ルードヴィッヒ革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルードヴィッヒ革命
ジャンル ファンタジー漫画少女漫画
漫画
作者 由貴香織里
出版社 白泉社
掲載誌 MELODY別冊花とゆめ
花とゆめ→別冊花とゆめ
レーベル 花とゆめコミックス
発表期間 1999年1月号 - 2007年9月号
巻数 全4巻
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画
ポータル 漫画

ルードヴィッヒ革命』は、『別冊花とゆめ』で2007年9月号まで連載された由貴香織里漫画

概要[編集]

グリム童話をモチーフにした漫画作品。

ストーリー[編集]

某国の王子ルードヴィッヒはその凄まじい性格から周りを巻き込むトラブルメーカー。ある日、父王から「隣国の姫」を口説き落として来いと言われ、従者のヴィルヘルムと共に出発するが、結果白紙となる。

ルードヴィッヒは自分に相応しい花嫁を探すため、従者のヴィルヘルムと共に旅に出るが、出会う花嫁候補は皆、一癖も二癖もある相手ばかり。最中命を狙われるわ腹違いの弟が出てくるわで、はたして旅は終わるのかどうか…

登場人物[編集]

声優はドラマCDにおけるキャスト。原典を持つ人物の場合は名前の後に「 / 」とつける。

王子と従者と殺し屋と魔女[編集]

ルードヴィッヒ/ 白雪姫(元)
- 杉田智和
容姿端麗で頭脳明晰だが我儘のサディストで巨乳系美少女が好きな『主人公』。通称ルーイ
第1話「白雪姫[ブランシュネージュ]」で父親から政略結婚しろと言われたが、下記の理由を含め「理想の花嫁を探す」旅に出た。第3話「茨姫[プランサスロンス]」で出逢ったイーディケ(フリーデリーケ)に想いを寄せており、魔法が解けて以降も互いに相思相愛。
当初は読切作品として書かれたため、初版の『グリム童話』の「白雪姫」の王子と同様に“死体愛好家”という設定だった。第2話以降は「死体はもう飽きた」ために“生きている巨乳の姫”を探す設定に変更。同時に彼の立場は白雪姫の王子から、各童話の王子にシフトチェンジする。
名前はグリム兄弟ルートヴィッヒ・グリム。外見はロックバンド「PENICILLIN」のVo.HAKUEIと作者が公言している。
ヴィルヘルム
声 - 羽多野渉
ルーイの従者。お人よしでいつも振り回されている苦労人で常識人。リゼッテに想いを寄せている。王子のサディストな性格の裏側にある本性を理解し、何処までも着いて行くと決心している。
彼自身は童話における[従者]そして様々な登場人部の役割を、その話事に割り振られている。
リゼッテ / 赤ずきん
ヴィルヘルムとルードヴィッヒの幼馴染。幼少期からヴィルヘルムに想いを寄せているが、幼い頃ルードヴィッヒの悪戯により誤って両親を殺害してしまい、その時の快感が忘れられずフリーの殺し屋になってしまった。両親を殺してしまった原因であるルーイを殺害しようと付け狙うが、中盤から半分旅の仲間となり、危険な目にあった彼らを救う。所謂ツンデレ。
彼女の「赤ずきん」という異名の由来は、浴びた両親の血でずきんが赤く染まった事から。貧乏人の家に生まれたゆえか、長年の裏稼業のせいか、金や黄金にがめつい性格に。
ドロテア / 青いあかり
声 - かかずゆみ
巨乳的ナイスボディーなドMな魔女。ドSなルードヴィッヒの仕打ちに惚れて付いてきた。当初より馬車の中に入れてもらえず悲惨な仕打ちを何度も受けるが、Mなので喜んでいる(どちらかというとやや病んでいる系)。百年前に生まれたイーディケ(茨姫)の誕生式に呼ばれなかった13人目の魔女、魔法薬の原材料を妊娠時の嗜好変化で欲してしまい影響の恐れがある赤子を安全が確認されるまで育てる(ラプンツェル)など年齢不肖な点が多々ある。
正体は昔、自分に無体を働いた老兵が逆恨みで彼女に「青き炎の王(トール)」の下僕たる小人の力を用いた呪いをかけ、肉体が滅びても新たな肉体に宿り、老兵が統治する『呪われた黄金の国』の為に黄金を貢ぎ続ける永劫の呪縛に囚われた老婆。
ルーイの危機にイーディケに助力を請い、彼女の力を借りて竜と化したペトロネラからルーイを守り抜いた際に現代の肉体が滅び、培養中だった次の体へ自動転送された。終盤、『呪われた黄金の国』からルーイ達に助けだされ呪いから解放される。

