ミハイル・ディテリフス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミハイル・ディテリフスМихаил Константинович Дитерихс、ラテン文字表記:Mikhail DieterichsまたはDiterikhs、1874年4月5日 - 1937年10月8日)は、帝政ロシアの軍人。ロシア内戦時の白軍の指導者。中将。

経歴[編集]

1894年、パジェ幼年団(貴族幼年学校)、1900年、ニコライ参謀本部アカデミーを卒業。1910年4月からキエフ軍管区参謀長先任副官、1913年6月から参謀本部の班長。

1914年8月23日の動員の際、最高司令官附属の文書事務・委任将官代行に任命され、ロシア軍の作戦の各種様相の分析に従事した。1914年9月から第3軍参謀部補給総監となり、クラコフの戦いの時、参謀長を代行した。1915年4月、南西戦線の軍参謀部補給総監に任命。アレクセイ・ブルシーロフ将軍を補佐し、ブルシーロフ攻勢の準備において大きな役割を果たした。1916年5月、テサアロニキ戦線派遣を目的とした第2特別歩兵旅団の長に任命。1917年7月、ロシアに召還され、ペトログラード軍管区参謀部に編入。1917年9月、最高司令官附属補給総監に任命。

1917年11月、ウクライナに逃亡し、チェコ軍団参謀長に就任した。1919年1月、アレクサンドル・コルチャークの委任より、皇帝一家殺害事件調査委員会を率いる。1919年1月から西部戦線参謀長。1919年7月11日~22日、シベリア独立軍司令官。1919年7月22日~11月4日、東部戦線司令官となり、同年8月10日~10月、最高統治者参謀長、8月10日~27日、軍事相を兼任。

コルチャーク軍の敗北後、ハルビンに移住。メルクーロフ政権の崩壊後、1922年6月1日、臨時沿アムール政府の軍司令官に就任。1922年8月8日、集会により沿海地方の地方軍司令官兼統治者として認められる。1922年9月~10月、ディテリフスの部隊は赤軍に撃破され、自身は中国に亡命した。

1930年6月19日、ハンジン将軍とロシア全軍連合極東支部長を交代。在上海将校団名誉会員。

著書[編集]

  • 「ウラルでの皇帝一家とロマノフ家一族の殺害」(Убийство Царской семьи и членов Дома Романовых на Урале

参考資料[編集]

  • "Кто был кто во второй мировой войне. Союзники Германии", Залесский К.А., Москва, 2003