アルカトラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルカトラス
Alcatrazz
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州 ロサンゼルス
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
ネオ・クラシカル・メタル
活動期間 1983年 - 1987年
2007年 -
レーベル ポリドール(日)
RCA(英)
Rocshire Records(米)
キャピトル・レコード
EMI
共同作業者 イングヴェイ・マルムスティーン・ライジングフォース
マーブルス
レインボー
スティーヴ・ヴァイ
メンバー
グラハム・ボネットヴォーカル
ハウイー・サイモンギター
ティム・ルースベース
デイブ・ジャレクドラムス
旧メンバー
イングヴェイ・マルムスティーンギター
スティーヴ・ヴァイギター
ゲイリー・シェアベース
ジミー・ウォルドーキーボード
ヤン・ウヴェナドラムス
ダニー・ジョンソンギター
グレン・ソーベルドラムス

アルカトラスAlcatrazz)は1983年グラハム・ボネットを中心に結成されたヘヴィメタルバンドであり、イングヴェイ・マルムスティーンを輩出、スティーヴ・ヴァイが在籍したバンドである。1987年解散。2007年にグラハムが自身のバンドを率いてアルカトラス名義で活動再開。

メンバー[編集]

歴史[編集]

1983年マイケル・シェンカー・グループを解雇されたグラハムは元ニュー・イングランドのゲイリーとジミーと共にバンドを結成する。グラハムはレインボーで共演したリッチー・ブラックモアに良く似たギタリストを探すためオーディションを行い、元スティーラーのイングヴェイ・マルムスティーンを獲得。(イングヴェイ本人の話ではUFOの誘いも受けていたが、グラハムの方が歌が上手いと言う理由でアルカトラスに加入したという。)

イングヴェイを獲得したバンドはまだ正式なドラムスが決まっていなかったため、スケジュールの都合で加入できなかったコージー・パウエルの推薦でクイーンロジャー・テイラーと元アイアン・メイデンクライヴ・バーを紹介してもらったが、ロジャーとはスケジュールの都合で断られ、クライヴに至ってはイングヴェイが拒否したため、加入にはいたらなかった。バンドは元アリス・クーパーヤン・ウヴェナを加入させ、レコーディングに突入。

1983年12月にはデビューアルバム『ノー・パロール・フロム・ロックン・ロール』をリリース。日本盤の伊藤政則のキャッチコピーは「泣くがいい。声をあげて泣くがいい。」であった。プロデューサーは、イングヴェイの希望により、アル・ディ・メオラ等を手がけたデニス・マッケイが務めた。

1984年1月には初来日を果たした。イングヴェイはリッチーに憧れているとはいえ黒い衣装、白いストラトキャスター、ギターを壊すパフォーマンスと全てリッチーのコピーであるため客から失笑がもれた。だが、「テープの速回しじゃないか?」と噂されていたイングヴェイのメロディアスかつ強烈な速弾きは紛れもない本物であった。そして、この初来日の東京公演を収録されたアルバム『ライヴ・センテンス』をリリースされるも、グラハムとの関係が悪化したのを理由にイングヴェイは脱退してしまう。後任には(同じく速弾きを得意とするとはいえ)イングヴェイとはスタイルを異にするスティーヴ・ヴァイを加入させ、1984年10月に再来日を果たした。初来日公演も再来日公演もライブ・ビデオが発売され好評であった。

1985年にはスティーヴを迎えての傑作『ディスタービング・ザ・ピース』をリリースしたが、同年、スティーヴが当時ヴァン・ヘイレンを脱退したばかりのデイヴィッド・リー・ロスの誘いを受け脱退、後任にダニー・ジョンソンを迎え、3rdアルバム『デンジャラス・ゲームス』をリリースするも鳴かず飛ばずで1987年に解散した。

2007年にアルカトラスはグラハム・ボネット(ボーカル)、ハウイー・サイモン(ギター)、ティム・ルース(ベース)、グレン・ソーベル(ドラムス)のラインナップで再結成され、5月~6月に来日公演を行った。 オリジナルメンバーがグラハム・ボネット1人しかいないため、ジミー・ウォルドー、ゲイリー・シェア、ヤン・ウヴェナはアルカトラスの名前を使用することに対して異議を申し立てるべく米国で商標登録を申請したが、結局却下された。2009年にはドラマーがグレン・ソーベルからデイブ・ジャレクにメンバーチェンジした。

アルバム[編集]

逸話[編集]

  • イングヴェイ在籍時でのライブは、イングヴェイのソロタイムが終わった後はレインボー時代の名曲「Since You Been Gone」と決まっていたというが、イングヴェイ自身は「俺が大嫌いな曲」と公言しており、「グラハムの(皮肉っぽく)栄光の時代の曲だから弾いてやっているだけ。」とコメントしている。また、とあるライブではイングヴェイがこの曲を弾いていると突然ギターの音が止まり、イングヴェイが振り向くとアンプからプラグを抜いたグラハム・ボネットが出てきたという。これに激怒したイングヴェイはステージにギターを叩きつけグラハムと口論になり、イングヴェイがボネットを投げ飛ばして出ていったという。イングヴェイはこのことを「バカな男は、自分の曲を台無しにしたんだ!ソロは終わっていたから、俺は痛くも痒くもなかったね!あいつはバカだよ!」と言っている。

参照[編集]

外部リンク[編集]