関係者[編集]

ルーイの父親。初登場時は息子の名前を使って他国を侵略する悪王という印象だったが、登場する度にギャグ系の立ち位置へと代わっていき、終盤では「婿養子」と判明するなど息子に一切遺伝しない哀れっぷりばかりが目立つ様に。濃い髭と顔つきだが、ヅラの下はハゲ。
中盤、日陰の身だった「妾」と「第二王子」を城へ招き、正式な女王と次期国王へ推挙しようとするが、アマルベルガの帰還により失敗する。
アマルベルガ
ルーイの母にして女王。婿養子とどの様に結婚したかは不明だが、容姿は胸さえなければほぼ息子と同一。「性別以外はルードヴィッヒに全て遺伝した」と言って過言ではないサディスティックで実に『女王様』な彼女は、基本的に自分から攻撃を仕掛ける事は無いものの、『売られた喧嘩だけを買う』という暴れっぷりに昔から「虐殺女王」「殺戮女帝」と恐れられ、結果的に領地を拡大している。ある国の理不尽すぎる侵攻にとうとう国内外を問わず多くの反対派が現れ、ほとぼりが冷めるまで旅に出ていた。
彼女の通った後には草一本残らぬという。

[編集]

ルードヴィッヒと関わりをもった姫君達。王族・平民が混在する。 各自の名はオリジナルに由来・そのまま・創作に分かれる。

ブランシュ / 白雪姫
声 - 矢島晶子
美しい外見とは逆に醜悪で腹黒い性格。
フリーデリーケ / いばら姫
声 - 沢城みゆき
通称イーディケ。ルードヴィッヒが唯一心を通わせ、忘れられない女性。ルーイに想いを寄せている。
アマーリエ / 青ひげ
青ひげの元に嫁ぐことになった娘。巨乳だが、実は偽乳
ラプンツェル / ラプンツェル
フリーデリーケと似た部分を持ち、ルードヴィッヒも関心を持つ。ONとOFFが激しい。
マレーン / マレーン姫
かなりのストーカー気質で思い込みも激しい。
カトライン / かえるの王さま
巨乳ではなく、また決して美人とは言えない容姿のため本来ルードヴィッヒの対象外だったが、ある事情から彼女を追って城に押し寄せることになる。
アルベルティーナ / がちょう番の娘
アルベルティーナという同名の侍女がいる。
アッシェン / 灰かぶり
足の大きさを気にしている。ポジティブシンキング。彼女の話は"Cendrillon ou La Petite pantoufle de verre"と"Aschenputtel"が混在した内容で、基礎母体となったAschenputtel(アシェンプテル)が名の由来。
ユーリウス / 塩の姫
ルーイの母親違いの弟で王国の第二王子。王位を得るためにルーイを殺そうとしている。
実はアマルベルガが『超理不尽すぎる理由で滅ぼした』王国の王子で血縁は無い。ある復讐事に利用されていたのだが、後に色々あって開放された。
明確な説明は無いが、常にドレスを身につけ周囲にユリアーナ姫と呼ばせるなど兎に角世継ぎの自覚がなく、父王は頭を抱えていた。初登場当初は男装の姫と思われていたが、次第に多少の混乱が生じ、終盤無理矢理カミングアウト。男だが、作者は彼もカウントしている。
ヘンゼルとグレーテル / ヘンゼルとグレーテル
ユーリウスの雇った殺し屋で、自らを守るために殺し屋となった悲しい兄妹。幼い頃にルードヴィッヒ王子に会い、彼を天使様だと思っていた。実はただ雇われただけではなく、ユーリウスに心から忠誠を誓っている。

商品情報[編集]

単行本[編集]

ドラマCD[編集]

ルードヴィッヒ革命(発売日:2006年11月22日)
白雪姫、荊姫を収録。