アントン・イェルチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントン・イェルチン
Anton Yelchin
Anton Yelchin
2011年9月
本名 Anton Viktorovich Yelchin
生年月日 1989年3月11日(25歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシア連邦共和国レニングラード
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 ユダヤ系[1]
身長 175 cm
職業 俳優
ジャンル 映画テレビ
活動期間 2000年 -
主な作品
2001年アトランティスのこころ
2007年アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン
2009年スター・トレック
2009年『ターミネーター4

アントン・ヴィクトロヴィッチ・イェルチン(Anton Viktorovich Yelchin、ロシア語: Антон Викторович Ельчин1989年3月11日 - )は、アメリカ合衆国の俳優。

私生活[編集]

ソビエト連邦ロシア連邦共和国レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)に生まれる。フィギュアスケートペアとして国民的人気があった両親は、ユダヤ人であることを理由に1972年札幌オリンピックへの出場を認められなかったとされている[2]。1989年9月、一家は難民としてアメリカへ移住する。

4歳で演技に強い興味を示し、ロサンゼルスマグネット・スクールで演技を学ぶ。2007年南カリフォルニア大学へ入学。

アコースティック音楽が好きで、自身のバンドではギターとピアノを演奏する。

キャリア[編集]

9歳で活動を開始。2001年アンソニー・ホプキンスと共演した『アトランティスのこころ』で広く知られるようになり、ヤング・アーティスト賞主演男優賞を受賞したほか、ロバート・デニーロ主演『15ミニッツ』、モーガン・フリーマン主演『スパイダー』などに出演。テレビではSCI FIのミニシリーズ『TAKEN テイクン』などいくつかのシリーズに出演し、『HUFF〜ドクターは中年症候群』ではハンク・アザリア演じる主人公の息子を演じた。

その後、グリフィン・ダン監督『Fierce People』、デイヴィッド・ドゥカヴニー初監督作『最高のともだち』、ニック・カサヴェテス監督『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』、ジョン・ポール監督『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』に主演。さらに2009年には、『スター・トレック』のパヴェル・チェコフ役、『ターミネーター4』のカイル・リース役とサマームービーの大作に相次いで出演し、『ピープル』誌の「最も美しい人100人」に選出された。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2000 ピノキオとゼペット
Geppetto
テレビ映画
2001 15ミニッツ
15 Minutes
燃えるビルの中の少年
スパイダー
Along Came a Spider
ディミトリ
アトランティスのこころ
Hearts in Atlantis
ボビー・ガーフィールド(少年時代)
2004 最高のともだち
House of D
トミー
2007 アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン
Alpha Dog
ザック
2008 チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室
Charlie Bartlett
チャーリー・バートレット
2009 ニューヨーク、アイラブユー
New York, I Love You
公園の若者
スター・トレック
Star Trek
パーヴェル・チェコフ
ターミネーター4
Terminator Salvation
カイル・リース
2010 誰かが私にキスをした
Memoirs of a Teenage Amnesiac
エース・ザッカーマン
2011 今日、キミに会えたら
Like Crazy
ジェイコブ
YOU and i
You and I
エドワード
それでも、愛してる
The Beaver
ポーター・ブラック
スマーフ
The Smurfs
クラムジー 声の出演
フライトナイト/恐怖の夜
Fright Night
チャーリー・ブリュースター
2013 オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
Only Lovers Left Alive
イアン
スター・トレック イントゥ・ダークネス
Star Trek Into Darkness
パヴェル・チェコフ
スマーフ2 アイドル救出大作戦!
The Smurfs 2
クラムジー 声の出演
オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主
Odd Thomas
オッド・トーマス

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
2000 ER緊急救命室
ER
ロビー・エデルスタイン 第6シーズン第13話「だれよりも君を愛す」
2002 TAKEN テイクン
Taken
ジェイコブ・クラーク(少年時代) 計2話出演
ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル
The Practice
ジャスティン・ランガー 計2話出演
2003 FBI失踪者を追え
Without a Trace
ジョニー・アトキンス 第2シーズン第1話「消えたスクールバス」
2004 ラリーのミッドライフ★クライシス
Curb Your Enthusiasm
スチュワート 第4シーズン第3話「The Blind Date」
NYPDブルー
NYPD Blue
エヴァン 第11シーズン第13話「Take My Wife, Please」
2004-2006 HUFF〜ドクターは中年症候群
Huff
バード・ハフストッド 計25話出演
2006 LAW & ORDER:犯罪心理捜査班
Law & Order: Criminal Intent
キース・テイラー 第6シーズン第2話「愛してると言って」
クリミナル・マインド FBI行動分析課
Criminal Minds
ネイサン・ハリス 第2シーズン第11話「殺人衝動」

参考文献[編集]

  1. ^ Gregg LaGambina (2009年). “The Wanderlust of Anton Yelchin” (英語). Flaunt Magazine. http://trendmag2.trendoffset.com/display_article.php?id=221103 2013年4月29日閲覧. "The Star of David has been in my family for a long time, and obviously I'm Jewish." 
  2. ^ Marlow Stern (2011年8月19日). “Anton Yelchin Is New Hollywood 'It' Geek” (英語). The Daily Beast. http://www.thedailybeast.com/articles/2011/08/19/anton-yelchin-is-new-hollywood-it-geek.html 2013年4月29日閲覧. "I don’t exactly know what that was—because they were Jewish or because the KGB didn’t want them to travel" 

外部リンク[編集]