フュエルド・バイ・ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フュエルド・バイ・ラーメン
Fueled by Ramen
Fueled by Ramen logotipo.png
設立 1996年
設立者 ジョン・ジャニック
ビニー・フィオレロ
販売元 アトランティック・レコード・グループ
ワーナー・ミュージック・グループ
ジャンル エモ
ポップ・パンク
スカ・パンク
インディー・ロック
ヒップホップ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
本社所在地 ニューヨーク
公式サイト www.fueledbyramen.com

フュエルド・バイ・ラーメンFueled by Ramen)とは、アメリカ合衆国ニューヨークレコードレーベルエモポップパンク系のバンドが多く所属する。ワーナー・ミュージック・グループ傘下のレーベルで、日本ではワーナーミュージック・ジャパンと提携しており、所属アーティスト数組を集めたイベント「FBR Night」を何度か開催している[1]。代表的なアーティストとしてフォール・アウト・ボーイパニック・アット・ザ・ディスコパラモアジム・クラス・ヒーローズジ・アカデミー・イズ...ファンなどを輩出している[1]

来歴[編集]

1996年レス・ザン・ジェイクドラマービニー・フィオレロ(Vinnie Fiorello)と、ジョン・ジャニック(John Janick)により、フロリダ州ゲインズビルにて設立される[2]。その後1998年に本拠地をタンパに移動、2007年以降はニューヨークを拠点にしている。会社名のFueled by Ramenは和訳すると「ラーメンが燃料源」となるが、これはビニーが金がなく毎日ラーメンばかり食べていたことに由来する。アメリカではインスタントラーメンが缶詰食品などと並んで非常に安く購入でき、貧乏学生や貧困家庭などで親しまれて食べられるという文化から、その事をコミカルに社名として取り入れた。また会社のキャッチフレーズとして「NO FOOD. NO SLEEP. JUST RECORDS.(食わず、眠らず、レコード一筋)」を掲げ、「とにかく音楽一筋!貧乏でも、食べ物がなくても、睡眠時間が無くても、音楽を作るという事に没頭してレコード一筋!」という音楽に対する制作意欲と情熱を表明した[2]

2005年5月、フォール・アウト・ボーイの2ndアルバム『フロム・アンダー・ザ・コーク・ツリー』が全米アルバムチャートで9位を獲得。収録曲「Sugar, We're Goin Down」が全米シングルチャートで8位、「Dance, Dance」が9位を記録し、グラミー賞最優秀新人賞にノミネートされた[3]。同年9月、パニック・アット・ザ・ディスコの1stアルバム『フィーバーは止まらない』が全米13位を獲得。収録曲「I Write Sins Not Tragedies」が全米で7位を記録する[4]。また、この年フォール・アウト・ボーイピート・ウェンツが主催するディケイダンス・レコードDecaydance Records)が傘下レーベルとしてスタート、後に独立している。

2006年ジム・クラス・ヒーローズの3rdアルバム『As Cruel as School Children』から「Cupid's Chokehold feat. Patrick Stump」がHot100で4位を記録する[5]。 同年12月、創業者のビニーが会社を離れ、その後は新たにレーベルおよび出版社ペーパー+プラスティック(Paper + Plastick)を設立している。

2007年2月、フォール・アウト・ボーイの3rdアルバム『インフィニティ・オン・ハイ』が全米1位を獲得。収録曲「This Ain't a Scene, It's an Arms Race」が全米で2位を記録した[3]

2009年9月、パラモアの3rdアルバム『Brand New Eyes』が全米2位、全英1位を獲得する[6]

2012年2月、ファンの2ndアルバム『サム・ナイツ 〜蒼い夜〜』が全米3位を獲得。リードシングル「We Are Young feat. Janelle Monáe」が米英など世界各国で1位を獲得、さらにシングル「Some Nights」も全米で3位を記録するなどし、グラミーで最優秀楽曲賞と最優秀新人賞を獲得した[7]

主な所属アーティスト[編集]

過去に在籍していたアーティスト[編集]

主なディスコグラフィー[編集]

  • Fall Out Boy - From Under the Cork Tree (2005年) 全米9位を記録、グラミー最優秀新人賞にノミネートされる[3]
    • "Sugar, We're Goin Down" 全米8位を記録[3]
    • "Dance, Dance" 全米9位を記録[3]
  • Panic! at the Disco - A Fever You Can't Sweat Out (2005年) 全米13位を記録[4]
    • "I Write Sins Not Tragedies" 全米7位を記録[4]
  • Gym Class Heroes - "Cupid's Chokehold feat. Patrick Stump" (2006年) 全米4位を記録[5]
  • Fall Out Boy - Infinity on High (2007年) 全米1位を記録[3]
    • "This Ain't a Scene, It's an Arms Race" 全米2位を記録[3]
  • Paramore - Riot! (2007年) 米でプラチナディスクに認定される[6]
  • Panic at the Disco - Pretty. Odd. (2008年) 全米7位を記録[4]
  • Paramore - Brand New Eyes (2009年) 全米2位、全英1位を記録[6]
  • Panic! at the Disco - Vices & Virtues (2011年) 全米7位を記録[4]
  • Gym Class Heroes - The Papercut Chronicles II (2011年)
    • "Stereo Hearts feat. Adam Levine" 全米4位を記録[5]
    • "Ass Back Home feat. Neon Hitch" 全米12位を記録[5]
  • Fun. - Some Nights (2012年) 全米3位を記録、グラミー最優秀新人賞を獲得[7]
    • "We Are Young feat. Janelle Monáe" 世界各国で1位を記録、米で5×プラチナディスクに認定、グラミー最優秀楽曲賞を獲得[7]
    • "Some Nights" 全米3位を記録、米で4×プラチナディスクに認定される[7]
  • Twenty One Pilots - Vessel (2013年) Alternative Pressが年間ベストアルバム1位に選出[8]
  • Paramore - Paramore (2013年) 米英で1位を記録、Drowned in SoundやA.V. Clubなどが年間ベストアルバムの一つに選出[6][9]
    • "Still Into You" 米でプラチナディスクに認定される[6]
  • Fall Out Boy - Save Rock and Roll (2013年) 全米1位を記録[3]
  • Panic! at the Disco - Too Weird to Live, Too Rare to Die! (2013年) 全米2位を記録[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b Fueled By Ramen Japan, MySpace.”. 2012年7月14日閲覧。
  2. ^ a b Fueled By Ramen - About.”. 2013年10月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Fall Out Boy - Chart history, Billboard.”. 2013年10月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Panic at the Disco - Chart history, Billboard.”. 2013年10月8日閲覧。
  5. ^ a b c d Gym Class Heroes - Chart history, Billboard.”. 2013年10月8日閲覧。
  6. ^ a b c d e Paramore, Awards, AllMusic.”. 2013年10月8日閲覧。
  7. ^ a b c d Fun., Awards, AllMusic.”. 2013年10月8日閲覧。
  8. ^ Alternative Press.”. 2013年12月19日閲覧。
  9. ^ Paramore - Paramore - Reviews & Ratings.”. 2013年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]