ドラゴンロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラゴンロード
龍少爺
Dragon Lord
監督 ジャッキー・チェン
脚本 ジャッキー・チェン
エドワード・タン
バリー・ウォン
製作 レナード・ホー
製作総指揮 レイモンド・チョウ
出演者 ジャッキー・チェン
音楽 フィリップ・チャン
撮影 チュン・チンチュー
配給 日本の旗 東宝東和
公開 香港の旗 1982年1月
日本の旗 1982年4月10日
上映時間 95分
製作国 香港の旗 香港
言語 広東語
興行収入 $10,936,344 香港の旗
テンプレートを表示

ドラゴンロード』(原題: 龍少爺/英題: Dragon Lord)は、1982年に製作された、ジャッキー・チェン監督・主演の映画。

概要[編集]

ジャッキー・チェンの監督・主演によるアクション作品だが、今回は単なるクンフー格闘映画とせず、ラグビーや羽蹴(羽付きのボールを使ったサッカーのような競技)などをユニークにアレンジしたスポーツシーンを見せ場として取り入れ、これまでのクンフー映画とは違う方向性を目指した意欲的な作品。ジャッキーが率いるスタントチーム「成龍班」の若頭として活躍を見せるマース(火星)を相棒に、明るく楽しい活劇に終始している。

当初は『Young Master in love(恋するヤングマスター)』という仮題で、ジャッキーの大ヒット作『ヤングマスター 師弟出馬』の続編として企画された作品であったが次第に独立した内容へと変遷していった。当時は『バトルクリーク・ブロー』でアメリカ進出を試みたものの失敗した直後であり、ホームグラウンドの香港で巻き返しを図ったのが本作である。

一方、当初の原題『恋する~』に沿った形で主人公の恋物語の要素が強く出ていることや、『ヤングマスター 師弟出馬』で師匠を演じたティテン・フンや、恐るべき強さの最終ボスを演じたウォン・インシクを再び仇のボスとして登場させるなど、もともと『ヤングマスター 師弟出馬』の続編であった名残が随所に見られる。

ジャッキーの意気込みは相当なもので、納得の行くシーンを撮影することに徹底的にこだわったことからNGシーンは膨大な量に登り、1本の映画作品撮影中に生じた不採用フィルムの量は2012年時点で世界一としてギネスブックに登録されている。ジャッキーの意気込みに反して興行成績は日本以外では振るわなかったが、…といわれているが、実際に香港ではその年の年間ランキング2位を記録(日本よりヒット)。本作は、製作費の膨大化や版権の問題等、製作面で様々な安易ではない事情を抱えているため、ヒットという形には無らなかった、したという事実を残したくなかったのだと思われる。その分、意欲的な要素も多く再評価の声も高い作品である。

あらすじ[編集]

ロン(ジャッキー・チェン)とジム(マース)は共に裕福な家庭の御曹司。おまけにスポーツ万能なのだが、悪戯と過ぎた遊びが大好きな若造でもある。

ある日ロンはシャオリーという町娘に恋をし、盛んにアタックを繰り返すも一向になびく様子がない。

何とか思いを伝えようと、恋文を凧で届けようとするも、凧は飛ばされて校外の屋敷の屋根へ。ロンはそこで、謎の男達が財宝の密輸を進めている光景を見てしまい、男たちから追われることとなる。

キャスト・スタッフ[編集]

登場人物・キャスト
拳法家の息子で文武両道的な家系に育つが、どうも怠け癖があり、女のケツばかり追いかけ回す傾向がある青年。家庭教師や門下生を抱き込み、厳格な父親を誤魔化す事に必死になっている。そんな能天気な彼がひょんな事から、大事件に巻き込まれる。団体ラグビー羽根突きサッカーの選手でもある。
  • ジム(日本吹き替え版では「阿牛(あぎゅう)」):マース(フォア・シン
ロンの幼馴染。女性の好みも似ている為にロンと張り合う事になるが、酷い目にあってもロンを許す真の親友。羽根突きサッカーではゴールキーパー。物品商の息子で武道は本格的にはやっていない。
  • 秀麗(シャオリー):シドニー・チャン
ジャッキー初プロデュース作品で彼にスカウトされデビュー後に、本作のヒロインであるが出番はそれほど多くない。ロンとジムの意中の人。体系的にはぽっちゃり系(はある)。二人のの引っ張り合いで一時、軽蔑していたが勇敢な(ように魅せ掛けてる)ロンに徐々に魅かれていく。
  • ロンの父:ティエン・ホン
武道家で頑固親父を絵に描いた厳格な人物。裕福な故に家内の者にロンの教育を任せているので、今一実態を知っていない御目出度い人物。家庭教師や門下生もロンに抱き込まれてるのも全く気付いていない。
成り行きの所謂、ラスボス。片目は義眼である。元国家の役人であるが国宝品を盗んで部下と共に逃亡。この事件がロン達に発覚し対立する事になる。
スタッフ

日本語吹替[編集]

役名 日本語吹き替え
フジテレビ
ロン(ドランゴン) 石丸博也
ジム(阿牛) 屋良有作
秀麗(シャオリー) 倉沢淳美
ロンの父 大塚周夫
キム 北村弘一

別編集版について[編集]

本作は、大きく分けて香港・台湾・中国本土のみで上映されたバージョンと、日本を含む各国で公開された国際版の2種類に分かれる。

国際版は冒頭にラグビー試合が来て、クライマックスに盗賊団の首領キムとロン達との決闘で終わるが、香港及び台湾、中国本土で公開されたバージョンは、クライマックスがラグビー試合となっている。このラグビーシーンは国際版よりも長く、ポスターやスチル写真で見られたものの、国際版からはカットされてしまった「グランドに入り込んでしまった子供達をジャッキーが助けるくだり」などがある。

日本国内のビデオソフト、LD、DVDは過去いずれも国際版しか発売されていなかったが、2004年にジェネオン社から発売されたDVDがこの中国本土公開版で収録され、日本に初上陸となったほか、2012年に発売された国内版ブルーレイソフトには、国際版と中国本土版の両バージョン(国際版には1985年10月19日フジテレビゴールデン洋画劇場」放送時の吹替え音源付き)が収録されている。

外部リンク[編集]