ゴールデン・ハーベスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オレンジスカイ・ゴールデン・ハーベスト・エンターテインメント・グループ
Orange Sky Golden Harvest Entertainment (Holdings) Limited
橙天嘉禾娯楽(集団)有限公司
Goldenharvestlogo.jpg
本店所在地 香港の旗 香港
設立 1970年
業種 コングロマリット
事業内容 映画製作
映画館運営
不動産など
代表者 レイモンド・チョウ
関係する人物 蔡瀾
ジャッキー・チェン
サモ・ハン・キンポー
ブルース・リー
外部リンク 橙天嘉禾娯楽(集団)有限公司
テンプレートを表示

ゴールデン・ハーベスト(嘉禾、嘉禾電影有限公司、Golden Harvest)は香港にある映画会社を起源とするコングロマリット。かつてブルース・リーの映画『ドラゴン危機一発』を製作したことなどで知られる。

現在はオレンジスカイ・エンターテインメントグループ(橙天娯楽集団)の傘下に入り、オレンジスカイ・ゴールデン・ハーベスト・エンターテインメント・グループ(橙天嘉禾娯楽(集団)有限公司、Orange Sky Golden Harvest Entertainment (Holdings) Limited)となっている。

歴史[編集]

設立[編集]

イギリスによる植民地統治下の香港で、映画会社ショウ・ブラザーズの製作本部長を務めていたレイモンド・チョウ(鄒文懐/Raymond Chow)が、1970年レナード・ホー(何冠昌/Leonald K.C.Ho)やショウ・ブラザースのスターだったジミー・ウォングらと共に設立した。

九龍のハンマーヒルロードにあったキャセイ映画スタジオを買い上げ、ここをゴールデン・ハーベスト・スタジオ(スタジオの正式社名はゴールデン・スタジオ・リミテッド)とした。第一作は時代劇の『鬼怒川(The Angry River)』。続いて、ジミー・ウォングの『片腕ドラゴン』を製作し大ヒットを記録。香港映画界の新興勢力として注目される。

看板スターの誕生[編集]

そんな中、レイモンド・チョウは1人の武道家との契約に成功する。ブルース・リーである。そして、ブルース・リーを主役にした映画『ドラゴン危機一発』を製作。これが当時の香港映画興行収益記録を塗り替える大ヒットとなった。ここからゴールデン・ハーベストは徐々にショウ・ブラザーズを超えていくことになる。同年、GHの創世記を支えたジミー・ウォングが退社し、GHはブルース・リーと共に新たな時代へと突き進むはずであった。

新たなスター[編集]

しかし、1973年7月20日にブルース・リーが急死してしまったことでGHは窮地に追い込まれ、新たなスターの発掘が急務となった。そこで新たに発掘されたのが、マイケル・ホイである。1974年、彼はショウ・ブラザースからGHへ移籍。実弟サミュエルと共に『Mr.Boo!ギャンブル大将(鬼馬雙星)』を製作・監督し、当時の記録を塗り替える大ヒットを記録。以後、寡作ながら『Mr.Boo!ミスター・ブー』『Mr.Boo!インベーダー作戦』『新Mr.Boo!アヒルの警備保障』とヒット作を連打し、GHを見事に復調させた。

続いて現在はハリウッドにも進出し大成功を収めたジャッキー・チェン1980年にロー・ウェイカンパニーから引き抜き、『ヤング・マスター』を製作。これも大ヒットを記録。ホイ三兄弟及びジャッキー・チェンの主演作は、香港はもちろん日本をはじめとするアジア各国で大ヒットとなり、GHは再び往時の繁栄を取り戻すことになった。

全盛期[編集]

その後も『キャノンボール』などでハリウッド進出や、サモ・ハン・キンポーユン・ピョウチョウ・ユンファなどのスターを育て上げる。

その1980年代には新興会社「シネマシティ」が設立され、『悪漢探偵』、『男たちの挽歌』などで一時は市場を奪われるが、数年で奪還。迷走するショウ・ブラザースを尻目に、1980年代には全盛期を迎える。

現在[編集]

その後香港の映画館経営のほか、娯楽複合施設の経営、海運や不動産業にも進出するなど、多角経営化を行ってきた。しかし、香港の主権がイギリスから中華人民共和国に委譲される前後の香港映画の停滞に呼応するように、ハンマーヒルロードのゴールデン・スタジオは1998年に閉鎖。映画製作の一線からは一旦撤退した。2007年にレイモンド・チョウはオレンジスカイ・エンターテインメントグループ(橙天娯楽集団)を所有する伍克波に売却し、2009年よりオレンジスカイ・ゴールデン・ハーベスト・エンターテインメント・グループ(橙天嘉禾娯楽(集団)有限公司、Orange Sky Golden Harvest Entertainment (Holdings) Limited)という社名となっている。

現在は、映画制作にも再参入し、映画配給、融資、出版、映画館経営が業務の中心となっている。中国、香港、台湾シンガポールなどで30館を所有している。

契約・所属した俳優陣[編集]

などなど

関連作品[編集]

その他[編集]

蔡瀾[編集]

副社長兼プロデューサーの蔡瀾(チャイ・ラン 1941年8月18日-)は食通としても有名で、フジテレビの番組料理の鉄人に特別審査員として出演していたほか、日本エアシステムの国際線の機内食の監修も行っていた。

エッセイストとしても有名で日本で出版された著作も多い。

日本大学芸術学部への留学経験があり、日本語も堪能である。

1990年代に香港で「三級片(※)」と呼ばれる性的・残酷的な映画を商業的に成功させ普及させた功労者でもある。

※三級片=香港で上映される映画は、内外の作品を問わずその内容により3つに分類される。このうち「カテゴリー3」に分類されるのが「三級片」で、成人指定作品となる。いわゆるポルノ映画だけではなく、一定以上の性描写や残酷シーンなどを含む一般映画も三級片にあたる。なお、「カテゴリー2」は「子どもに適さない」作品、「カテゴリー1」の映画は「全年齢OK」の作品。ただし、実際にはアニメや一部の家族向け映画などを除きほとんどの作品が「カテゴリー2」に指定され、この分類が半ば形骸化してしまったため、のちに「カテゴリー2」はさらに「2A」と「2B」に細分化された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]