ジミー・スミッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジミー・スミッツ
Jimmy Smits
ジミー・スミッツJimmy Smits
1987年、第39回エミー賞授賞式にて
生年月日 1955年7月9日(58歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗ニューヨークブルックリン区
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
主な作品
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
L.A.ロー 七人の弁護士
NYPDブルー
ザ・ホワイトハウス

ジミー・スミッツJimmy Smits 1955年7月9日 - )は、アメリカ合衆国俳優

ニューヨークブルックリン区オランダ系スリナム人の父とプエルトリコ人の母の間に生まれる[1]カトリック教徒[2][3]ニューヨーク市立大学ブルックリン校コーネル大学に学ぶ。

テレビドラマ『L.A.ロー 七人の弁護士』や『NYPDブルー』にレギュラー出演し、プライムタイム・エミー賞ゴールデングローブ賞を受賞。また、映画『スター・ウォーズ・シリーズ』の『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』で、ベイル・プレスター・オーガナを演じた。テレビドラマ『ザ・ホワイトハウス』では、アメリカ初のラテン系合衆国大統領となるマット・サントスを演じた。

最初の妻と離婚後、1986年から女優のワンダ・デ・ジーザスと同棲している。

2007年撮影

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]