この世はすべてショー・ビジネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この世はすべてショー・ビジネス
ザ・キンクススタジオ・アルバム
リリース 1972年8月25日
録音 track1 - 10:1972年3月 - 6月
track11 - 23:1972年3月2日,3日
ジャンル ロック
レーベル RCAレコード
プロデュース レイ・デイヴィス
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 3of5.svg link
ザ・キンクス 年表
マスウェル・ヒルビリーズ
1971年
この世はすべてショー・ビジネス
1972年
プリザヴェイション第一幕
1973年
テンプレートを表示

この世はすべてショー・ビジネス』(Everybody's in Show-Biz)は、1972年にリリースされたザ・キンクスのアルバム。

発表当時はスタジオ録音曲とニューヨークカーネギー・ホールでのライヴを合わせたキンクス初の二枚組アルバムであった。ライヴは72年アメリカ・ツアーの映画のサウンドトラックとして録音されたが、映画の企画が没になったためライヴのみが本作で発表された。

スタジオ録音部分はロックバンドのツアー漬けの毎日と、平凡な日常生活の対比を描いた物であり、ハリウッドへのあこがれを描いた「セルロイドの英雄」は彼らの代表曲となった。

曲目[編集]

特筆無い限りレイ・デイヴィス作詞作曲。

  1. 新しい日がやってくる - Here Comes Yet Another Day 3:53
  2. マキシマム・コンサンプション - Maximum Consumption 4:04
  3. 非現実的現実 - Unreal Reality 3:32
  4. ホット・ポテト - Hot Potatoes 3:25
  5. ホテルに座って - Sitting in My Hotel 3:20
  6. モーターウェイ - Motorway 3:28
  7. ユー・ドント・ノウ・マイ・ネーム - You Don't Know My Name 2:34
  8. スーパーソニック・ロケット・シップ - Supersonic Rocket Ship 3:29
  9. 陽の当たる側をご覧 - Look a Little on the Sunny Side 2:47
  10. セルロイドの英雄 - Celluloid Heroes 6:19
  11. トップ・オブ・ザ・ポップス - Top of the Pops 4:33
  12. ブレインウォッシュド - Brainwashed 2:59
  13. ミスター・ワンダフル - Mr. Wonderful (Bock, Davies, Holofcener, Weiss) 0:42
  14. パラノイア・ブルース - Acute Schizophrenia Paranoia Blues 4:00
  15. ホリデイ - Holiday 3:53
  16. マスウェル・ヒルビリー - Muswell Hillbilly 3:10
  17. アルコール - Alcohol 5:19
  18. バナナ・ボート・ソング - Banana Boat Song (Arkin, Attaway, Burgie, Carey) 1:42
  19. 骨と皮 - Skin and Bone 3:54
  20. ベイビー・フェイス - Baby Face (Akst, Davis) 1:54
  21. ローラ - Lola 1:40

ボーナス・トラック

  1. エンド・オブ・ザ・デイ - Till the End of the Day [live] 2:00
  2. マリーナ王女の帽子のような - She's Bought a Hat Like Princess Marina [live] 3:04