パンク (サブカルチャー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パンク: punk)は、パンク・ロックを中心に発生したサブカルチャーである。音楽、イデオロギー、ファッション、アート、ダンス、文学、映画などの表現形態がある。パンクは独自に派生を遂げた小さな派閥から構成されており、その一部はさらに発展してパンクとは異なる独自のサブカルチャーを形成するに至っている。

パンクというサブカルチャーを体現する人々をパンクス (punks) と呼ぶ。1人の場合はパンク (punk) である。なお、本来は「青二才、チンピラ、役立たず」などを意味する俗語。

歴史[編集]

パンクは1970年代中頃、アメリカ合衆国とイギリスで生まれた。具体的な発祥地ついては諸説ある。オーストラリア南アフリカ共和国日本の大都市でも比較的初期にパンクの影響が見られた[1][2][3][4][5][6]

列車内の2人のパンクス(1986年)。右の男のコートにクラスのシンボルがステンシルで描かれている点に注意。

初期のパンクは様々な影響から生まれたもので、Jon Savage はこのサブカルチャーを、西洋で第二次世界大戦以後に存在したあらゆる若者文化を「安全ピンでまとめてとめた」ような「ブリコラージュ」だと称した[7]。様々な哲学的ムーブメント、政治的ムーブメント、芸術的ムーブメントがこのサブカルチャーに影響を与えた。特にパンクはいくつかのモダンアートの系統に触発されている。パンク的美学の形成には、多くの作家、書籍、文学運動が重要な役割を果たしている。パンク・ロックにはロックンロールだけでなく様々な音楽的起源がある。

最初期のパンク・ロック(後からプロトパンクと呼ばれるようになった)は、1960年代末のアメリカ北東部でのガレージロックのリバイバルを始点とする[8]。最初に当時から「パンク」と呼ばれる音楽が登場したのは、1974年から1976年のニューヨークでのことである[9]。それとほぼ同時期か直後にロンドンでもパンクが見られるようになった[10]。間もなく、3番目の場所としてロサンゼルスでパンクが見られるようになった[11]。これら3都市が急成長のバックボーンを形成したが、ブリスベンボストンなど他の多くの都市にもパンクは広がっていった。

1977年ごろ、パンクというサブカルチャーは2トーンオイ!ポップ・パンクニュー・ウェイヴノー・ウェーブといった分派に分かれていき、裾野が広がっていった。アメリカでは1980年代初めごろ、パンクに後から導入されてきた軽薄さを排除し、本来のパンクを復興するというハードコア・パンクが生まれた。同じころイギリスでも似たような動きがあり、こちらはストリートパンクと呼ばれた[12]。元々のパンクと同様、ハードコアとストリートパンクもサブカルチャーとして広まっていった。1980年代中ごろから1990年代初頭のアメリカでは、アンダーグラウンドなサブカルチャーは直接パンクから進化したか、少なくともその姿勢を新たなスタイルに適用し、オルタナティヴ・ロックインディーズが生まれた[12]。アメリカでは1990年代初めから中ごろにかけて、ハードコアの装飾の一部を廃してパンクを復興させようとする新たな動きが見られるようになった。

音楽[編集]

パンクというサブカルチャーは、パンク・ロックという大音量で激しいロックを録音か生で聴くことを中心としており、パンク・ロックを省略して「パンク」と呼ぶようになった。多くのパンク・ロックは1960年代のガレージロックや1970年代のパブロックを踏襲して歪みの激しいギターと騒々しいドラムの演奏がつき物だが、一部のパンクバンドは他のサブジャンルの要素を取り入れた。例えば、ヘヴィメタル(1980年代中ごろのディスチャージ)やフォークロックビリー・ブラッグ)がある。パンクのサブカルチャーは独自スタイルのパンク・ロックに対応して生まれるが、パンク・ロックの全てのスタイルに対応してサブカルチャーが生まれたわけではない。パンク・ロックのは短いことが多く、アレンジやコード進行は比較的単純である。歌詞はパンク的価値とイデオロギーを表現しており、セックス・ピストルズの "No Future" のニヒリズム的な歌詞から、ポジティブで反ドラッグ的メッセージを伝えるマイナー・スレットの "Straight Edge" まで、様々である。パンク・ロックでは、ソロよりもバンドの方が普通である。パンクバンドの一般的構成としては、ギターが1人か2人、ベースが1人、ドラムが1人で、ボーカルは演奏者の1人が担当することもある。バンドによってはメンバーがバックアップボーカルを担当することもあるが、それはポップバンドでの甘いハーモニーを奏でるようなものではなく、スローガンを叫んだり、繰り返したりするものである。

