ディクテーター 身元不明でニューヨーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディクテーター
身元不明でニューヨーク
The Dictator
監督 ラリー・チャールズ
脚本 サシャ・バロン・コーエン
アレック・バーグ
デヴィッド・マンデル
ジェフ·シェーファー
製作 アレック・バーグ
サシャ・バロン・コーエン
ジェフ·シェーファー
デヴィッド・マンデル
スコット・ルーディン
製作総指揮 ピーター・ベイナム
アンソニー・ハインズ
ダン・メイザー
マリ・ジョーウィンクラー
出演者 サシャ・バロン・コーエン
音楽 エラン・バロン・コーエン
撮影 ローレンス・シャー
編集 エリック・キサック
グレッグ・ヘイデン
製作会社 フォー・バイ・トゥ・フィルムズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年5月16日
日本の旗 2012年9月7日[1]
上映時間 83分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
アラビア語
製作費 $65,000,000[2]
興行収入 $56,933,538[2]
テンプレートを表示

ディクテーター 身元不明でニューヨーク』(ディクテーター みもとふめいでニューヨーク、原題: The Dictator)は、サシャ・バロン・コーエン主演の2012年に公開されたアメリカ合衆国コメディ映画

ストーリー[編集]

北アフリカのワディヤ共和国を統治するアラジーン将軍は、少しでも逆らう者は気紛れに処刑してしまい、毎夜ハリウッド女優とベッドを共にし、核開発にも手を出すという典型的な独裁者である。

ある日、核開発について弁明するべく国連総会が開催されるニューヨークへ赴いたアラジーンは、何者かによって拉致され、トレードマークの髭を剃り落とされてしまう。身分を証明できない浮浪者同然の立場に追いやられたアラジーンはホテルに戻ろうとするが、そこには偽物のアラジーン(エファード)を連れて国連総会に向かう叔父タミールがいた。タミールが自分を陥れたことを理解したアラジーンだったが警備員に追い出されてしまい、途方に暮れていたところを博愛主義者ゾーイに助けられる。一方、国連総会に出席したエファードはタミールに言われるままワディヤ共和国の民主化を宣言する。タミールは、アラジーンが独り占めしていた石油を欧米諸国に売り渡して大儲けしようと企んでた。


アラジーンは、ゾーンが経営する自然食品スーパーで働くことを勧められるが、「他人の下で働きたくない」と出て行ってしまう。そのままニューヨークを彷徨っていると、アラジーンは「リトル・ワディヤ」というバーに立ち寄り、自分が気紛れで処刑した人間が大勢いることに驚く。人々はアラジーンの正体に気付き殺そうとするが、一人の男に助けられる。男は元ワディヤ共和国核兵器開発主任のナダル博士で、「核ミサイルの先端を丸くするか尖らせるか」でアラジーンと揉めて処刑された男だった。ナダルは「反アラジーン派の協力で国外に脱出した」と語り、「兵器開発主任に戻してくれるなら」という条件でアラジーンが独裁者に戻るために協力することになった。

アラジーンとナダルは敵情視察のため観光ヘリコプターに乗り込む。しかし、ヘリの中で2人は「ワディヤ宮殿で匿っているビンラディンの迷惑話」と「最近購入したポルシェ・911で事故を起こした話」をアラビア語で話し始めたため、「9・11テロに関わったテロリスト」と勘違いされ逮捕されてしまう。2人はすぐに釈放されるが、アラジーンを迎えに来たゾーイが警官に「人種差別だ」と食って掛かる姿を見て、彼女に好意を抱くようになる。ナダルは、ゾーイが経営するスーパーがホテルに食品を納品していることを知り、アラジーンに彼女のスーパーで働きホテルに潜入するように勧める。スーパーで働き始めたアラジーンは傍若無人な接客で騒動を引き起こすが、何とかホテルに潜入することに成功する。

アラジーンは、ナダルが用意した付け髭で元の姿に戻り、エファードとすり替り民主化宣言調印式に出席する。そこでアラジーンは調印文書を破り捨て、タミールと欧米諸国の密約を暴露する。逮捕されるタミールを尻目に、アラジーンは独裁を賛美し民主主義を罵倒するスピーチを行うが、現場に居合わせたゾーイが涙を浮かべる姿を見て「それでも民主主義は素晴らしい」とワディヤ共和国の民主化を宣言する。その瞬間、タミールがアラジーンを銃撃するが、エファードが身代わりとなり助かった。倒れたエファードに駆け寄るアラジーンとゾーイの前で「頭が空っぽだから」と平気な顔を見せ、安堵したアラジーンは改めてワディヤ共和国の民主化とゾーイとの結婚を宣言した。

