ソ連国家防衛委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソ連国家防衛委員会(それんこっかぼうえいいいんかい、ロシア語Государственный Комитет Обороны, 略称:ГКО)は、独ソ戦期のソビエト連邦における臨時の上級機関であり、国家における全ての権力を保持していた。この委員会は、国防人民委員部Народный Комиссариат Обороны, НКО)とは区別されねばならない。

解説[編集]

委員会は1941年6月30日から1945年9月4日まで存在し、ヨシフ・スターリンが議長を務めた。

初めはラヴレンチー・ベリヤクリメント・ヴォロシーロフ(1944年まで)、ゲオルギー・マレンコフヴャチェスラフ・モロトフ(議長代理)で構成された。

1942年からは、ニコライ・ヴォズネセンスキーラーザリ・カガノーヴィチアナスタス・ミコヤンが参加し、1944年ニコライ・ブルガーニンが加わった。

関連項目[編集]