エルマントルド・ドルレアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西フランク王妃エルマントルド

エルマントルド・ドルレアンErmentrude d'Orléans, 825年~830年9月27日 - 869年10月6日)は、西フランク王シャルル2世(禿頭王)の最初の妃。オルレアンウードとその妻でパリ伯ルタール1世の娘であるアンジェルトルド・ド・フェゼンサック(Engeltrude de Fézensac)の間の娘。ピピン1世カール・マルテル、そして最後のランゴバルド王デジデリウスの血を引く。エルマントルドはウダルリヒング家Udalrichinger)と親族関係にあるゲロルドネン家Geroldonen)に属していた。

842年12月13日または14日、キイジー(現在のフランスピカルディ地域圏エーヌ県)の王城においてシャルル禿頭王と結婚した[1]。866年、弟のギヨームが義兄シャルル王に対する反逆罪に問われて刑死した。翌867年、エルマントルドは夫の許を去ってヴァランシエンヌ郊外のアスノン修道院に入った。その2年後に亡くなり、サン=ドニ大聖堂に埋葬された。シャルル禿頭王は翌870年、リシルド・ド・プロヴァンスと再婚している。

シャルル禿頭王との間に9人の子女をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ Charlemagne1

参考文献[編集]

  • Dutton, P. E., Charlemagne's Mustache and Other Cultural Clusters of a Dark Age (New York, 2004)
  • Riche, Pierre. The Carolingians: A Family Who Forged Europe. University of Pennsylvania Press, 1993.