1年後、肩書きが「将軍」から「首相兼大統領」に変わったアラジーンとゾーイの結婚式がワディヤ宮殿で執り行われた。喜ぶアラジーンだったが、ゾーイがガラスのコップを割る姿をみて、彼女が大嫌いなユダヤ人だと知る。引っ込みが付かなくなったアラジーンはそのままゾーイと結婚し、相変わらずの独裁政治を続ける。

キャスト[編集]

※()は日本語吹き替え

製作[編集]

ワディヤ宮殿の舞台となったスペイン広場

当初、イラクの独裁者であるサッダーム・フセインの小説『Zabibah and the King』に触発されていると言われたが[3]、後に『ニューヨーク・タイムズ』によってこれは誤りであると報じられた[4]。アンナ・ファリスが演じる役は当初、クリステン・ウィグとジリアン・ジェイコブスが考慮されていた[5]。バロン・コーエンは、本作での演技はリビアの独裁者のムアンマル・カダフィに基づいていると述べている[6]

当初ロケ地にはモロッコが考慮されていた[5]。ロケーション撮影は、2011年6月から8月にかけてセビリアスペイン広場フエルテベントゥラ島[7]ニューヨーク市で行われた[4]

音楽[編集]

映画音楽はエラン・バロン・コーエンが作曲し、2012年5月8日にサウンドトラック盤が発売された。

# タイトル Performed by 時間
1. The Next Episode」   Aiwa, Mr Tibbz & Admiral General Aladeen 2:43
2. 「Ila Nzour Nebra」   Jalal Hamdaoui & Driver 3:22
3. 「Habibi」   Ali Hassan Kuban 4:21
4. Everybody Hurts」   Mc Rai 5:28
5. 「Wahrane Wahrane」   Khaled 4:43
6. 9 to 5」   Michelle J. Nasser 2:41
7. 「Goulou L'Mama」   Jalal Hamdaoui & Cheb Rayan 4:01
8. 「The Song of Admiral General Sargeant Aladeen」   Erran Baron Cohen feat. Omar Fadel 2:56
9. Let's Get It On」   Mohamed Amer 1:57
10. 「Raoui」   Souad Massi 3:47
11. 「Money's On the Dresser」   Erran Baron Cohen feat. Jules Brookes 2:45
12. 「Our Beloved Leader」   The Aladeenies 2:01
合計時間:
40:45

マーケティングとパブリシティ[編集]

2012年5月17日、第65回カンヌ国際映画祭にて。

第46回スーパーボウルのコマーシャル用に予告編が作られた[8]。予告編第1弾の冒頭には、バラク・オバマヒラリー・クリントンデーヴィッド・キャメロンらがカダフィ大佐を非難するスピーチをしているアーカイヴ映像が使われている[9]

2012年2月、バロン・コーエンが独裁者アラジーンの姿で第84回アカデミー賞の授賞式に出席しようとしたため、映画芸術科学アカデミー側が彼を出席禁止にしたという噂がインターネット上で流れたが、アカデミー側はこれを否定し、「(そのような格好で来場するのは)ふさわしくないと思う。しかし彼のチケットは無効ではない」という声明を出した[10]。バロン・コーエンは最終的に独裁者の制服を着て、カダフィのアマゾニアン・ガード英語版に扮した女性ボディガードを連れてレッドカーペットに現れ、北朝鮮の独裁者である金正日の「遺灰」を E!の司会のライアン・シークレストにかけた。後に「遺灰」はパンケーキの混合物であると報じられた[11]

2012年5月5日、バロン・コーエンはアラジーンに扮して『サタデー・ナイト・ライブ』の"Weekend Update"に出演し、映画を高評価した評論家のA・O・スコットロジャー・イーバートを拷問し、さらに映画監督のマーティン・スコセッシを人質に取った[12]。またバロン・コーエンは、2012年フランス大統領選挙フランソワ・オランドの勝利を祝ってビデオを公開した[13]。さらに2012年5月7日、『ザ・デイリー・ショー』にも出演した[14]

公開[編集]

タジキスタントルクメニスタンベラルーシでは公開禁止となった[15][16]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは179件のレビューで支持率は61%となっている[17]ロジャー・イーバートは4つ星満点中3つ星を与え、「『ディクテーター』はわいせつで、不快で、スカトロジーで、低俗で、粗いことに加えて面白い。私はこれまでサシャ・バロン・コーエンを無数のトーク番組で見ており、映画でデジャヴを感じるのを恐れていた。しかしそれは違った。彼が現在活動している最高のコミック・フィルムメーカーであるという説を確立する。そして独裁についてのスピーチにおいて、彼は情け容赦ない政治的風刺を行う」と述べた[18]

