アポリナリオス主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アポリナリオス主義英語: Apollinarism)とは、ラオディキアアポリナリオスApollinaris of Laodicea)によって唱えられたキリスト論イエス・キリストには、人間の体と人間の魂はあったが、人間の理性(ギリシア語: νοῦς, ヌース)は無く、神性・神言葉(かみことば・ロゴス)が人間の理性的霊魂の場を占めていたと主張した[1][2]

381年第1コンスタンティノポリス公会議(第二全地公会)で異端として排斥され、キリスト教の主流派から異端とされる[1][2]

アポリナリオス主義の主張を言い換えれば、イエスの人間性は完全な理性的人間ではないこととなる[3]

アポリナリオスへは次のような反論がなされた。すなわち、イエスは人間性を救うために人間性を担ったのであるが、もしキリストが人間の精神(ヌース)を担わなかったのであれば、人間の精神は救われなかったこととなってしまう。しかし精神の中でこそ罪は最も活動的であり力強いのであり、人間が全体として救われるためには神言葉(ロゴス)が完全な人間存在において受肉(藉身)しなければならないとされた[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]