アップ・ザ・クリーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アップ・ザ・クリーク 激流スーパーアドベンチャー
Up the Creek
監督 ロバート・バトラー
脚本 ダグラス・グロスマン
ジム・カウフ
ジェフ・シャーマン
製作 マイケル・L・メルツァー
製作総指揮 サミュエル・Z・バーコフ
出演者 ティム・マシスン
ジェニファー・ラニヨン
スティーヴン・ファースト
ダン・モナハン
サンディ・ヘルバーグ
ジェフ・イースト
撮影 ジェームス・グレノン
配給 オライオン・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年4月6日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

アップ・ザ・クリーク 激流スーパーアドベンチャー』(原題: Up the Creek)は、1984年アメリカ合衆国で公開されたコメディ映画日本では劇場未公開で翌1985年ビデオソフト化(発売元はCIC・ビクタービデオ)された際に前述の邦題が付けられたが、テレビ放映時に使用された『史上最悪のボートレース ウハウハザブーン』という邦題の方が一般的に知られている。2013年12月3日に発売のDVD(発売元はハピネット)のタイトルにもそちらが使用されている。


概要[編集]

この当時多く作られたカレッジコメディのひとつで、ラフティングレースに挑んだ大学生チームを描いている。前述の様に日本では劇場未公開作ということもあって知名度はほぼゼロであったが、テレビ東京等の深夜枠にて数回放映されている。すると「ウハウハザブーン」というあまりにも変な邦題、お色気ありナンセンスギャグありの破天荒なストーリーによってインターネット掲示板・2ちゃんねるなどで評判が広まり、いわゆるB級映画マニアにカルト的人気を博するようになった。2ちゃんねるの実況板でよく使われる「全米川下り選手権」はこの映画で使われた言葉である。

なお「ウハウハザブーン」というのは作中でのセリフのやりとり「ウハウハで行くか?」「ザブーンだな!」から付けられている。

あらすじ[編集]

全米でもワースト1位という不名誉なランク付けをされている三流校「レペットメイン大学」に通う問題児・マックスら4人組は学部長から「何の表彰も受けたことのない我が校の汚名返上の為に『全米大学対抗川下り選手権ラフトと呼ばれるゴムボートによる川下りレース)』に参加し、優勝せよ」との命令が下される。優勝すれば特別に学位を与え学校も卒業、できなければこれまでの4人組の悪事をバラして警察に突き出すという。かくして4人組はメンバーの飼い犬・チャックを加えてレースに参加した。なんとか予選を通過したものの、決勝は優勝候補の名門校・アイビー大学チームなどの強豪に加え、レース前に失格となった陸軍士官学校チームの妨害もあってレースは混戦となる。果たして4人組は優勝できるのだろうか。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ボブ・マッグロー ティム・マシスン 山路和弘
ヘザー ジェニファー・ラニヨン 日野由利加
ガンザー スティーヴン・ファースト 桜井敏治
マックス ダン・モナハン 鳥海勝美
アーウィン サンディ・ヘルバーグ 小形満
レックス ジェフ・イースト 森川智之
ブレイバーマン ブレイン・ノヴァグ 水野龍司
トザー ジェームズ・B・シッキング 小山武宏
学部長 ジョン・ヒラーマン 稲葉実
犬のチャックの鳴き声 フランク・ウェルカー 原語流用
  • 日本語吹替:地上波で放送された際に製作された。長らくソフトには収録されていない状態が続いていたが2013年12月3日発売のDVDに収録。
その他の声の出演:後藤敦大川透真殿光昭青山穣浅野まゆみ樫井笙人川勝あか梨幸田夏穂松本大浜野ゆうき
演出:木村絵理子、翻訳:岩本令、調整:オムニバス・ジャパン、効果:サウンドボックス、制作:東北新社
  • DVD発売にあたっては古川登志夫千葉繁の両名がナレーションを行なったウェブCMが製作されている。

関連項目[編集]

  • てーきゅう - アニメ版第10話のサブタイトルが「先輩とウハウハザブーン」となっており、本作の邦題から命名されている。

外部リンク[編集]