トリック・ベイビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリック・ベイビー
Freeway II: Confessions of a Trickbaby
監督 マシュー・ブライト
脚本 マシュー・ブライト
製作 クリス・ハンリー
フラッド・ワイマン
製作総指揮 ピーター・ロック
ドナルド・クーシュナー
サミュエル・ハディダ
ヴィクター・ハディダ
出演者 ナターシャ・リオン
マリア・セレドニオ
ヴィンセント・ギャロ
音楽 ケン・ラムジー
撮影 ジョエル・ランサム
編集 スザンヌ・ハインズ
配給 日本の旗 トリックベイビー・プロジェクト
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年10月19日(ビデオ発売)[1]
日本の旗 2000年5月13日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
前作 連鎖犯罪/逃げられない女
テンプレートを表示

トリック・ベイビー』(Freeway II: Confessions of a Trickbaby)は、1999年に製作されたアメリカ合衆国の映画ナターシャ・リオンヴィンセント・ギャロ出演。

ストーリー[編集]

"ホワイト・ガール"ことクリスタルは、麻薬売春を装った強盗(トリック・ベイビー)をして懲役25年の刑が科せられた。 神経性大食症を抱える彼女は医療少年院に送られ、そこで"サイクローナ"ことアンジェラという10代にして連続殺人を犯した少女と出会った。 アンジェラは、カルト教団の教祖であるシスター・ゴメスがクリスタルの摂食障害を改善させることができると信じ、二人で少年院を脱走しティファナへ向かうことにした。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ホワイト・ガール(クリスタル) ナターシャ・リオン 水谷優子
サイクローナ(アンジェラ) マリア・セレドニオ 本田貴子
シスター・ゴメス ヴィンセント・ギャロ 家中宏
バッツ弁護士 デヴィッド・アラン・グリア
クレフィロ刑事 ボブ・ドーソン 青山穣
ダラー刑事 ジェン・グリフィン
浮浪者 マイケル・T・ワイス
ブランカ ケンドール・ソーンダース 壱智村小真
裁判長 ジョン・ランディス
(特別出演)
青山穣

脚注[編集]

外部リンク[編集]