ウラル核惨事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯55度42分45秒 東経60度50分53秒 / 北緯55.71250度 東経60.84806度 / 55.71250; 60.84806

ウラル核惨事における核施設
キシュテム事故により汚染された地域‭(‬東ウラル‭)

ウラル核惨事(ウラルかくさんじ)は、1957年9月29日ソ連ウラル地方チェリャビンスク州マヤーク核技術施設で発生した原子力事故爆発事故)。また、後年にかけて放射性廃棄物に起因して発生する事故等も包括することも多い。

概要[編集]

核分裂性物質貯蔵施設。貯蔵施設の主な管理とセキュリティは建物の南側で行われる。
建設中の核分裂性物質貯蔵施設。

オジョルスク市(Ozyorsk)にある「Маяк Mayak マヤーク」は、兵器(原子爆弾)用プルトニウムを生産するための原子炉5基および再処理施設を持つプラントであり、1948年から建設された。プラントの周囲には技術者が居住する都市が造られ、チェリヤビンスク65という暗号名を持つ秘密都市として形成された。事故は、この施設を中心に発生した。国際原子力事象評価尺度(INES)では二番目に高いレベル6(大事故)とみなされる[1]

キシュテム事故[編集]

1950年代当初のソ連では、一般には放射能の危険性が認知されていない、もしくは影響を低く考えられていたため、放射性廃棄物の扱いはぞんざいであり、液体の廃棄物(廃液)は付近のテチャ川(オビ川の支流)や湖(後にイレンコの熱い湖、カラチャイ湖と呼ばれる)に放流されていた。やがて付近の住民に健康被害が生じるようになると、液体の高レベルの放射性廃棄物に関しては濃縮してタンクに貯蔵する方法に改められた。

放射性廃棄物のタンクは、絶えず生じる崩壊熱により高温となるため、冷却装置を稼働させ安全性を保つ必要があるが、1957年9月29日、肝心の冷却装置が故障。タンク内の温度は急上昇し、内部の調整器具の火花が、かさが300立方メートルのタンクにあった結晶化した硝酸塩と再利用の際出て来た残留物も一緒に爆発を起こし、大量の放射性物質が大気中に放出される事態となった(East Urals Radioactive Trace)。その中には半減期が長い同位元素例えば‭、‬90Sr (‬29年‭)‬,‭ 137Cs‭ (‬30年‭), ‬239Pu‭ (‬24,110年‭)‬ があった。核爆発ではない、この化学的爆発の規模はTNT火薬70t相当で、約1,000m上空まで舞い上がった放射性廃棄物は南西の風に乗り、北東方向に幅約9km、長さ105kmの帯状の地域を汚染、約1万人が避難した。避難した人々は1週間に0.025-0.5シーベルト、合計で平均0.52シーベルト、最高0.72シーベルトを被曝した。特に事故現場に近かった1,054人は骨髄に0.57シーベルトを被曝した。

マヤーク会社と官庁によれば、事故後、全体として400‭ ‬PBq‭ (‬4×1017 B‭)‬の放射能が2万平方キロメートルの範囲にわたって撒き散らされたという。‬27万人が高い放射能にさらされた。官庁が公表した放射能汚染をもとにして比較計算すると、事故のせいで新たに100人がガンになると予想される値だ‭。[2]

国際原子力事象評価尺度ではレベル6(大事故)に分類されている。これは‬1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故と2011年の福島第一原子力発電所事故のレベル7(深刻な事故)に次いで歴史上3番目に重大な原子力事故にあたる。ミュンヘンのヘルムホルツ・センターによればキシュテム事故はこれまで過小評価されていたという。[3]

放射性廃棄物の飛散[編集]

放射性廃棄物貯蔵所でもあった湖(イレンコの熱い湖)は、放射性ストロンチウム90などで汚染されていたが、1967年春に干魃が発生した際に湖底が干上がって乾燥した。放射性物質を含む砂や泥が風にのって空気中に飛散したため、汚染地域が広がり周辺住民に放射性物質による被曝で、新たな健康被害を生むこととなった。

また1950年代に河川に投棄されていた放射性廃棄物は、対策が講じられず河床に沈殿されたままとなっており、年々下流域の住民の健康被害を深刻なものとしている。

事故の表面化[編集]

事故は旧ソ連で起こったために極秘とされたが、1958年には「何かがあったらしい」程度の情報がアメリカ国内にも伝わることとなった。概要が明らかになったのは、1976年11月にソ連から亡命した科学者ジョレス・A・メドベージェフが英科学誌「ニュー・サイエンティスト」に掲載した論文による(彼はその後『ウラルの核事故』(日本語訳有り)を出版する)。この告発をソ連は真っ向から否定した。原子力を推進する立場の人々からは、このような事故はあり得ず、これは単なる作り話であるとされていた。これは、当初流布された噂では、核爆発に達する臨界事故が起きたとされていたためである。

このため、1989年9月20日グラスノスチ(情報公開)の一環として、外国人(日本人5人)記者団に資料が公開されるまで真相は明らかにされてこなかった。また地域住民に、放射能汚染が正式に知らされたのはロシア政府発足後の1992年前後であり、対策は後手に回り被害を拡大させる一因となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ INES – The international nuclear and radiological event scale. Abgerufen am 2011-03-13. (PDF; 193 kB, en)
  2. ^ Thomas B. Cochran, Robert S. Norris, Oleg A. Bukharin: Making the Russian Bomb – From Stalin to Yeltsin. Natural Resources Defence Council, 1995, S. 65–109. Abgerufen am 2010-11-14. (PDF; 2,2 MB, en)
  3. ^ ミュンヘンのヘルムホルツ・センター: 50 yeare Strahlenunfall von Kysthym (PDF, 55 kB), 音声の書写, 2007年9月25日

参考文献[編集]

  • 『ウラルの核惨事』 ジョレス・A・メドベージェフ著 梅林宏道訳 技術と人間 1982年7月 ISBN 4764500248

外部リンク[編集]