脚注[編集]

  1. ^ 問題児サシャ・バロン・コーエン主演最新作の日本公開が決定”. 映画.com (2012年4月12日). 2012年4月14日閲覧。
  2. ^ a b The Dictator”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年5月23日閲覧。
  3. ^ Szalai, Georg (2011年1月20日). “Sacha Baron Cohen's 'The Dictator' to Open in May 2012”. The Hollywood Reporter. 2012年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月6日閲覧。 Additional Webcitation archive, May 6, 2012.
  4. ^ a b Lim, Dennis (2012年5月3日). “Comic Guerrilla Tries Sticking With the Script”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2012/05/06/movies/sacha-baron-cohen-stars-in-the-dictator.html 2012年5月7日閲覧。 
  5. ^ a b Sneider, Jeff (2011年4月28日). “Kingsley joins Baron Cohen's 'Dictator'”. Variety. オリジナル2012年5月6日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/67SxC7CDs 2012年5月23日閲覧。 
  6. ^ Sherwin, Adam (2012年5月18日). “Sacha Baron Cohen: UN was scared of my 'dictator'”. The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/news/sacha-baron-cohen-un-was-scared-of-my-dictator-7766867.html 
  7. ^ ¿Distingue Fuerteventura en la película de Baron Cohen?”. Canarias7 (2012年1月13日). 2012年1月27日閲覧。 “La película 'El dictador', del humorista Sacha Baron Cohen, que se rodó parcialmente en Fuerteventura, se prepara para su estreno en todo el mundo. En el primer tráiler, que ya se puede ver, se aprecian algunas imágenes rodadas en la isla majorera, en concreto un plano aéreo con carros de combate y escenas con unas militares haciendo ejercicios de artes marciales. ... El rodaje incluyó también escenas en Sevilla, concretamente en la plaza de España.” (スペイン語) Google Translation: "The film 'The Dictator' ... was filmed partially in Fuerteventura.... In the first trailer, ... one can see some footage shot on the island of Fuerteventura, in particular an airplane with tanks and military scenes.... The shoot also included scenes in Seville, specifically in the plaza...."
  8. ^ Littlejohn, Georgina; Eleanor Gower (2012年2月2日). “'I just bought NBC, I know the final score, enjoy the game': Sacha Baron Cohen stars in special Super Bowl film trailer for The Dictator”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2095470/Sacha-Baron-Cohen-stars-special-Super-Bowl-film-trailer-The-Dictator.html 2012年2月24日閲覧。 
  9. ^ “The Dictator trailer: does Sacha Baron Cohen rule OK?”. The Guardian (ロンドン). http://www.guardian.co.uk/film/filmblog/2011/dec/15/dictator-trailer-sacha-baron-cohen 2011年12月17日閲覧。 
  10. ^ "Academy: Sacha Baron Cohen Not 'Banned' From Oscars But 'Dictator' Stunt Unwelcome". The Hollywood Reporter. 2012-02-22.  Text " last-Belloni " ignored (help)
  11. ^ Daniels, Lauren (2012年2月27日). “Sacha Baron Cohen Dumps ‘Ashes’ on Ryan Seacrest at Oscars Red Carpet”. Time. 2012年5月23日閲覧。
  12. ^ Fowler, Tara (2012年5月6日). “'The Dictator' tortures Martin Scorsese on 'SNL'” (英語). Digital Spy. http://www.digitalspy.com/movies/news/a380261/the-dictator-tortures-martin-scorsese-on-snl-video.html 2012年5月6日閲覧。 
  13. ^ (英語、フランス語字幕) Félicitations officielles du Général Aladeen au nouveau président français. ParamountFrance via YouTube.. (2012年5月6日). http://www.youtube.com/watch?v=nt4MQxSApTk&feature=youtu.be 2012年5月7日閲覧。 
  14. ^ 'The Dictator' Tells Jon Stewart About His New Bestie, Rick Santorum — VIDEO”. 2012年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月18日閲覧。
  15. ^ “'The Dictator' Banned in Tajikistan”. RIA Novosti. (2012年5月18日). http://en.rian.ru/world/20120518/173528111.html 2012年5月18日閲覧。 
  16. ^ Harding, Luke (2012年5月18日). “Tajikistan bans The Dictator”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/film/2012/may/18/tajikistan-bans-dictator-baron-cohen?newsfeed=true 2012年5月18日閲覧。 
  17. ^ The Dictator (2012)”. Rotten Tomatoes. 2012年5月23日閲覧。
  18. ^ Ebert, Roger (2012年5月9日). “The Dictator”. 2012年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]