マシニスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マシニスト
The Machinist
監督 ブラッド・アンダーソン
脚本 スコット・ソーサー
製作 フリオ・フェルナンデス
製作総指揮 アントニア・ナヴァ
出演者 クリスチャン・ベール
音楽 ロケ・パニョス
撮影 シャビ・ヒメネス
編集 ルイス・デ・ラ・マドリード
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント・クラシックス
日本の旗 東芝エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年1月18日
日本の旗 2005年2月12日
上映時間 102分
製作国 スペインの旗 スペイン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000
興行収入 $8,203,235[1]
テンプレートを表示

マシニスト』(原題: The Machinist)は、2004年製作のサスペンス・スリラー映画。ブラッド・アンダーソンが監督を務めた。

ストーリー[編集]

機械工のトレバーは、原因不明の不眠症で1年もの間眠っていなかった。痩せ衰えた彼は、それでも毎日仕事に出かけ、娼婦のスティーヴィーの元に行き、深夜に空港に出かけウェイトレスのマリアと雑談をするのだった。

ある日トレバーは溶接工のアイバンに気をとられ、事故をおこして同僚に大怪我を負わせてしまう。アイバンに気をとられて、トレバーは釈明するが、工場長らは「工場にはそんな人物はいない」と言う。同じくして、自宅の冷蔵庫に何者かが不可解なメッセージを残すようになる。誰かが自分を陥れようとしていると思い込んだトレバーは、次第に精神的に不安定になってゆく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
トレヴァー クリスチャン・ベール 小山力也
スティービー ジェニファー・ジェイソン・リー 日野由利加
マリア アイタナ・サンチェス=ギヨン 山像かおり
アイバン ジョン・シャリアン 玄田哲章
ミラー マイケル・アイアンサイド 菅生隆之
その他日本語吹き替え
青山穣水野龍司定岡小百合坂口候一梅津秀行松本大上村祐翔服部幸子赤城進風間秀郎河原木志穂

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

主人公の名前(トレヴァー・レズニック)はナイン・インチ・ネイルズトレント・レズナーから取られている。脚本の初稿にはナイン・インチ・ネイルズの歌詞が使われていた。

役づくり[編集]

1年間眠っていない主人公を演じるため、クリスチャン・ベールは30キロ近く体重を落とし、まるで骸骨のようになり話題になった。彼は『バットマン ビギンズ』のオーディションのため、『マシニスト』撮影終了後、4ヶ月で体重を元に戻さなければならなかったという。

クリスチャン・ベールは4ヶ月の間、毎日りんご1つとツナ缶1つで過ごし、54.4キロまで体重を落とした。ベールは45キロまで落とそうとしたが、彼の健康を憂慮した周りによって止められたという。

舞台[編集]

舞台はロサンゼルスであるが、撮影はスペインのバルセロナで行われた。製作陣もスペイン映画界の人物で固められている。

トリビア[編集]

ザ・ベストハウス123』の「激やせ激太り自由自在!大変身を遂げたハリウッドスターBEST3」の第1位に選ばれた。「第1位:限界まで体を追い込んだ!?新世代のカメレオン俳優」のくだりで30キロ以上減量し、わずか4ヶ月後に『バットマン ビギンズ』の撮影を控えていたため、過酷な筋トレを行い、4ヶ月で体重を45キロも増量し、およそ10ヶ月の間に激しい増減量を行ったというので1位に選ばれた。

参考文献[編集]

  1. ^ The Machinist”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年12月2日閲覧。

外部リンク[編集]