マリア・アマーリエ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
皇后マリア・アマーリエ

マリア・アマーリエ・フォン・エスターライヒ(Maria Amalie von Österreich, 1701年10月22日 - 1756年12月11日)は、神聖ローマ皇帝カール7世バイエルン選帝侯カール・アルブレヒト)の妃。皇帝ヨーゼフ1世と皇后アマーリア・ヴィルヘルミーネの次女(末子)。姉はザクセン選帝侯ポーランドアウグスト3世マリア・ヨーゼファ

父ヨーゼフ1世死後の1722年、バイエルン公子だったカール・アルブレヒトと結婚した。2人は7子をもうけた。

マリア・アマーリエは皇帝の娘という立場では、叔父カール6世の娘である従妹マリア・テレジアと同じであった。そのため、マリア・テレジアがハプスブルク家の家督を相続することになると、夫カール・アルブレヒト選帝侯が妻の権利を主張してオーストリア・バイエルン戦争を起こし、1741年チロルボヘミアを占領、同年にボヘミア王、翌1742年には神聖ローマ皇帝に即位した。