ハマー・フィルム・プロダクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハマー・フィルム・プロダクションズHammer Film Productions)は、イギリスに存在した映画制作会社。特に1950年代末から1970年代前半、ピーター・カッシングクリストファー・リーの2大スターを擁し、フランケンシュタインドラキュラシリーズに代表されるクラシックホラー映画の作品を多く生み出した、戦後の名門ホラーメーカーとして知られる。

歴史[編集]

ハマー・フィルム・プロダクションはいくつかの前段階を経て1948年に設立された。1949年の『ドクター・モレル/消えた相続人』が公式な第1作となる。堅実な歩みを続けたハマーは1955年、イギリスの人気テレビドラマ『クォーターマス』シリーズの一編を映画化したSFホラー映画原子人間』を世界的にヒットさせる。この成功を受け配給サイドから、1930年代から1940年代にかけてアメリカユニバーサル映画が怪奇ブームを巻き起こした、古典派ホラー映画のリメイクを打診された。

1957年、ハマーはユニバーサルホラーの代表作『フランケンシュタイン』のカラー版リメイクとして『フランケンシュタインの逆襲』の製作に着手する。監督はハマー作品を何本も手がけてきたベテランのテレンス・フィッシャー、主役のフランケンシュタイン男爵にはイギリスのテレビドラマのスターだったピーター・カッシング、怪物役には無名に近かったクリストファー・リーを起用した。完成した映画は試写の段階では残酷性や、ユニバーサル版と違う怪物のデザインがグロテスク過ぎる等の不評もあったが、公開されると世界的なヒットを記録した。

この好結果を受け、ハマーは続いてユニバーサルホラーの第一作であった『魔人ドラキュラ』のリメイクとして、前作のフィッシャー、カッシング、リーの新ホラー黄金トリオを再収集し『吸血鬼ドラキュラ』に取り掛かった。カッシングは正義の吸血鬼ハンター、ヴァン・ヘルシング役で主演、リーがドラキュラに扮した。完成した映画は前作を上回る大ヒットになった。この2作の成功により、ハマーはホラーメーカーのトップとして長く君臨することになった。

以降、ハマーはフランケンシュタインドラキュラをシリーズ化して軸とし、ミイラ狼男ゴーゴンオペラ座の怪人、ブードゥー・ゾンビ等古典的なテーマのホラー作品を次々手がけた他、SFファンタジーサスペンスミステリー等の分野で作品を多く送り出した。

しかし1970年頃になると、より刺激の強いホラー映画が氾濫してくる中、クラシックスタイルのハマー作品は低迷するようになる。不振を打開すべく、『吸血鬼カーミラ』を原作とするセクシーさを強調した女吸血鬼映画『バンパイア・ラヴァーズ』や、ドラキュラを現代に蘇らせた異色作『ドラキュラ'72』、香港の映画会社ショウ・ブラザーズとの提携でカンフー映画とホラーの融合させた『ドラゴンvs7人の吸血鬼』など新機軸を打ち出すが、劣勢を挽回できなかった。日本の東宝との合作映画『ネッシー』なども企画するが実現には至らず、1970年代半ばで映画製作はほぼ中止された。

主要作品[編集]

外部リンク[編集]