民族移動時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2世紀から5世紀にかけての民族移動の図。また、map of the world in AD 820も参考のこと。

民族移動時代(みんぞくいどうじだい、英語:Great Barbarian Invasion)は、西暦300年から700年代にかけて、ヨーロッパで起こった人類移住の時代のことである。この移住が古代を終わらせ中世が始まったと考えてもよい。

この移住はゲルマン系及びスラブ系の移住、更に東方系の諸民族の侵略を主体としている。これは中央アジアでのトルコ系民族の移動や、人口爆発、気候変動疫病の蔓延、高齢化人口の増大などが要因とされる。

ゲルマン系民族の移動[編集]

西ローマ帝国の領域内に居住していたゲルマン系の移動である(参考:ゴート族ブルグント族ランゴバルド人アングロ・サクソン人ジュート人)。最初にローマ帝国の領域に侵入したのは西ゴート族であり、続いて侵攻したのがテオドリックに率いられた東ゴート族である。彼らはいずれも東方民族であるフン族からの略奪・虐殺を受け、逃げ延びる形でローマ領内に殺到していた。それに続く形でブルグント族がフランス北部に、ランゴバルドがイタリアに、アングロ・サクソン人とジュート人(ゲルマンではなく、スキタイ系との説もある)がブリタニアに、アラマンニ人(ケルト系と深く混血していた)が南西ドイツに侵入していった。

そして最終的にフランク人というケルト系やスラブ系・ラテン系の民族とゲルマン諸族が連合したグループがヨーロッパを担うようになっていく。

またゲルマン系の故郷とされる北欧の人々はヴァイキングとして盛んに活動して各地に血統を残している。

西ゴート王国[編集]

もともと、ゴート族は、ドニエプル川両岸に居住していたが、アッティラによる圧迫により、イタリア半島へと移住を開始した。時の西ローマ皇帝ホノリウスは、西ゴート族によるローマ陥落の報を受けても、ラヴェンナへこもりきりであった。その後、ローマ帝国の支配権が及ばなくなったガリアとヒスパニアへ西ゴート族は移動、この2つの領域を支配するようになった。

ガリアは、フランク王国との抗争で、6世紀初頭には王国の領域から外れ、王国の重心はイベリア半島に移らざるを得なくなった。その後も、イベリア半島を中心に支配が続いたが、711年に、ウマイヤ朝の攻撃を受け、滅亡。イベリア半島は、その後、レコンキスタの舞台となる。

東ゴート王国[編集]

フランク王国とブルグント王国、ランゴバルド王国[編集]

5世紀にはガリアにおいてフランク人が西ローマ帝国との宥和政策を採用しながら、ブルグント王国、ランゴバルド王国を滅ぼして勢力を広げた。

アングロ・サクソンの七王国[編集]

ヴァイキング[編集]

東方系民族の移動[編集]

ゲルマニア東半分(現在のポーランドチェコ等の地域)や、サルマティア(現在のベラルーシ南部からウクライナ)には、スキタイサルマタイの影響を受けた、スラヴ人の文化圏が形成されていた。彼らはPrzeworsk文化やZarubintsy文化などの主体をなし、周辺のケルトやゲルマンの諸族と相互に影響を与え合っていた。彼らもまたフン族に押される形で東ヨーロッパ全土に進出し、スラブ系がこの地域の支配していくことになる。

近年では古代のケルト系民族の研究に影響されてか、プロト・スラブ人についての研究も深まりつつある。その最たる例はヴァンダル人で、彼らは元々はPrzeworskに属する部族である事が判明しており、何らかの理由(恐らくは近隣のゴート族との交流)でゲルマン系言語を用いるようになったと考えられているが、しかし実際のところヴァンダル語についてはほとんど資料がなく、彼らの日常言語が本当にゲルマン系言語であったかどうかでさえも定かではない。語彙の上でゴート語の影響を受けていることははっきりしているが、スラヴ語も語彙においてゴート語の影響を強く受けた言語であり、ゴート語の影響をもってヴァンダル語がゲルマン語であったとは言えない。ヴァンダル人は南欧や北アフリカに侵入していくが、このころまでには彼らがゲルマン語を話していたことがわかっている。(彼らが古い時代からのリンガ・フランカとしてゲルマン系の言葉、新しい時代のリンガ・フランカとしてラテン語、伝統的な民衆語としてスラヴ祖語を使用していたならばこの謎は解決され、当地の考古文化の変遷の仕方がその有力な傍証となっているが、ヴァンダル人がプロト・スラヴ人であることを示す決定的証拠は見つかっていない)。

また同地にはサルマタイと呼ばれるイラン系の諸族も定住していた他、古代末期にはフン族アヴァール族などの騎馬民族が侵入し、スラヴ系・ゲルマン系の諸民族を次々と征服していった。彼らの出自は明らかではないものの、推測される使用言語からテュルク系に属するという意見や匈奴との関係を論じる意見が一般的である。アヴァール族はチュルク系とされるが、その共通言語としてスラヴ祖語が広く使用されていたという説もある。

フン族[編集]

サルマタイ[編集]

サルマタイ人はイラン系民族で、長らく遊牧民の覇者であったスキタイ人を滅ぼして勢力を広げた。民族移動時代に入ると、フン族と共に西進を開始して東ゴート族を破り東ヨーロッパに侵入した。後にスキタイ人の系統を継いだとされるスラブ人に吸収されるが、ポーランド近辺ではスラブ文化だけでなくサルマタイ文化も残存して強い影響を残した。近世・近代にはポーランド・リトアニア連合の貴族達がサルマタイ人の末裔である事を強調している(サルマティズム)が、これは単にサルマタイ風の服装や髪形およびサルマタイ的な気質が、非常に多様な民族的・文化的・宗教的出自から構成されていたポーランド貴族(シュラフタ)社会の連帯感を示すものとして流行したもの。

中世ヨーロッパの騎士道文学の最高峰であるアーサー王伝説がサクソン人に対抗したケルト人の伝承がベースであったことは近年知られるようになっているが、さらにそのベースはサルマタイ人の伝承であるとする仮説がある。これはローマ帝政末期にサルマタイ人の傭兵団が大量にブリテン島に移住していた事と、アーサー王伝説とサルマタイ神話が奇妙なほどに一致している為である。

またサルマタイ本体が滅んだ後もアラニ人などの分派勢力が活動を続けている。

アラニ族[編集]

スラブ族[編集]

系統不明[編集]

ヴァンダル王国[編集]

ヴァンダル人はゲルマン語に属する言語を使用していた民族グループで、アラン人と共にイベリア北アフリカに進入し、破壊の限りを尽くした事で知られている。言語的にはゲルマン系に分類されるものの、彼らの故郷はプロト・スラブ系の文化圏であった事が近代の研究で明らかになっている。何故イベリアや北アフリカに侵入した時点で彼らがスラブ系言語ではなく、ゲルマン系言語を話すようになっていたのかは不明である。

スエビ王国[編集]

関連項目[編集]