ブラックパワー・サリュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラックパワー・サリュート(英:The Black Power Salute)は、アメリカ公民権運動黒人アフリカ系アメリカ人)たちが行った、拳を高く掲げ黒人差別に抗議する示威行為である。

メキシコシティオリンピックでの示威行為[編集]

1968年メキシコシティオリンピックにおいてアフリカ系アメリカ人選手のトミー・スミスジョン・カーロスが行ったブラックパワー・サリュートは、近代オリンピックの歴史において、もっとも有名な政治行為として知られる。

男子200メートル競走が終了した1968年10月17日夕刻、アメリカ人選手で19秒83の世界記録で優勝したトミー・スミス、オーストラリア人で20秒06の記録で2位のピーター・ノーマン、20秒10で3位につけたアメリカ人ジョン・カーロスのメダリスト3人はメダル授与のため表彰台に向かった。

2人のアフリカ系アメリカ人選手は黒人の貧困を象徴するため、シューズを履かず黒いソックスを履いてメダルを受け取った。さらにスミスは黒人のプライドを象徴する黒いスカーフを首に纏い、カーロスはクー・クラックス・クランなどの白人至上主義団体によるリンチを受けた人々を祈念するためロザリオを身につけていた。一方でノーマンも他の2人に同調、3人で「人権を求めるオリンピック・プロジェクト(Olympic Project for Human Rights 略称:OPHR)」のバッチを着用した。カーロスは当初身につける予定だった自分の黒グローブを忘れたが、ノーマンがスミスのグローブを2人で分かち合うよう提案し、スミスが右の手袋を、カーロスが左の手袋をつけることになった。そしてアメリカ国歌が演奏され、星条旗掲揚されている間中、スミスとカーロスは、目線を下に外し、頭を垂れ、高々と握り拳を突き上げた。会場の観客からはブーイングが巻き起こり、この時の様子は世界中のニュースで取り上げられた。

後にスミスは「もし私が勝利しただけなら、私はアメリカ黒人ではなく、ひとりのアメリカ人であるのです。しかし、もし仮に私が何か悪いことをすれば、たちまち皆は私をニグロであると言い放つでしょう。私たちは黒人であり、黒人であることに誇りを持っている。アメリカ黒人は(将来)私たちが今夜したことが何だったのかを理解することになるでしょう。」とこの時のことを語っている。

国際オリンピック委員会の対応[編集]

国際オリンピック委員会(IOC)会長のアベリー・ブランデージは、オリンピックにおいて内政問題に関する政治的パフォーマンスを行うことは「非政治的で国際な場としてのオリンピック」という前提に相反すると考えていた。メダル授与式における彼らの示威行為に即座に反応して、ブランデージはスミスとカーロスをアメリカ・ナショナルチームから除名、オリンピック村から追放するを命令を下した。アメリカオリンピック委員会はこれを一度は拒否したものの、IOCがアメリカ・ナショナルチーム全体の追放をちらつかせたため命令を受け入れ、スミスとカーロスは出場停止となり、オリンピックから追放されるに至った。IOCの広報官は、2人の示威行為が「オリンピック精神の基本原理に対する計画的で暴力的な違反」であったと述べた[1]

後日談[編集]

スミスとカーロスは、事件後長い間アメリカスポーツ界から事実上追放され、さらに彼らの示威行為に対する批判に晒された。ロサンゼルスタイムズは「"ナチス風(Nazi-like)敬礼"」と非難し、タイムはオリンピックの標語「より速く、より高く、より強く」を捩って「より忌々しく、より汚く、より醜く」のフレーズを五輪のロゴと共に掲載した。彼らは帰国後、アメリカ国内中から非難・中傷され、家族にも脅迫文が何通も届けられた。

帰国後のスミスは陸上競技を続けると共に黒人の権利獲得への運動を続けた。オリンピック後、アメリカンフットボールチームのシンシナティ・ベンガルズに入団した後、オーバーリン・カレッジ体育学助教授に着任。1995年にはバルセロナ世界室内陸上選手権のアメリカナショナルチーム補助コーチに就任した。1999年スポーツマンミレニアム賞を受賞した。現在は講演家となっている。

カーロスもまた、スミスと似た経歴を歩んだ。初めは陸上競技を続け、オリンピック翌年の1969年には男子100mの世界記録に並ぶ記録を打ち立てた。1970年にはこれまたアメリカンフットボールチームのフィラデルフィア・イーグルスに入団したが、膝の怪我で1年で退団し、後にカナディアン・フットボール・リーグでプレーした。若くして競技生活から引退、1977年には妻が自殺するなど、1970年代後半期には不遇な時を過ごした。1985年からはパームスプリングスの学校で陸上のコーチに就任し、現在に至っている。

一方で、スミスとカーロスに同調したオーストラリアピーター・ノーマンは同僚選手から批判され、地元のオーストラリアメディアからも厄介物扱いされた。1972年ミュンヘンオリンピックにあたっては予選会で3位の好成績を残したにもかかわらず代表に選ばれなかった。その後も競技生活を続けたものの、1985年に傷めたアキレス腱壊疽し、足を切断する寸前まで症状が悪化した。また、鬱とアルコール依存症がノーマンを苦しめた。2006年10月3日に死去。葬儀ではスミスとカーロスが棺側付添い人を務めた。

2005年カリフォルニア州立大学サンノゼ校は卒業生であるスミスとカーロスの抗議行動を賞賛し、20フィートの銅像を建立している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]