ジュラ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュラ山脈(人工衛星の処理画像)

ジュラ山脈フランス語Massif du Juraドイツ語Französischen Juraイタリア語Massiccio del Giura英語Jura Mountains)は、アルプス山脈の西端をなすスイスアルプスより北に位置する山脈。スイスアルプスとの谷合いにスイス高原を形成する。

古来、ジュラ山脈は、フランス地方とスイスイタリア地方の地理的・文化的な境界の一つとして機能してきており、現在はフランスとスイスの国境をなしている。

呼称[編集]

ボーム・レ・メッシューの袋谷(reculée de Baume-les-Messieurs)。フランス・ジュラ県ボーム・レ・メシュー村にある袋谷[1]
ル・キュレの山頂を望む

Jura の名は「森」を意味するガリア語: jor に由来するという[2][3][4]

ジュラ紀[編集]

地質学における地質時代名の一つである「ジュラ紀(英語:Jurassic period [Jurassic Geologic period])」の「ジュラJurassicジュラシック)」は、ジュラ山脈の名を語源としており、石灰岩を主とするこの地の堆積層が、この地質時代を代表させるにふさわしい学術的価値を持つことから採用されたものである。なお、この地層はかつて存在したテチス海浅海に堆積したものであり、アンモナイトなどの化石を数多く産する。

特徴[編集]

スイス側はスイス高原(Swiss plateau)で、北端はバーゼル=シュタット準州付近から始まっており、南端はヴォー州付近まで続いている。フランス側はジュラ県で、ソーヌ川流域平野へとつながる。長さ約230 km、幅約60 km。南に向けて高くなる。1000- 1500 mの高さの山が多い。

長い間、ジュラ山脈の最高峰ル・ルキュレLe Reculet、海抜1,719 m)と考えられてきたが、2003年クレ・ド・ラ・ネージュCrêt de la Neige、海抜1,718 m)のそばの無名峰が海抜1,720 mであることが判明した[要出典][5]

探訪[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ fr/en圏谷の一種・
  2. ^ Rollier, L. 1903. Das Schweizerische Juragebirge. Sonderabdruck aus dem Geographischen Lexikon der Schweiz, Verlag von Gebr. Attinger, 39 pp; Neuenburg
  3. ^ Hölder, H. 1964. Jura - Handbuch der stratigraphischen Geologie, IV. Enke-Verlag, 603 pp., 158 figs, 43 tabs; Stuttgart
  4. ^ Arkell, W.J. 1956. Jurassic Geology of the World. Oliver & Boyd, 806 pp.; Edinburgh und London.
  5. ^ 出典反証材料 :fr:Crêt de la Neige, fr:Massif du Jura#Principaux sommets.

関連項目[編集]