ジョン・カーロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
陸上競技
オリンピック
1968 メキシコシティ 男子200m

ジョン・カーロス(John Wesley Carlos、1945年6月5日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク市ハーレム出身の陸上競技選手。カーロスは1968年メキシコシティオリンピックに出場。200mの銅メダリストである。

経歴[編集]

カーロスは、1967年のパンアメリカンゲームズの200mの優勝者であり、同年には、60ヤード(5秒9)、220ヤード(20秒2)の世界記録を樹立した。

1968年のオリンピック選考会200mで19秒92を出し自己記録を0.3秒更新。世界記録保持者のトミー・スミスを破り周囲を驚かせる。しかしカーロスが履いていたスパイクがこの当時認められていないタイプのものであった。そのためこの記録は公認されなかったが、それでもこのレースによりカーロスが世界レベルのスプリンターであることが証明された。

メキシコシティオリンピック[編集]

カーロスは、人権を求めるオリンピック・プロジェクト (Olympic Project for Human Rights 略称:OPHR)の発起人の一人であった。OPHRとはメキシコシティオリンピックをボイコットするために組織された団体である。

オリンピックではカーロスは、スミスと オーストラリアピーター・ノーマンについで3位となり銅メダルを獲得する。カーロスとスミスは、表彰台の上で国歌が流れる中、黒い手袋をかぶせた拳をかかげて見せるブラックパワー・サリュートというパフォーマンスを行った。さらに黒い靴下を履き、靴を履かず、表彰台でアメリカでの黒人の立場を表現した。ノーマンもOPHRのバッヂを付け彼らの訴えに賛同した。

IOCアベリー・ブランデージ会長は、非政治的なオリンピックの舞台で国内の政治的な発言は不適切だと考えた。彼らのアクションに対しすぐ反応した。スミスとカーロスをアメリカ選手団から追放し、選手村の立ち入りを禁止した。

しかし、多くの支持者がカーロスたちの勇気ある行動を賞賛した。その一方で反対の立場の人からは、彼らとその家族を脅迫するといった厳しい反対意見もあり、各方面に大きな影響を与えた。

その後[編集]

カーロスは、1969年に選手として最高の年を迎える。100ヤードで9秒1の世界タイ記録。全米体育協会(AAU) 220ヤードのチャンピオンに輝く。そして、全米学生選手権(NCAA)では100mと220ヤードで勝利。さらに、4×110ヤードリレーでカリフォルニア州立大学サンノゼ校を勝利に導いた。

後年、カーロスはプロフットボールに挑戦、1970年のNFLドラフト15巡でフィラデルフィア・イーグルスに指名されて入団した。しかしひざの怪我のため1年間でチームを去り、後にカナディアン・フットボール・リーグモントリオール・アルエッツトロント・アルゴノーツに1年ずつ在籍した。

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1967 パンアメリカンゲームズ ウィニペグカナダ 200m 20秒5
1968 オリンピック メキシコシティメキシコ 200m 20秒10

外部リンク[編集]