KILLER IS DEAD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KILLER IS DEAD
ジャンル ファンタジーアクション[1]
対応機種 プレイステーション3
Xbox 360
開発元 グラスホッパー・マニファクチュア
発売元 角川ゲームス
プロデューサー 安田善巳
ディレクター 須田剛一
新英幸
人数 1人
メディア BD-ROM [PS3]
DVD-ROM [X360]
発売日 アメリカ合衆国の旗2013年8月29日
日本の旗2013年8月1日
欧州連合の旗2013年8月23日
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
テンプレートを表示

KILLER IS DEAD』(キラー イズ デッド)は、角川ゲームスから2013年8月1日に発売されたプレイステーション3Xbox 360用ソフト。

隠密国家機関・「処刑事務所」の新人となり、凶悪犯罪者と戦うアクションゲーム。本作品のエグゼクティブディレクター・須田剛一が制作してきた『NO MORE HEROES』や『killer7』などの「殺し屋シリーズ」の系譜の作品を作りたいという、本作品のエグゼクティブプロデューサー・安田善巳の思いから本作品は制作された。[2]

ゲームシステム[編集]

本作の主人公である処刑人モンド・ザッパを操作し、処刑対象となる凶悪犯罪者を処刑することが主な目的。また、処刑ミッションとは別に、美女を口説くジゴロミッションがある。

難易度[編集]

難易度の比較はNORMALを基準。

EASY
・敵の体力、攻撃力がNORMALより低くなる。
・イージージャストガードが使える。
NORMAL 
・通常の難易度。
HARD
・敵の体力、攻撃力がNORMALよりやや高くなる。
・ブラッドゲージの回復量がやや少なくなる。
・ブラッドゲージの消費量がやや多くなる。
VERY HARD
・敵の体力、攻撃力がNORMALより高くなる。
・ブラッドゲージの回復量がかなり少なくなる。
・ブラッドゲージの消費量がかなり多くなる。
・HARDより敵の攻撃が激しくなる。
・敵のガードが崩し難くなる。

キャラクターの操作[編集]

移動は左スティックで移動でき、ドッジと同じアクションを行うことでダッシュでも移動できる。さらに右スティックではカメラ操作が可能になる。
攻撃は□ボタンで通常攻撃のスラッシュになり、△ボタンでガードブレイクになる。
通常攻撃の他、L1ボタンでサブウェポン構えになり、構えながらL1で移動し、R1ボタンを押すとサブウェポンによる攻撃ができる。
他のアクションゲームと違い、ジャンプボタンが存在しないため、ジャンプしたらのぼれそうなところがジャンプボタンがないので不可能である。但し一部のストーリーシーンでは、モンドがジャンプするところが幾つか確認できる。

ガード[編集]

敵の攻撃時で赤く光ったタイミングで○ボタンを押すと攻撃を防ぐことができる。近接攻撃は勿論、敵の銃弾も受けることが可能。また敵の攻撃タイミングに合わせてガードすると「ジャストガード」になり敵をひるませることができる。
敵の攻撃によっては「ガード」では受けきれない技が存在する。

バーストラッシュ[編集]

敵の攻撃で左スティックと○ボタンで敵の攻撃を回避する「ドッジ」が発動する。このとき攻撃をギリギリまで引き付けながら「ドッジ」を使うと「ドッジバースト」になり、画面全体が赤くなる。このとき□ボタンを連打することで敵に猛烈なスピードで連続攻撃を叩き込むことができる、モンドのカタナアーツを代表する技。
この技には慣れが必要だが、使い方次第では敵に半永久的にダメージを与えられる。

アドレナリンバースト[編集]

GEKKOU使用時にR1ボタンを押すと発動し、このときに□ボタンで敵を一撃で倒せる強力な技。
ただし紫のオーラが出ているワイヤーズには、その敵の頭上に[R1]と表示されるまでしばらく攻撃し、表示が出たところでこの技を使って倒すことができる。

ファイナルジャッジメント[編集]

連続でスラッシュ攻撃を行いコンボを繋げると上昇するコンボレベルがMAXになり、さらにその状態で最後の一撃を加えると発動する。これが発動すると画面に4つのボタンが表示され、以下のアクションが行える。

1.執行 □ボタンを押すと発動。GEKKOUの刀身を青白く輝かせ、敵の喉をピンポイントに突き刺して絶命させる技。このアクションで倒すと、モンドのスキル強化で必要なムーンクリスタルが入手できる。

2.虐殺 △ボタンを押すと発動。相手の体を持ち上げて、地面に叩きつける技。このアクションで倒すと、モンドの体力の最大値を上昇するためのヘルスジェムが入手できる。

3.処罰 ×ボタンを押すと発動。弱った敵の身体にマッセルバックを押しつけて、強力な銃弾で零距離射撃を放つ技。このアクションで倒すと、モンドの体力が回復するワイヤーシナプスが入手できる。

4.暗殺 ○ボタンを押すと発動。傷ついた敵の背後に素早く回り込み、GEKKOUで相手の首をかき斬る技。このアクションで倒すと、モンドのブラッドゲージの最大値を上昇するためのブラッディローズが入手できる。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

