BCプレイス・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BCプレイス
"BC Place"
BCプレイス
施設情報
所在地 777 Pacific Blvd, Vancouver,
BC V6B 4Y8
起工 1981年4月
開場 1983年6月19日
所有者 ブリティッシュコロンビア州
運用者 BC Pavilion Corporation
グラウンド 人工芝(FieldTurf:2005年~現在)
建設費 1億2600万カナダドル
設計者 Studio Phillips Barratt, Ltd.[1]
Stantec Architecture Ltd. (改修)
使用チーム、大会
BCライオンズ(1983年~2009年、2011年~現在)
バンクーバー・ホワイトキャップス(1983年~1984年、2011年~現在)
収容能力
59,841人

BCプレイス(英語:BC Place)は、カナダバンクーバーにあるドーム型屋内競技場

概要[編集]

1983年完成。「BC」とは、バンクーバーを含むブリティッシュコロンビア州(Province of British Columbia)の略称である。内外の気圧差によって屋根を支持する空気膜構造による建築物であり、同方式では世界最大。同方式を採用し、BCプレイスの5年後に竣工した日本の東京ドームが類似した外観を持つ。

バンクーバー国際交通博覧会1986年)と連動してウォーターフロントの再開発が行われ、BCプレイス・スタジアムは同博覧会メイン会場の中心部に接する位置に建設された。

カナディアンフットボールリーグ・BCライオンズの本拠地で、フットボール以外にもコンサート見本市などに利用されている。

2007年1月5日、ドーム屋根の一部が破損し、陥没する事故が起こった。

2010年開催のバンクーバーオリンピックでは開会式と閉会式の会場として使用され、バンクーバーパラリンピックでは開会式会場として使用された。2015年にカナダで開催される予定のFIFA女子ワールドカップでは、決勝などが開催される予定である[2]

バンクーバーのウォーターフロント地区とBCプレイス・スタジアム

改装計画[編集]

改装後のBCプレイス・スタジアム内装

2008年5月に、観客席及びトイレと店舗の改装、テフロン屋根を開閉式に変更するなど、1億5000万ドルの改築計画を発表した[3]。計画は二期に分かれており、座席、トイレ、店舗、VIPスイート改装は2010年のバンクーバーオリンピック前に行う。開閉式屋根は五輪後の2011年に行い、五輪前には屋根の修理を行う[4]。新しい開閉式屋根は、建築家も同じドイツフランクフルトコメルツバンク・アレーナと似た設計になる。

2009年1月には、ブリティッシュコロンビア州政府が2億ドルの新開閉式屋根換装を含む3億6500万ドルの事業計画を認可した。

メジャーリーグサッカーのバンクーバーへの拡張チーム(バンクーバー・ホワイトキャップスFC)は、チーム開業の2011年から5年間BCプレイスを使用する計画に署名した。このチームは、BCプレイスは新しいスタジアムである計画中のホワイトキャップス・ウォーターフロント・スタジアムが完成するまでの臨時ホーム・スタジアムとして使用する予定である[5]

脚注[編集]

  1. ^ BC Place Stadium - Tensile Membrane Structures Sample Application”. Makmax.com. 2013年1月24日閲覧。
  2. ^ Vancouver to host 2015 Women's World Cup gold medal game”. CBC. 2013年3月21日閲覧。
  3. ^ BC Place Stadium To Get Retractable Roof TSN.ca 2008/05/16
  4. ^ Vision 2011 BC Place 2008/09/04
  5. ^ Caps love that sound BC Place 2008/10/25

外部リンク[編集]

先代:
オリンピコ・トリノ
トリノ
冬季オリンピック
式典会場

2010
次代:
オリンピックスタジアム
ソチ
先代:
ヴァルトシュタディオン
フランクフルト
FIFA女子ワールドカップ
決勝会場

2015
次代:
前本拠地:
エンパイア・スタジアム
1954 - 1982
ブリティッシュ・コロンビア・ライオンズの本拠地
1983 - 現在
次本拠地:
n/a
-