エアクオート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エアクオートのしぐさの例
エアクオートのしぐさの例

エアクオート: air quotes、finger quotes、Ersatz quotes)は、主に欧米で会話中に使われるジェスチャーの一つで、ある単語や節を発話するときに両の手を顔の横でピースサインVサイン)のような形をつくり、クイクイと指を曲げる動作のことである。それによって発話中の単語に、印刷文中でダブルクオーテーションマークで括弧されたときと同様の効果をもたらす。その効果は文中の括弧同様多様である。

概要[編集]

日本人の場合、エアクオートはアカデミズムの場くらいでしか使われない珍しいジェスチャーの一つで、発話した語に「いわゆるなになに」という意味を持たせることができるジェスチャーである。この「いわゆる」という意味での括弧は通常の引用を示すためのただの括弧とは区別され、印刷文で風刺、皮肉、婉曲表現を示すために使われるen:Scare quotesと同等のものだと考えられている。

似たようなジェスチャーは1927年まで遡る[1]が、アメリカにおけるエアクオートの普及は1989年にSpy Magazine誌が造語したことと、1990年代にコメディアンのスティーヴ・マーティンがショーで多用したことがきっかけだと考えられている.[2]

脚注[編集]

  1. ^ Martin, Gary. “Air quotes”. The Phrase Finder. 2008年11月18日閲覧。
  2. ^ Frum, David (2000). How We Got Here: The '70s, the decade that brought you modern life, for better or worse. New York: BasicBooks. pp. 421. ISBN 0465041965. OCLC 45706071. 

参考[編集]

  • 木村大治 『括弧の意味論』 NTT出版、2011年