受肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

受肉(じゅにく、ギリシア語: Ενσάρκωση[1], ラテン語: Incarnatio, 英語: Incarnation, ドイツ語: Fleischwerdung, Menschwerdung, ロシア語: Воплощение)とは、三位一体のうち子なる神(神の言)が、ナザレのイエスという歴史的人間性を取った事を指す、キリスト教における教理[2]

訳語[編集]

正教会では藉身(せきしん)と訳される[3][4]。これは「身を藉りる(かりる)」と読み下すことができ、キリストが身をとったことをより能動的に表している。「籍身」の用字は誤り[5]

カトリック教会ではかつて託身[6]および托身[7](いずれの読みも「たくしん」)という訳語も用いられたが、2010年現在ではほとんど使われず、「受肉」が一般的となっている[8]

概念[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 古典ギリシア語再建音:エンサルコ-セー、現代ギリシア語転写例:エンサルコシ
  2. ^ 『キリスト教大事典 改訂新版』530頁、教文館、昭和52年 改訂新版第四版
  3. ^ 信仰-教会:日本正教会 The Orthodox Church in Japan
  4. ^ 東方正教会の歴史(抄)
  5. ^ 「藉」と「籍」は別の字であり、前者は草むしろを敷きその上に乗ることから、動詞として「かりる、かさねる」といった意味をもち、後者は文字を書いた竹札を重ねて保存したものを指すところから、動詞として「記入する、農具ですく」といった意味をもつものである。出典:『漢字源』1013頁、1154頁、学研、1996年4月1日改訂新版第3刷 ISBN 9784053000231
  6. ^ 『カトリック大辞典 III』431頁、上智大学編纂、冨山房、昭和42年第七刷
  7. ^ 『カトリックの信仰〈第3〉御托身―公教要理第一部解説 (1947年)』ASIN B000JBED44
  8. ^ 新要理書編纂特別委員会 (著, 編集), 日本カトリック司教協議会 (監修) 『カトリック教会の教え』ISBN 9784877501068(2003年版)でも、事項索引に「受肉」は存在し多くの頁への誘導が記載されているが、「託身」「托身」は用意されていない。

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「受肉」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。