崖っぷちの男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
崖っぷちの男
Man on a Ledge
監督 アスガー・レス
脚本 パブロ・F・フェニベス
製作 ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
マーク・ヴァーラディアン
製作総指揮 ジェイク・マイヤーズ
デヴィッド・レディ
出演者 サム・ワーシントン
エリザベス・バンクス
ジェイミー・ベル
アンソニー・マッキー
エド・ハリス
音楽 ヘンリー・ジャックマン
撮影 ポール・キャメロン
編集 ケヴィン・スティット
製作会社 ディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年1月27日
日本の旗 2012年7月7日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
製作費 $42,000,000[1]
興行収入 $18,620,000[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$46,221,189[1] 世界の旗
テンプレートを表示

崖っぷちの男』(がけっぷちのおとこ、原題: Man on a Ledge)は、2012年アメリカ合衆国の映画

ストーリー[編集]

30億円のダイヤモンドを強奪した罪で刑務所に収監されている元刑事ニック・キャシディは、元同僚マイク・アッカーマンとの面談で父が危篤状態であることを知る。結果、父親は亡くなり、マイクの計らいで葬儀に出席することを許されるが、その場で騒ぎを起こし逃亡する。

その後、ニックはJ.ウォーカーを名乗ってニューヨーク・ルーズベルトホテルの高層階に部屋をとり、飛び降り自殺を図ろうとする。制止しようと説得する警察に対しニックは、女性刑事リディア・マーサーを交渉役として指名する。

キャスト[編集]

ニック・キャシディ
演 - サム・ワーシントン、日本語吹替 - 東地宏樹
4千万ドルのモナークダイヤを盗んで売りさばいたとの罪を着せられ、懲役25年の刑に服していた元NY市警官。父の葬儀の場で脱走をはかり、無実を証明するために、ニューヨークの高級ホテル「ルーズヴェルト・ホテル」の21階で飛び降り騒ぎを起こす。
リディア・マーサー
演 - エリザベス・バンクス、日本語吹替 - 安藤麻吹
NY市警の女性交渉人。1ヶ月前に自殺志願者の説得に失敗して死なせてしまった経験を持つ。交渉人としての経験に基づく直感から、ニックの無実を信じるようになる。
ジョーイ・キャシディ
演 - ジェイミー・ベル、日本語吹替 - 小森創介
ニックの弟。一件頼りない不良だが、ニックの立てた計画を忠実に実行する。
マイク・アッカーマン
演 - アンソニー・マッキー、日本語吹替 - 桐本琢也
ニックの元相棒。服役中のニックが父の葬儀に参列できるように特別にはからうが、脱走したニックを追うことになる。
アンジェラ(アンジー)・マリア・ロペス
演 - ジェネシス・ロドリゲス、日本語吹替 - 甲斐田裕子
ジョーイの恋人。勝ち気でセクシーな美女で、ジョーイの相棒としてニックの計画を手伝う。
デヴィッド・イングランダー
演 - エド・ハリス、日本語吹替 - 菅生隆之
実業家で、ダイヤモンド王。ニックが盗んだとされるモナークダイヤの元所有者。
スージー・モラレス
演 - キーラ・セジウィック、日本語吹替 - 唐沢潤
TVレポーター。正義や倫理よりも目の前の話題性を追い求める。
ジャック・ドハーティ
演 - エド・バーンズ、日本語吹替 - 石塚運昇
NY市警の交渉人。リディアの同僚。ニックがリディアを交渉人に指名したことに不快感を示すが、暴走しがちなリディアを冷静にバックアップする。
ダンテ・マーカス
演 - タイタス・ウェリヴァー、日本語吹替 - 仲野裕
NY市警官。ニックの飛び降り騒ぎの現場の指揮を執る。
ヴァレット
演 - ウィリアム・サドラー、日本語吹替 - 野島昭生
ニックの部屋の客室係。ニックを気にかけ、食事を差し入れるなどしてくれる。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Man on a Ledge (2012)” (英語). Box Office Mojo. 2013年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]