イデオロギー[編集]

機動隊の前にドイツ人パンクスがいる(1984年の抗議運動)

パンクの政治姿勢には様々なものがあるが、多くは左翼または革新と言われるカテゴリに属する[要出典]。パンクのイデオロギーは多くの場合、個人の自由と反体制的視点に関係している。典型的なパンクの視点としては、反権威主義DIY主義、不服従、直接行動などが含まれる。その他の傾向として、ニヒリズム社会主義、反軍国主義、反人種差別、反性差別、反民族主義なども含まれる。しかし、パンクであっても右翼的思想の人もいるし、ノンポリのパンクもいる。

初期のイギリスのパンクスは No Future というスローガンでニヒリズム的姿勢を表していた。これは、セックス・ピストルズの "God Save the Queen" の一節である。アメリカのパンクスはニヒリズムに異なるアプローチをしており、「現状への無関心」や「中流階級や労働者階級の標準的な不満」といったものをベースとしていた[要出典]。パンクのニヒリズムは、「ヘロインや…メタンフェタミンといった強くて自滅性の高い薬物」の使用や剃刀での「身体の一部の切断」といった形で表されていた[13]

ファッション[編集]

パンクスは、非常にわざとらしく衣服髪型化粧入れ墨宝石身体改造などを使い、目立とうとする。初期のパンク・ファッションでは、日用品を取り入れて美的効果を得ている。例えば、破けた服を安全ピンで留めたり、テープを巻いたりする。普通の服にはマーカーや塗料で装飾を加える。黒いゴミ袋をドレスやシャツやスカートに仕立てる。安全ピンや剃刀の刃を宝石代わりに身に付ける。また、一般にはボンデージSMと見られるような皮革ゴムビニール製の服を着用することも多い。

パンクスによっては、細いジーンズ、格子縞のズボンやキルトやスカート、Tシャツロッカージャケット(バンドのロゴ、ピン、ボタン、金属製の鋲などで装飾することが多い)、コンバースのスニーカー、スケートボード用シューズ、ブローセル・クリーパー、ドクターマーチンのブーツなどを好む。初期のパンクスには見る人にショックを与える目的でナチハーケンクロイツを身に着ける者もいたが、多くのパンクスは反人種差別主義者であり、ハーケンクロイツを身に付けることには抵抗があったとされる。髪型をモヒカン刈りやもっと過激なものにするパンクスもおり、髪の毛を立たせて固め、様々な色をつけたりする。

パンク・ファッションを拒否するパンクスもいて、パンクは音楽やイデオロギーで定義されるとする。このような人はハードコア・パンクに多い。特に1980年代以降のアメリカのハードコア・パンクに多く、普通のTシャツとジーンズを身につけていた。イギリスではむしろ、鋲などの装飾をつけ、髪を染めることが多かった。

アート[編集]

パンクの美学はパンクスの好む芸術の方向性も決定した。一般に、ミニマル・アート聖像破壊的、風刺的なものが好まれる。パンクアート作品は、アルバムのカバーイラスト、コンサートなどのチラシ、パンク雑誌などを飾った。パンクアートは明確なメッセージを直接的に伝えることが多く、社会的不公平さや経済格差などといった問題を描いていることが多い。誰かが苦しんでいるイメージを使って見る者に衝撃を与え、感情移入させるのが一般的である。あるいは、利己的なイメージや愚かなイメージや冷淡なイメージを描くことで、見る者に軽蔑を感じさせようとする場合もある。

初期の作品はコピー機で複製するファンジン的なものが多かったため、白黒の作品が多かった。パンクアートはアンディ・ウォーホルの大量印刷向きの手法も活用する。パンクは、特にクラスを筆頭として、ステンシルアートの復興にも一役買った。状況主義もパンクアートに影響を与えており、特にセックス・ピストルズ関連のアートに顕著である。コラージュも多用されており、デッド・ケネディーズ、クラス、Jamie ReidWinston Smith のアートが例として挙げられる。John Holmstrom はパンク漫画家であり、ラモーンズ関連や Punk Magazine で活動した。スタッキズムというムーブメントの源流はパンクであり、2004年のリバプール・ビエンナーレウォーカー・アート・ギャラリーが開催した The Stuckists Punk Victorian という展示会の題名にもそれが現れている。グループの創設者の1人 Charles Thomson は、パンクは彼のアートにとって「重要なブレークスルー」だと述べている[14]

