拳精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
拳精
拳精
Spiritual Kung-Fu
監督 ロー・ウェイ
脚本 ミン・チュン
製作 スー・リー・ホワ
製作総指揮 ロー・ウェイ
出演者 ジャッキー・チェン
音楽 フランキー・チェン
製作会社 羅維影業公司
配給 東映
公開 香港の旗 1978年11月23日
日本の旗 1980年6月14日
上映時間 98分
製作国 香港の旗 香港
言語 広東語
テンプレートを表示

拳精』(けんせい、原題:拳精、英題:Spiritual Kung-Fu)は、1978年制作のジャッキー・チェン主演、武術指導の香港映画。日本では1980年6月14日に東映系で「不良少年」と同時上映で公開された。

概要[編集]

ロー・ウェイのプロダクション時代のジャッキー主演作の1本。当時ローの思惑でシリアス路線の作品を連発していたものの、持ち味のユーモアセンスを活かしたかったジャッキーは、若いスタッフらとコメディ調の活劇『カンニング・モンキー 天中拳』を製作。これに立腹したローは『天中拳』を酷評してお蔵入りにした後(一時撮影を中断させた後)、意向に反してジャッキーが他社で製作した「蛇拳」でヒット、ならば路線変更と、自社で「本当のコメディの作り方を見せてやる」と豪語して控えていた「酔拳」の撮影を延期させ制作したのが本作である[1]

隕石落下の衝撃によって拳法の教本から拳の妖精が出現し、しがない寺男にを叩き込み、折から寺で発生していた連続殺人事件に挑むという風変わりな物語であったが、もろもろな製作事情から不本意で製作された(あくまでもジャッキー本人の意思として)本作を、ジャッキーは前述の自伝において「白塗りのオバケが出てきたり、僕がおしっこをひっかけたりなど、とにかく酷い映画」など本作を徹底的に酷評、未だに嫌っている。

結局、この作品とその次に撮られた『龍拳』は、香港で配給してくれる会社が見つからずお蔵入りとなったが、ジャッキーが『スネーキーモンキー 蛇拳』で成功した後になってからようやく公開された…と自伝には書いてあるが、実際のところは香港で『スネーキーモンキー 蛇拳』のヒット直後に製作された映画で、完成後に通常公開、ロー・ウェイプロダクション製作の作品では最高の興行成績を記録した。

ストーリー[編集]

ある夜、少林寺の経蔵に保管されていた門外不出の必殺拳「七殺拳」の極意書が何者かに盗まれた。「七殺拳」に打ち勝つことが出来るのは「五獣拳」だけだが、その極秘書は今はもう存在しなかった。

そんな折、少林寺の寺男・龍の目の前に、宇宙から落ちてきた隕石に刺激されて出現した妖精=拳精が現れる。龍は拳精から五獣拳を学び、盗まれた七殺拳の極意書を手に入れて、拳法界の制覇をもくろむルーツァオと対決することになる。

キャスト[編集]

本作の主人公。しがない寺男(少林寺内の下働き)であったが隕石落下により身体に異変が起こり、「五獣の拳」の取得の資格を得て拳精達から手解きを受ける。実は、その「五獣の拳」こそが事件の鍵を握っていたのだが、本人は全く気付いていない。悪戯好きで無神経な性格であるが、正義感は強い。
父が少林寺より奪った「七殺拳」の秘伝書を元に、それをマスターし悪事を働く。その父こそが今回の事件の黒幕であった。
権威ある拳法家の。「七殺拳」による殺人事件を調べる為に、父と共に少林寺へとやって来た。拳法のもかなりのものであるが美人でもあり、龍から接吻を迫られる。初戦では龍を撃退したが、拳精より修正を受けた龍のリターンマッチに敗れ、プライドを引き裂かれ泣いてしまった(龍の悪戯が過ぎた面もある)。父に泣きつこうとしたが、当の父は既に何者かの手で殺害されていた。
  • 僧(少林寺の館長):リー・トン・チュン(李桐春)
「七殺拳」の秘伝書が奪われた事を悔いて、懺悔の為に長期の断食に入る。代理は盲目の副館長に任せる。しかし、館長にはもう一つの顔があった。
龍の友人で同じく悪戯ばかりしている。
  • ウォン・チン
  • リー・マン・チン
  • リー・クン

五獣の拳精[編集]

少林寺内で紛失されたと言う、五獣拳の極意書に住む拳精。本から飛び出すと実体化し、相手も攻撃できるが、常人には見えず言葉も喋れない。龍に五獣拳を伝授し、戦いの手助けをする場合もある。五獣拳の題目の設定は『少林寺木人拳』にも登場している。

龍の拳精
龍拳の使い手で「知(ち)」を掌る。リーダー的な存在。
蛇の拳精
蛇拳の使い手で「情(じょう)」を掌る。メンバーの中でも最も悪戯好きである。
虎の拳精
虎拳の使い手で「力(ちから)」を掌る。その為にメンバーで一番大柄である。
鶴の拳精
鶴拳の使い手で「静(せい)」を掌る。技の拳精で一番小柄である。
豹の拳精
豹拳の使い手で「動(どう)」を掌る。素早い動きが持ち味。

バージョン違い[編集]

本作では、序盤で拳法の教本を盗もうとする夜盗が土蔵に忍び込むため、夜警をしていた主人公(ジャッキー)を眠らせるシーンがあるが、この展開が

  • 『後頭部に一撃をくれて気絶させる』
  • 『催眠作用のある煙を嗅がせて眠らせる』

という2通りのバージョン違いが存在する。

夜警を排除するための手段が明らかに違うため別シナリオで撮られていることがわかるが、最終的にこのシーンはどちらかのバージョンに統一されておらず、上記のどちらかの展開で編集されている2通りの完成フィルムが存在し、香港版には登場しない別の女優との接吻場面がある韓国公開版など、公開地域によって異なっていた。

日本版主題歌[編集]

長沢ヒロ率いるバンドHERO英雄の「チャイナ・ガール」C/W「エブリバディ・ファイティン」コロムビアAK671AX(作曲者:アフリック・サイモン)。日本公開においては東映がオリジナル主題歌「チャイナ・ガール」を本編に編入、そのアップテンポで軽妙なリズムが作品の雰囲気をオリジナルよりも押し上げるに至った。この楽曲が編入されたバージョンは、1982年9月27日TBS「月曜ロードショー」TV放映時にもそのまま使用されたが、東映の権利が切れた後は使用されることはなくなり、ソフト商品もすべてオリジナルの香港版を使用し、長らく見ることは叶わなかった。しかし2012年に発売されたブルーレイソフトの日本語音声はTV放映時の音源をそのまま収録しているため、吹き替えではあるが「チャイナ・ガール」が劇中で流れる日本公開版の初ソフト化となった。

脚注[編集]

  1. ^ ジャッキー・チェン自伝『僕はジャッキー・チェン』

外部リンク[編集]