ユーラブルグント王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーラブルグント王国
フランク王国 888年 - 933年[1] アルル王国
公用語 不明
首都 不明
888年 - 912年 ルドルフ1世(初代)
912年 - 933年 ルドルフ2世(キスユラ・ブルグント王国を併合)
変遷
成立 888年
キスユラ・ブルグント王国を併合 933年

ユーラブルグント王国は、旧ブルグント王国のあった地域のユラ山脈以北に存在した王国。現在のスイス西部にフランスのブルゴーニュ地方東部を含めた地域にあたる。上ブルグント王国高ブルグント王国トランスユラニア王国(Transjuranien)とも呼ぶ。この地はカロリング朝フランク王国の分裂後、中部フランク王国、さらにロタリンギアの一部であった。ロタリンギア王ロタール2世は、在地貴族の統制のためヴェルフ家のオセール伯コンラート2世を招き、コンラートはこの地で権力を確立した。ロタール2世の死後はメルセン条約により東フランク王国領となったが、その後、フランク王国を一時統一したカール3世888年に死去し、コンラート2世の息子ルドルフ1世 が上ブルグントを継承してブルグント王位につき成立した。933年ルドルフ2世ウーゴキスユラブルグント王国を併合し、それ以降は単にブルグント王国と呼び、またそのときアルル首都としたためアルル王国とも呼ぶ。王国成立後もジュネーヴ伯やサヴォイア家などの在地貴族の勢力が依然として強く、国王ルドルフ3世は司教に支配権を与え、支配強化をはかった。これが、のちの聖界諸侯領形成につながっていった。1032年、ヴェルフ家の最後の男系の王ルドルフ3世が死去し、ルドルフ3世の姪と結婚したローマ皇帝コンラート2世がブルグント王となり、ブルグント王国は神聖ローマ帝国に併合された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 表記はキスユラブルグント王国併合年。1032年、ブルグント王家は断絶し、それ以降ブルグント王位は神聖ローマ皇帝に引き継がれた。

参考文献[編集]

  • 森田安一 編『新版世界各国史 スイス・ベネルクス史』山川出版社、1998年、p.24-25