ベック・ボガート & アピス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベック・ボガート & アピス
基本情報
出身地 イギリス
ジャンル ブルース・ロック
ハード・ロック
ヘビー・メタル
活動期間 1972年1974年
レーベル エピック・レコード
共同作業者 バニラ・ファッジ
カクタス
メンバー
ジェフ・ベック
ティム・ボガート
カーマイン・アピス

ベック・ボガート & アピス (Beck, Bogert & Appice、BBA (BB&A)) は、ジェフ・ベックティム・ボガートカーマイン・アピスが結成したロックバンド。活動期間は1972年から1974年。

歴史[編集]

結成まで[編集]

このセッション企画が持ち上がったのは1969年。ベックは当時ジェフ・ベック・グループを率いていたが、バニラ・ファッジで活動していたボガートとアピスによる強力なリズム・セクションに衝撃を受ける。一方ボガートとアピスは既にベックの才能を知っていたため、この話を聞いてセッションに招くことにした。この時バニラ・ファッジはコカ・コーラ社の音楽を依頼されていたが、ギタリストのヴィンス・マーテルが怪我をしていたため、代役としてベックに参加を要請したのである。ニューヨークではレッド・ツェッペリンのメンバーなどを交えて一度だけのライブも行い、互いの力量を確かめ合った。その結果ジェフ・ベック・グループのボーカリストであったロッド・スチュワートを加えた4人で新グループ結成に動くが、スチュワートはフェイセズに加入してしまい、結局3人でバンドを始動することで決まる。

しかし11月2日、ベックは交通事故を起こして全治3か月の重傷を負ってしまう。この間にボガートとアピスは新バンドカクタスを結成してしまい、この3人でのバンド計画は流れてしまうことになる。これを受けてベックは回復後に第2期ジェフ・ベック・グループを結成した。

バンド始動[編集]

そして1972年、カクタスと第2期ジェフ・ベック・グループが解散し、再びバンド結成の機運が訪れる。3人に加えてジェフ・ベック・グループのマックス・ミドルトンキーボード)、『ジーザス・クライスト・スーパースター』のキム・ミルフォード(ボーカル)、以上5人でリハーサルを行い、ジェフ・ベック・グループ名義で8月1日よりツアーを開始。しかしミルフォードのステージパフォーマンスに不満を感じ解雇、第2期ジェフ・ベック・グループからボブ・テンチを呼びツアーを続けるが、ツアー終了後ミドルトンとテンチが脱退してしまう。

ポール・ロジャース招聘を図るもこれに失敗し、最終的にトリオ編成のベック・ボガート & アピスとして9月16日にスタートを切ることになった。10月、ヨーロッパ・ツアー。11月、アルバムのレコーディング。翌1973年2月、アルバム『ベック・ボガート & アピス』発売、イギリス・ツアー。

5月に日本ツアー。5月14日 日本武道館、5月16日 名古屋市民会館、5月18~19日 大阪厚生年金会館 とまわり、大阪公演の模様はライブ盤『ベック・ボガート & アピス・ライヴ・イン・ジャパン』に収録された。

しかし帰国後にボガートが交通事故で重傷を負ってツアーがキャンセル、夏になる頃には解散の噂が飛ぶようになる。翌1974年1月、ヨーロッパ・ツアー。2月、ニューオリンズのマルディグラ・フェス出演。

解散とその後[編集]

そしてアルバム2作目のレコーディングに入るも、ベックとボガートの確執もあって完成には至らず、バンドは自然解散となった。この時期の楽曲は後にブートレッグとして出回り、ベックのアンソロジー『ベッコロジー』に「Jizz Whizz」が収録されたほか、当時の BB&A はもちろん後述の CB&A などでも演奏されている。

その後ボガートとアピスは、1999年に Char と共に Char, Bogert & Appice (CB&A) 、翌2000年にリック・デリンジャーと共に Derringer, Bogert & Appice (DB&A) としての活動も行った。

ラインナップ[編集]

リードボーカルはアピス、一部ボガート。「黒猫の叫び - Black Cat Moan」のみベック。

ディスコグラフィ[編集]