イェルマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イェルマーク

イェルマーク・チモフェーイェヴィチロシア語: Ерма́к Тимофе́евич1532年1542年)‐1585年8月5日(6日))はコサック頭領シベリア探検家である。彼のシベリア探検がその後のロシアのシベリア進出を招いたといわれている。ロシア民話の英雄。イェルマークエルマークとも。

概要[編集]

イェルマークの本名は不明である。伝承による本名はヴァシーリー[1]となっているが、それを裏付ける史料がない。歴史学者の間では、「イェルマーク」はロシア語の「イエメーリャ」・「イエレメーイ」・「ヘールマン」の名前の愛称、あるいはタタール語の渾名であると考えられている。出身についても不明な点が多く、モスクワ大公国カマ川流域農民出身説、ドン川のカチャリンサカヤ集落コサック出身説、白海南岸の農民出身説などの諸説はあるが、定説はない。

ワシーリー・スリコフが描いたイェルマークによるシベリア征服

従来、イェルマークはヴォルガ川で活躍するコサックの小隊の頭領(アタマン)であった。1558年に、イェルマークはストロガノフ家から「カマ川沿いの豊かな地域」を植民地化する許可を得た。1574年にはウラル山脈のカマ川水系とオビ川水系が入り組んだ低い部分を越えて、トゥラ川トボル川の地域へ達した。

シビル・ハン国攻略[編集]

1577年ごろ、ストロガノフ家はシベリアにおける権益をシビル・ハン国からの攻撃から守るため、イェルマークをシビル・ハン国との戦いの責任者に任命した。1579年または1581年に、イェルマークは東進を開始し、シビル・ハン国を攻撃した。1582年にシビル・ハン国の首都カシリク近郊のイルティシ川チュヴァシ岬ロシア語版で起きた戦い(チュヴァシ岬の戦い英語版)でイェルマークは勝利してカシリクを占領し、シビル・ハン国の残党は首都を放棄して草原へ逃げた。

最後[編集]

1585年8月5日または6日、イェルマークの部隊は、シビル・ハン国の残党から急襲を受け(Battle of Wagay River)、壊滅状態となった。イェルマーク自身も傷つき、戦死した。

その後もロシアのシビル・ハン国へ攻撃は続き、シビル・ハン国は1598年オビ川(ウマル川)での戦い(Battle of Urmin)で滅亡する。

脚注[編集]

  1. ^ ヴァシリー・ティモフェーヴィッチ(チモフェーイェヴィチは姓ではなく、父称)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]