最高のともだち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
最高のともだち
House of D
監督 デイヴィッド・ドゥカヴニー
脚本 デイヴィッド・ドゥカヴニー
製作 リチャード・B・ルイス
ジェーン・ローゼンタール
ボブ・ヤーリ
製作総指揮 ザンヌ・デヴァイン
アダム・メリムズ
ジェフリー・スコール
出演者 デイヴィッド・ドゥカヴニー
アントン・イェルチン
ロビン・ウィリアムズ
音楽 ジェフ・ザネリ
撮影 マイケル・チャップマン
編集 スージー・エルミガー
製作会社 ボブ・ヤーリ・プロダクションズ
ジェフ・スコール・プロダクションズ
サウスポー・エンターテインメント
トライベッカ・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 インターフィルム
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年5月7日[1](トライベッカ映画祭)
日本の旗 劇場未公開
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
製作費 $6,000,000[2](概算)
興行収入 $389,199[3]
テンプレートを表示

最高のともだち』(さいこうのともだち、原題:House of D)は、2004年に公開されたアメリカ映画。俳優のデイヴィッド・ドゥカヴニーが監督・脚本と主演を務めた。

日本では劇場未公開でDVDスルーとなった。

ストーリー[編集]

1970年代初頭のニューヨーク。少年トム(アントン・イェルチン)は、夫に先立たれ、悲しみから抜け出せずにいる母親(ティア・レオーニ)と共に静かに暮らしていた。トムの楽しみは、彼が通う学校の用務員:パパス(ロビン・ウィリアムズ)と共に肉屋で配達のバイトをすること。そして二人の夢は、ショーウィンドウに飾られている緑の自転車に乗ることだ。病気のために、年上ながら心が子供のままのパパスとナイーヴなトムは、いつしかとても気が合う親友同士になっていた。しかし、初恋を通じてトムが、少しずつ大人の階段を昇りはじめると、大人になれないパパスとの間に少しずつひびが入りはじめる。そんな時、二人が憧れていた緑の自転車が盗まれてしまい・・・・。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
トム・ウォーショウ デイヴィッド・ドゥカヴニー 大場真人
13歳のトム アントン・イェルチン 菅沼久義
パパス ロビン・ウィリアムズ 江原正士
ティア・レオーニ 小幡あけみ
レディ/ベルナデット エリカ・バドゥ 進藤尚美
ダンカン牧師 フランク・ランジェラ 丸山壮史
メリッサ ゼルダ・ウィリアムズ 坂元奈月
シモーネ オルガ・ソスノフスカ 田中結子
スーパーフライ オーランド・ジョーンズ 小柳基
チケットショップ店員 ウィリー・ガーソン 岡哲也
チャキペ夫人 クレア・ローティエ 中司ゆう花
ジェラール ギデオン・ジェイコブズ 平尾明香

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Release dates for House of D”. IMDb. 2012年4月16日閲覧。
  2. ^ Box office / business for House of D”. IMDb. 2012年4月16日閲覧。
  3. ^ House of D”. Box Office Mojo. 2012年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]