クリス・エリオット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・エリオット
Chris Elliott
Chris Elliott
1989年、エミー賞授賞式にて
本名 Christopher Nash Elliott
生年月日 1960年5月31日(53歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗アメリカニューヨーク市
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 俳優
コメディアン
作家
声優
活動期間 1982年-現在
配偶者 Paula Niedert (1986-現在)
受賞
エミー賞 (1984, 1985, 1986, 1987)

クリス・エリオットChris Elliott1960年5月31日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク市出身の俳優コメディアン作家声優である。

来歴[編集]

多彩な持ち主として知られるエリオットは、1960年ニューヨーク市で生まれた。父親のボブ・エリオットは『Bob & Ray』のお笑いコンビのコメディアンでも知られている。そんな父親の影響から自身もエンターテイメントの世界で俳優、コメディアンとしての活動を開始。1980年代に人気司会者のデイヴィッド・レターマンがホストを務めるNBC製作の深夜トークバラエティ番組『レイト・ナイト・ウィズ・デヴィッド・レターマン』での放送作家とパフォーマンスで人気が急上昇。徐々に俳優としての活動も波に乗っていき、1990年代に入ると、自身が主演のシットコム『ゲット・ア・ライフ』なども製作された。この番組では、実の父親であるボブ・エリオットとも共演を果たしている。その後も数々の映画作品やテレビ番組に出演し、その人気を不動の元とした。ブレイクするきっかけでもあった番組のホスト、レターマンとは現在も親交が続いており、彼が司会をする現番組の『レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』へもたびたび出演している。映画への出演ではマーロン・ウェイアンズショーン・ウェイアンズらウェイアンズ兄弟との共演作品も多い。

作家としてこれまで3冊の書籍を出版しており、『Daddy's Boy: A Son's Shocking Account of Life with a Famous Father』では有名な父親を持つ息子の心境とこれまでの生活が赤裸々かつおもしろおかしく紹介されている。また1880年代の連続殺人鬼切り裂きジャックを題材・検証した歴史小説エベレスト山登頂に関するパロディ小説がある。

私生活[編集]

1986年にポーラ・ニーバートと結婚。二人の子供に恵まれた。そのうちの一人で娘のアビー・エリオットは父親同様に女優コメディエンヌとして活躍しており、人気コメディ番組の『サタデー・ナイト・ライブ』へのレギュラー出演者として知られている。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

テレビ番組[編集]

外部リンク[編集]