キスユラブルグント王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キスユラブルグント王国
西フランク王国 879年 - 933年[1] アルル王国
公用語 不明
首都 ヴィエンヌアルル
879年 - 882年 ボソ(初代)
887年 - 928年 ルイ3世(第2代)
928年 - 933年 ウーゴ(最後)
変遷
成立 879年
滅亡 933年

キスユラブルグント王国(Cisjuranien)は、旧ブルグント王国のあった地域のユラ山脈以南に存在した王国ボソがプロヴァンス王位についてプロヴァンスを支配したためプロヴァンス王国とも呼ぶ。また下ブルグント王国低ブルグント王国とも呼ぶ。プロヴァンスは西フランク王国領となっていて、西フランク王ルイ2世西フランク王国ルイ3世カルロマンの2人の息子に分割統治させ、ルイ3世ネウストリアを相続したため、プロヴァンス王位はルイ3世のものとなるが、879年ボソが反乱をおこしてプロヴァンス王位につき、首都ヴィエンヌとし、キスユラブルグント王国が成立した。ボソは東フランク王カール3世と西フランク王カルロマンにより攻撃され、一度は防いだが、再び攻撃されて、882年に領土を奪われ、再びプロヴァンス西フランク王国領となった。そして884年、カール3世が西フランク王位を獲得し、カール3世によりフランク王国が統一された。888年にカール3世が死去し、ボソの息子ルイ3世がプロヴァンスを継承し、キスユラブルグント王国が復活した。ルイ3世は911年首都ヴィエンヌからアルルに移した。アルルに移した後のキスユラブルグント王国はアルル王国とも呼ぶことがある。ルイ3世の次に928年に即位したウーゴ933年ユーラブルグント王国に侵攻され、キスユラ・ブルグント王国は滅亡した。

国王一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 表記はユーラブルグント王国に侵攻されて滅亡した年。東フランク王カール3世と西フランク王カルロマンに攻撃され領土を奪われ、882年に再び西フランク王国領となる。888年に独立を回復した。