アヴェーヌ=シュル=エルプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Avesnes-sur-Helpe
Ecu bandé or gueules.svg
Barrage 1 Avesnes-sur-Helpe.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ノール=パ・ド・カレー地域圏Flag of Flemish Region (De Vlaamse Leeuw).svg
(département) ノール県Blason Nord-Pas-De-Calais.svg
(arrondissement) アヴェーヌ=シュル=エルプ郡
小郡 (canton) 2小郡庁所在地
INSEEコード 59036
郵便番号 59440
市長任期 アラン・ポワール
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Pays d'Avesnes
人口動態
人口 4 991人
2009年[1]
人口密度 2 228人/km²
住民の呼称 Avesnois, Avesnoises
地理
座標 北緯50度07分19秒 東経3度55分53秒 / 北緯50.121944度 東経3.931389度 / 50.121944; 3.931389座標: 北緯50度07分19秒 東経3度55分53秒 / 北緯50.121944度 東経3.931389度 / 50.121944; 3.931389
標高 平均:m
最低:143m
最高:188 m
面積 6,95km² (695ha)
Avesnes-sur-Helpeの位置
Avesnes-sur-Helpe
公式サイト http://www.avesnes-sur-helpe.com
テンプレートを表示

アヴェーヌ=シュル=エルプAvesnes-sur-Helpe)は、フランスノール=パ・ド・カレー地域圏ノール県コミューン

地理[編集]

アヴェーヌ=シュル=エルプは、丘陵と果樹園、生垣で区切られた農地が広がるボカージュ、小さな村々が特徴のアヴェノワ地方(Avesnois)の語源となった地である。アヴェノワ地方をエルプ=マジュール川が流れる。

アヴェーヌ=シュル=エルプは行政上アヴェノワ地方、地理的にはアルデンヌ地方、歴史的にはエノー、景観はティエラシュ地方にそれぞれみなされている。

アヴェーヌ=シュル=エルプはモブージュから17.5km、モンスから36.5km、ヴァランシエンヌから39km、シャルルロワから47km離れている[2]。対ベルギー国境へは約15kmである。

交通[編集]

  • 道路 - パリブリュッセルを直接結ぶ高速道路である国道2号線が通る。
  • 鉄道 - TERノール=パ・ド・カレー、TERシャンパーニュ・アルデンヌの2路線が通る。
  • バス - 近郊の町村への路線がある

由来[編集]

1107年にDe Avisnis、1131年にはAvesne、そしてaltare de Avesnisと記されている[3]

フランス北部にはアヴェーヌという地名が数箇所あり、それらの古い地名はアヴェーヌ=シュル=エルプの古い名称と似通っている。avoine(オート麦)という名称を古いやり方で解釈すると、『やせた土地』を意味するterre maigreであるとするのは疑わしい。avoineの古い形がaveine、aveneまたはavainneと常に表される(ラテン語ではavena)。しかし最古の形でAvesnesは常にこれらと異なり、Avisna、Avisnis、Avesnaであった。

また、ゲルマン語の普通名詞avisnaまたはafisnaを参照すべきだろう。音声学的により牧草地に適した名称である[4] · [5]。さらに、Avesnesはフランス北部でのみ典型的な地名である。他の普通名詞とともに、この地方固有のゲルマン起源の名詞であろう。

歴史[編集]

大通りとサン=ニコラ教会

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
6 151 6 414 6 301 5 955 5 108 5 002 5 051

経済[編集]

現在のアヴェーヌは、行政とサービスのまちである。多くの行政関係や公共サービスが存在する。自治体の行政サービスの他、郡庁、財務局、税務署、郵便局、商工会議所、貿易局、自治体間連合庁舎もある。

アヴェーヌには大審裁判所があり、2006年11月24日より地区裁判所が発足した。

脚注[編集]

  1. ^ Populations légales 2009 de la commune : Avesnes-sur-Helpe sur le site de l'Insee
  2. ^ calcul orthodromique
  3. ^ Ernest Nègre, Toponymie Générale de la France, volume 1, Librairie Droz, 1994.
  4. ^ Maurits Gysseling, Toponymisch woordenboek van Belgie, Nederland, Luxembourg, Noord-Frankrijk en West Duitsland (voor 1226), Tongres, 1960.
  5. ^ François de Beaurepaire (préface de Marianne Mulon), Les Noms des communes et anciennes paroisses de la Seine-Maritime, A. et J. Picard, Paris, 1979, 180p. 2-7084-0040-1 OCLC 6403150
  6. ^ Évolution et structure de la population (de 1968 à 2007) sur Insee. Consulté le 25 juillet 2010
  7. ^ Recensement de la population au 1er janvier 2006 sur Insee. Consulté le 25 juillet 2010
  8. ^ Recensement de la population au 1er janvier 2008 sur Insee. Consulté le 31 décembre 2011
  9. ^ Recensement de la population au 1er janvier 2009 sur Insee. Consulté le 31 décembre 2011