは、新約聖書に、イエス・キリストが授ける聖霊バプテスマと記されているものである。ルカによる福音書でイエス・キリストは、それを「父の約束」「いと高き所から力を着せられる」と述べている。[1] また、使徒の働きでは、「聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。」と教えた。[2]

聖霊のバプテスマの語は、それぞれの教派によって違う用い方をされる。

ローマ・カトリック[編集]

ローマ・カトリックの公式の見解では、カトリックの堅信の時に、「ペンテコステの日に、一度使徒に与えられた聖霊の特別の注ぎ」を受ける。つまり、聖霊は洗礼と堅信によってすでに与えられていると考えられる。しかし、カトリック・カリスマ刷新は、聖霊による更なる経験があると信じる。「聖霊のバプテスマは秘跡ではないが・・・秘跡と関係している。」 この出来事「聖霊のバプテスマは御霊の実を結び、キリスト者生活を刷新する。」このように洗礼と堅信を通してすでに与えられた賜物の刷新とする事にカトリックの強調点がある。

ペンテコステ派[編集]

ペンテコステ派では聖霊のバプテスマは異言を伴うものだと主張し、新生と区別している。チャールズ・パーハムは「聖霊のバプテスマを受けることが大患難時代を逃れる唯一の方法であり、異言がその唯一の保証である」とした[3]。その教え子のウィリアム・シーモアは、「異言を語らない者は、聖霊のバプテスマを受けているとは言えない」と語った[4]

福音派[編集]

福音派はイエス・キリストを信じた瞬間にクリスチャンの内に聖霊が内住し聖霊のバプテスマがされる。 そのことによってキリストのからだに属するものとなり、そこから永遠に漏れることがない。これは体験ではなく 客観的事実である。

脚注[編集]

  1. ^ ルカ24:49、ヨハネ14:15~新改訳聖書
  2. ^ 使徒の働き1:8 新改訳
  3. ^ 大川修平『ペンテコステ神学』 p.206
  4. ^ 尾形守『リバイバルの源流を辿る』マルコーシュ・パブリケーション社

参考文献[編集]

執筆の途中です この項目「聖霊のバプテスマ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。