ジャンヌ2世 (ブルゴーニュ女伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Joan II of Burgundy.jpg

ジャンヌ2世・ド・ブルゴーニュ(Jeanne II de Bourgogne, 1291年 - 1330年1月21日)は、フランスフィリップ5世の王妃。父はブルゴーニュ伯オトン4世、母はアルトワ女伯マティルド。妹ブランシュは夫の弟シャルル4世の王妃。

1307年、フィリップ4世の次男ポワティエ伯フィリップ(後のフィリップ5世)と結婚した。2人の間には1313年までに1男4女が生まれた。

1314年、夫の妹イザベルの密告により、姦通の罪で王太子ルイ(後のルイ10世)妃マルグリット、妹ブランシュとともに捕らえられ、ジャンヌはドゥーダンへ幽閉された。ジャンヌは己の潔白を主張し続け、ジャンヌら姉妹の母マティルドの奔走も加わり、パリの法廷で彼女の無罪が宣言され、3人のうち彼女だけが許されて宮廷へ戻った。彼女だけが、夫との間に信頼関係が築かれていたためだともいえる。

幽閉による空白はあったものの、ジャンヌとフィリップにはその後1男1女が生まれたが、どちらも夭折した。

  • ルイ(1316年 - 1317年)
  • 女子(1322年)

1302年に父オトンが死ぬと、爵位はその唯一の男子であった幼い弟ロベールが継いだ。1315年にロベールが早世すると、オトンの娘のうち最年長であったジャンヌが伯位を継承した。1329年には母の爵位も継いでブルゴーニュ女伯兼アルトワ女伯となった。

1322年に夫と死別後、ジャンヌは宮廷を出て自分の領地で暮らした。1330年にロワ=アン=アルトワで亡くなり、遺体はサン=ドニ大聖堂の夫の隣に葬られた。

パリの大学コレージュ・ド・ブルゴーニュはジャンヌにちなんで名付けられた。

先代:
ロベール
ブルゴーニュ女伯
1315年 - 1330年
次代:
ジャンヌ3世