ルイトポルト家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイトポルト家ドイツ語: Luitpoldinger, 英語: Luitpoldings)は、中世ドイツにおいてバイエルン大公を輩出した諸侯の家系である。ルイトポルディング家ともいわれる。

概要[編集]

同家の祖ルイトポルトは、東フランク王カールマンの側近であり、893年には東フランク王アルヌルフによりバイエルン辺境伯とされ、バイエルン全域の統治を委託された[1]。さらにルイトポルトはアルヌルフの死後、その子幼王ルートヴィヒ4世と摂政となったが、907年マジャール人との戦いにおいてプレスブルク(ブラチスラヴァ)近郊で戦死した[2]

ルイトポルトの後は子のアルヌルフ(悪公)が相続したが、アルヌルフは教会高権も含めたバイエルンの自立的支配権を握って[3]みずから「大公」を名乗り[4]、母方の伯父にあたるシュヴァーベン大公エルハンガーおよびベルトルトの兄弟とともにコンラディン家出身のドイツ王コンラート1世(母の再婚相手)と対立し、一時ハンガリーに亡命するに至った[5]917年に亡命から帰国したアルヌルフは、国王コンラート1世によりバイエルンに派遣されていた国王の弟エーベルハルトを追放し、さらに進軍してきたコンラート1世に傷を負わせ、退却させている[6]。国王コンラート1世はこの時の傷がもとで翌918年死去した。一説には翌年、アルヌルフは「バイエルン人と東フランケン人に切望されて王となった」[7]とされる。しかし、新王ハインリヒ1世921年の二度目のバイエルン遠征においてアルヌルフは降伏し、このときアルヌルフはハインリヒ1世からバイエルンにおけるこれまでの一切の権利と大公位を追認され、バイエルンにおける統治をまかされた[8]

アルヌルフの死後は子のエーバーハルトが大公となったが、938年に皇帝オットー1世に対し教会高権の返還を拒否し追放された[9]。その後はアルヌルフ悪公の弟ベルトルトが大公位を継承したが、947年、ベルトルトが死去した際、ベルトルトに男子相続人がいたにも関わらず、皇帝オットー1世は自身の弟でアルヌルフ悪公の婿にあたるハインリヒ1世にバイエルン大公位を授けた。のち、ハインリヒ1世の子ハインリヒ2世の反乱により、ベルトルトの子ハインリヒ3世はバイエルン大公位を取り戻すが、985年にバイエルン大公位はハインリヒ2世に再び戻され、ハインリヒ3世にはかわりにケルンテン大公位が与えられた[10]。ハインリヒ3世は989年死去し、大公位は同家から離れた。なお、同家(アルヌルフ悪公)からヴィッテルスバッハ家[11]バーベンベルク家[12][13]が出たとされる説もある。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
ルイトポルト
(?-907)
バイエルン辺境伯
 
クニグンデ
(シュヴァーベン宮中伯ベルトルト1世娘)
 
コンラート1世
ドイツ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルヌルフ(悪公)
(?-937)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベルトルト
(?-947)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エーバーハルト
938年追放
 
ハインリヒ
 
ユーディト
(?-987)
 
ハインリヒ1世
(ドイツ王ハインリヒ1世子)
 
ハインリヒ3世
(?-989)
ケルンテン公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オットー2世
ヴォルムスガウ伯
 
ユーディト
 
 
 
ハインリヒ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ザーリアー朝
 
 
 
 
 
ハインリヒ2世
神聖ローマ皇帝

 :バイエルン大公

関連項目[編集]

引用[編集]

  1. ^ 成瀬 他、p.94,95
  2. ^ 同上、p.99,100
  3. ^ 服部、p.8
  4. ^ 成瀬 他、p.111
  5. ^ 同上、p.102
  6. ^ 同上、p.102
  7. ^ 同上、p.113
  8. ^ 同上、p.114
  9. ^ 服部、p.8
  10. ^ 成瀬 他、p.130
  11. ^ ノルトガウ伯ベルトルト・フォン・シュヴァインフルト(980年没)をアルヌルフ悪公の子とし、ヴィッテルスバッハ家の祖としている(B.Hubensteiner, p.499)
  12. ^ オーストリア系バーベンベルク家の祖リウトポルト1世(レオポルト1世)をアルヌルフ悪公の孫としている(K.Lechner, Genealogie)
  13. ^ 服部、p.9

参考文献[編集]

  • 成瀬治 他 編『世界歴史大系 ドイツ史 1』山川出版社、1997年
  • 服部良久『叙任権闘争期前後のドイツ東南部における貴族とラント』京都大学文学部研究紀要 (1994), 33: p.1-128
  • 下津清太郎 編『世界帝王系図集 増補版』近藤出版社、1982年
  • Benno Hubensteiner, Bayerische Geschichte : Staat und Volk, Kunst und Kultur, Süddeutscher, 1977.
  • Karl Lechner, Handbuch der historischen Stätten Österreich. v. 1. Donauländer und Burgenland, A. Kröner, 1970.