凶人ドラキュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
凶人ドラキュラ
Dracula:Prince of Darkness
監督 テレンス・フィッシャー
脚本 ジョン・サンソム(ジミー・サングスター
原案 ジョン・エルダー(アンソニー・ハインズの変名)
原作 ブラム・ストーカーによるキャラクター
製作 アンソニー・ネルソン・キイス
出演者 クリストファー・リー
バーバラ・シェリー
アンドリュー・キア
フランシス・マシューズ
スーザン・ファーマー
音楽 ジェームズ・バーナード
撮影 マイケル・リード
編集 クリス・バーンズ
製作会社 ハマー・フィルム・プロダクション
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
イギリスの旗 ワーナー=パテ
公開 イギリスの旗 1966年1月9日
アメリカ合衆国の旗 1966年1月12日
日本の旗 1966年6月14日
上映時間 90分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
前作 吸血鬼ドラキュラの花嫁
次作 帰って来たドラキュラ
テンプレートを表示

凶人ドラキュラ』(原題: Dracula:Prince of Drakness, Disciple of Dracula, Revenge of Dracula)は1966年イギリスハマー・フィルム・プロダクション製作による「吸血鬼」シリーズの第3作。クリストファー・リーによる『吸血鬼ドラキュラ』シリーズの第2作になる。脚本はジミー・サングスター(ただし今回は変名)、監督はテレンス・フィッシャー

第1作『吸血鬼ドラキュラ』(1958年)から実に8年ぶりに製作された。前作で、宿敵・ヴァン・ヘルシングを演じたピーター・カッシングは出ておらず、二人の競演は、この後『ドラキュラ'72』(1972年)まで待つことになる。

あらすじ[編集]

ドラキュラの死から10年。チャールズとアラン兄弟とそれぞれの妻ダイアナ、ヘレンの4人がカルパチア地方への旅行途次、ふとしたことからドラキュラの遺灰が眠る古城へ足を踏み入れてしまう。アランが召使に殺害され、その血でドラキュラが復活。ヘレンがドラキュラの毒牙にかかり、次にダイアナが狙われる。逃げたチャールズとダイアナはサンドール神父によって僧院に匿われる。掠われたダイアナを追ってチャールズとサンドール神父が古城へ急ぐ。ダイアナを救出したチャールズは、古城を流れる凍てついた川の上でドラキュラと死闘を始める。神父が銃弾を撃つが、ドラキュラをそれて氷に命中する。ついに氷が割れて、ドラキュラは水中へ没する。

キャスト[編集]

役名 オリジナル英語
俳優
日本語吹き替え
ドラキュラ伯爵 クリストファー・リー
ヘレン・ケント バーバラ・シェリー
サンドール神父 アンドリュー・キア
チャールズ・ケント フランシス・マシューズ 広川太一郎
ダイアナ・ケント スーザン・ファーマー
アラン・ケント チャールズ・ティングウェル
クローブ フィリップ・レイサム 千葉耕市
ルードウィグ ソーリー・ウォルターズ

スタッフ[編集]

特記[編集]

  • 本作のラストは、吸血鬼の弱点の一つである「水」を利用したものである。
  • 白夜の陰獣』(1966年)と前後して撮影されているため、セットの流用や同じスタッフ、キャストが使われている。(脚本のアンドリュー・ハインズ、バーバラ・シェリー、フランシス・マシューズらなど)
  • クリストファー・リーは、第1作から本作に至るまで劇場用作品30本以上に出演。その中には、「ハムナプトラ」シリーズの元となる『ミイラの幽霊』(1959年)や『死霊の町』(1960年)、『血の河』(1962年)、『妖女ゴーゴン』(1964年)、『怪人フー・マンチュー』(1964年)などの傑作、佳作を残し、再びドラキュラとしてスクリーンに戻ってきた。
  • 第1作の大ヒットを受けて、アメリカでは大手・20世紀フォックスが配給した。

外部リンク[編集]