サンドリーヌ・ベリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランスの旗 フランスの政治家
サンドリーヌ・ベリエ
Sandrine Bélier
Sandrine BELIER, EELV.jpg
サンドリ-ヌ・ベリエ(2011年6月撮影)
生年月日 1973年7月2日(41歳)
出生地 エソンヌ県ロンジュモー
出身校 ストラスブール大学
所属政党 ヨーロッパ・エコロジー=緑の党

選挙区 東フランス選挙区
当選回数 1回
任期 2009年7月14日 - 現職
テンプレートを表示

サンドリーヌ・ベリエ(Sandrine Bélier、1973年7月2日 - )は、フランス環境保護専門の法学者、及びヨーロッパ・エコロジー=緑の党所属の女性政治家。2009年から欧州議会議員として務める。

人物・来歴[編集]

パリ第十一大学ストラスブール第三大学を在学して、環境法律修士人権専攻公法学修士を合格した。1997年から環境保護非利益団体で活動するという。2008年フランス・自然・環境協会長に一任された[1]サルコジ元フランス大統領によって望まれた環境グルネ-ルという持続可能な開発について考えるワークショップに出席した。しかしながら、ベリエにとって不十分な決議があったため、早めに退職して、ヨーロッパ・エコロジー運動を入会した[2]

参考[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ Euroslovar「Élections européennes : interview exclusive de Sandrine Bélier (Europe Écologie)」、2009年4月20日 [2]