トレド教会会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トレド教会会議 (Concilia toletana)は、5世紀から7世紀にかけてトレドで開催された教会会議

400年に開催された第1回教会会議は、イベリア半島で広まっていたプリスキリアニスムス派(enグノーシス主義マニ教の影響を受けていた)に対抗するため開催された。589年に開催された第3回教会会議では、西ゴート王国の王レカレド1世らゴート人がアリウス派からカトリックへ改宗したことで、ヒスパニアの政治的統合が進められた。633年に開催された第4回教会会議は、おそらくセビリアイシドールス主導のもと行われ、王国全体で典礼の均一化が命じられた。ガリシアに暮らすケルト人たちはラテン語での典礼を受け入れた。681年に開かれた第12回教会会議では、トレド大司教がヒスパニアの首位大司教であるとみなされた。

1565年と1566年に開催された同名の教会会議は、トレント公会議の決定によるものと考えられている。そして1582年と1583年の教会会議は、『王家の責任者』の名の下でローマ教皇が命じ、フェリペ2世が詳細に指揮した。

参照[編集]

執筆の途中です この項目「トレド教会会議」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。