モンド・ザッパ(Mondo Zappa)
声 - 置鮎龍太郎
本作の主人公。アメリカ人男性。処刑事務所に所属する処刑人で、真正面から任務を遂行するタイプだが、女性を口説くときもある。左腕は血液を動力とするギミック『マッセルバック』になっており、変形可能。そのギミックはある時からつけているが、その時の記憶を失っている。 好物は半熟卵。
ヴィヴィアン・スコール(Vivienne Squall)
声 - 甲斐田裕子
処刑事務所に所属する女性。処刑時の武器は「ヴィヴィアンファントム」で、16本の腕を展開して十六丁拳銃をやってのけるというものである。
ミカ・タケカワ(Mika Takekawa)
声 - 豊崎愛生
20歳の日本人女性。非常に天然で舌っ足らずな話し方をする。家出中の身らしく、行き倒れていたところをモンドと出会い、彼の好物である半熟卵を作るのが上手という理由で同居している。
ブライアン・ローゼス(Bryan Roses)
声 - 石塚運昇
かつて世界最高と謳われたサイボーグ処刑人で、現在は引退している。処刑時の武器は武器は砲台と合体する「ブライアンタレット」。

モンドガール[編集]

ナタリア
声 - 東條加那子
27歳のブラジル人女性。通称ザ・フェロモン。表裏社会の情報を豊富に持ち、気が強く挑発的な言動が多い。ちなみにオープニング時にモンドと一緒にいた女性。
小春
声 - 中原麻衣
20歳の日本人女性。通称ザ・ゴールデン・ゲイシャ。芸姑として身を立てている着物を着た女性。男性に極上の娯楽と安らぎを与える職業を誇りを持っている。
スカーレット
声 - 沼倉愛美
20歳(らしい)のアメリカ人(たぶん)。通称ザ・セクシーモンスター。看護婦の格好をしているが看護婦ではない。ステージ上に隠れるようにしており、見つけると血液を分けてくれる。ちなみに彼女だけ他のジゴロミッションとは違いチャレンジミッションをクリアしてガッツを貯めていく仕様になっている。

依頼人[編集]

ムーンリバー(Moon-River)
声 - 沢城みゆき

処刑対象者[編集]

デーモン(Damon)
声 - 西凜太朗
ブライアン事務所に関わる謎の男。 体の一部にワイヤーズ化がはじまっている。それにより、人間である均衡が崩れ始め、狂気に満ちた瞳を持つ。
ヴィクター(Victor)
声 - 御園行洋
音楽家のような服装をした犯罪者。世界を悪意で満たそうと企んでいる。
ジャイアントヘッド(Giant Head)
声 - 飯島肇
エリア151で偶然誕生した存在。寝ていることが多く寝起きが悪いため、その寝起きの悪さで破壊活動をしている。
浜田山(Hamada-Yama)
声 - 秋元羊介
京都で古き良き日本の再興に力を尽くす、豪快で人情深い、昔気質のヤクザの親分。 ダークマターの影響により、背中の入れ墨だったはずの虎が自分の意思とは関係なく暴れ始めてしまう。愛する京都で、虎が暴れることに苦悩している。
デイヴィッド(David)
声 - 杉田智和
支配者に相応しい趣味の悪い服を着た、地球を支配しようと企み始める王様気取りの下品な男。モンドとは初対面のはずだが、なぜか好物である「半熟卵」のことを知っている等、本作のキーマンでもある。
アリス(Alice)
声 - 下田麻美
月旅行へ行って以来、無限に続く背中の痛みに悩まされている。 広い一軒家に妹と二人で住んでおり、何かに怯えているようにモンドへと接してくる。 変身後は、巨大な蜘のような姿となって、モンドへと襲いかかる。
トミー(TM-551)
声 - 宝亀克寿
20世紀にトミーの愛称で人気を博した蒸気機関車。 時代の流れと共に、その役割を終え、今や誰も見向きもしないスクラップと化していた。 そんな彼が解体される日、ダークマターの力で自我を持ち、重装甲の暴走特急列車へと姿を変える。
ドリー(Dolly)
声-真堂圭
モンドやミカに悪夢を魅せる赤いフードにアイマスクをかけた謎多き女。悪夢の他、寝ている相手の意識を奪い操ることができたり、モンドと2度目の戦いのときに阿修羅と酷似する姿に変化したりできる。

用語[編集]

この時代では、大気こそ無いが月面の開発が進んでおり、幾つかの建物や施設を確認できる。 月への旅行も、アンダーグラウンドな社会では特に珍しもくない。 ストーリーにおいても重要な場所となっている。
ブライアン処刑事務所
主人公達が所属する、国家公認の処刑事務所。 名前の通り処刑専門を生業としており、ターゲットを確実に「処刑」する事をモットーとしている。 依頼料は基本的には税金で賄われているが、死体処理に別途料金を請求している為、依頼者が高額の金銭・もしくは相応の対価を支払う事には変わらない。 なお所長のブライアンは生業に誇りを持ちすぎて経営という点には無頓着である為、経費管理はもっぱらヴィヴィアンの仕事である。
ワイヤーズ
別名「命無き月の住人」。 ダークマターと呼ばれる“悪意の粒子”を原動力としている。 高い知能と戦闘力を兼ね備え、様々な武器を操り攻撃を仕掛けてくる。 身体にはアーマーを装備しているが、攻撃により装備を切り崩すことが可能。 また、エナジーコアと呼ばれる光る球体を心臓部に携えているのが確認できる。
マッセルバック
モンドの左腕に装着された義手兼換装武器。99の隠し機能があるとされ、作中でも射撃武器への変形、指紋認証の偽装機能など、様々な機能を垣間見る事が出来る。
GEKKOU
モンドがブライアンから授かった刀で、斬り付けた敵の血を吸う特性を持つ。 日本古来の刀の製造法と、この時代の最新技術である月の技術をふんだんに盛り込んだハイブリッドである。

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイトの「商品スペック」より
  2. ^ 新たな“殺し屋”シリーズ、『KILLER IS DEAD(キラー イズ デッド)』! 開発のキーマンを直撃!! - ファミ通.com” (2013年2月20日). 2013年4月13日閲覧。

外部リンク[編集]