バスカヴィル家の犬 (1959年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バスカヴィル家の犬
The Hound of the Baskervilles
監督 テレンス・フィッシャー
脚本 ピーター・ブライアン
原作 アーサー・コナン・ドイル
製作 アンソニー・ハインズ
製作総指揮 マイケル・カレラス
音楽 ジェームズ・バーナード
撮影 ジャック・アッシャー
編集 アルフレッド・コックス
製作会社 ハマー・フィルム・プロダクション
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 イギリスの旗 1959年5月4日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 87分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

バスカヴィル家の犬』(原題: The Hound of the Baskervilles)は 1959年イギリスハマー・フィルム・プロダクションが製作したミステリー映画アーサー・コナン・ドイル原作の、シャーロック・ホームズが活躍する同名小説の映画化。ホームズ役は怪奇ホラーの名優ピーター・カッシング。監督はテレンス・フィッシャー

日本では劇場未公開でビデオソフトが発売されている。

ストーリー[編集]

私立探偵シャーロック・ホームズとジョン・ワトソン医師は、ダートムーアの名門バスカヴィル家の主治医であるモーティマー医師から、先代当主の変死に伴い新たに当主となるヘンリー・バスカヴィル卿の警護を依頼される。ホームズはロンドンのホテルでヘンリー卿と面会したが、その最中に毒グモが卿を襲った。卿が何者かに狙われている事は明らかになったが、ホームズは他の仕事がありロンドンを離れられず、代わってワトソン医師がダートムーアに同行する事となった。

キャスト[編集]

製作[編集]

フランケンシュタインの逆襲』(1957年)と『吸血鬼ドラキュラ』(1958年)を連続ヒットさせ、ホラー映画メーカーとして知られたハマー・フィルムが、ホームズシリーズ長編『バスカヴィル家の犬』を映画化した作品。ホームズ映画初のカラー作品でもある。

主要スタッフ・キャストは上記2作同様の顔触れが揃えられた。監督はテレンス・フィッシャー。ホームズにはフランケンシュタイン男爵役とヴァン・ヘルシング役で主演してきたピーター・カッシング。フランケンシュタイン・モンスター、ドラキュラと怪物役を演じてきたクリストファー・リーは、警護を受ける依頼人側のヘンリー・バスカヴィル卿役で出演した。リーにとってハマー作品で初めての普通の人間役であった。

評価と影響[編集]

興行成績は上記2作ほどには伸びず、シリーズ化はされなかった。しかし、元々ホームズファンでもあったカッシングが、研究を重ねて演じたホームズはアメリカの『ニューズウィーク』誌が「最高のホームズ」と評するなど賞賛を受けた。カッシングはこの後1968年BBCのテレビシリーズ、1984年に単発のテレビスペシャルでホームズを演じた。

備考[編集]

本作でヘンリー・バスカヴィルを演じたクリストファー・リーはこの後、ドイツ映画やイギリスのテレビドラマでホームズを演じた。またビリー・ワイルダー監督の『シャーロック・ホームズの冒険』(1970年)ではシャーロックの兄マイクロフト・ホームズを演じ、映画でホームズ兄弟両方を演じた唯一の俳優とされている。その後、リーは1991年と1992年にイギリスのテレビドラマでもシャーロックを演じた。

外部リンク[編集]