ダンス[編集]

パンクに関連するダンスのスタイルとしてポゴダンスモッシュがある[15]。ステージからのダイブやクラウドサーフは、ザ・ストゥージズなどのプロトパンクのバンドが発祥とされており、その後パンクやヘヴィメタルやロックのコンサートでも見られるようになった。スカ・パンクではskankingと呼ばれるダンススタイルを広めようとした。ハードコアダンスはこれら全てのスタイルの影響を受けて後に開発されたものである。サイコビリーでは "wreck" と呼ばれるスタイルが好まれる。これは体をぶつけ合うスラムダンスのようなもので、殴り合いをする。

文学[編集]

1994年から2004年ごろの米英のパンク雑誌の例

パンクからは多数の散文が生まれた。パンク雑誌 (punk zine) と呼ばれるアンダーグラウンドな出版形態があり、ニュース、うわさ、文化的批評、インタビューなどが掲載される。一部の雑誌は個人誌 (perzine) の形式である。有名なパンク雑誌としては、Maximum RocknRollPunk PlanetCometbusFlipsideSearch & Destroy などがある。パンクについて書いた小説、伝記、自伝、コミックスなどもある。ロサンゼルスのパンクを描いたコミックスとして Love and Rockets が有名。

パンク詩人としては、リチャード・ヘルジム・キャロルパティ・スミスJohn Cooper ClarkeSeething WellsRaegan ButcherAttila the Stockbroker といった人たちがいる。The Medway Poets というパフォーマンスグループにはパンク・ミュージシャンでもある Billy Childish が参加しており、トレイシー・エミンに影響を与えた。ジム・キャロルの自伝的作品群は初期のパンク文学の好例である。パンクというサブカルチャーに触発され、サイバーパンクスチームパンクといった文学ジャンルが生まれた。

映画[編集]

パンクを題材にした映画は多数あり、パンク・ロックのミュージック・ビデオやパンクと関連が深いスケートボードのビデオもよく見られる。パンク映画はストック・フッテージをしばしば挿入し、ニュース映像やバンドのコンサートをホームビデオで撮影した映像などを使う。映画に関わった有名なグループとしては、ラモーンズ(Rock 'n' Roll High School)、セックス・ピストルズ(『ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル』)、ソーシャル・ディストーションAnother State of Mind)が挙げられる。パンク関連の伝記映画としては『シド・アンド・ナンシー』が有名で、セックス・ピストルズのベーシストだったシド・ヴィシャスゲイリー・オールドマンが演じた)とナンシー・スパンゲンクロエ・ウェブが演じた)の物語を描いている。

パンクバンドのドキュメンタリー映画もよく制作されている。代表的なものとしては、セックス・ピストルズを描いた The Filth and the Fury がある。バンドメンバーや関係者(マルコム・マクラーレンヴィヴィアン・ウエストウッド、ナンシー・スパンガンら)だけでなく、ビリー・アイドルスティングシェーン・マガウアン、若き日のスージー・スースージー・アンド・ザ・バンシーズのボーカル)などの映像も使っている。クライマックスの1つは、エリザベス2世の即位25年祝典でセックス・ピストルズがテムズ川上のはしけの上で "God Save the Queen" を演奏し、その直後に逮捕されるシーンである。

No Wave CinemaRemodernist film といったムーブメントはパンクとの関連が深い。パンク映画監督としてはデレク・ジャーマンドン・レッツが有名である。他にも、『24アワー・パーティー・ピープル』はパンクからニュー・ウェイヴマッドチェスターへと進化する音楽シーンを描き、Threat はニューヨークのハードコアシーンにおける好戦的なストレート・エッジに焦点を当てている。

ライフスタイルとコミュニティ[編集]

パンクスには様々な職業や経済階層の人々がいる。ライオットガール (riot grrrl) というムーブメントを除けば、そのほとんどは男性である。他のサブカルチャーと比較すると、パンクのイデオロギーは男女同権により近い[16]。パンクは概ね反人種差別的とされている。(少なくとも白人が支配的な国以外ではあまり盛んではない)。ただし、それ以外の人々もこのサブカルチャーの発展に寄与している[要出典]。パンクの特性として薬物乱用がよく挙げられる。例外としてはストレート・エッジがある。また暴力もつきものとされるが、アナクロパンクの流れを汲む平和主義者のように暴力反対を唱えるパンクスもいる。

パンクスはローカルな音楽シーンを形成することが多く、小さい町では数十人、大都市では数千人程度でも成立する[17]。そのようなローカルなシーンでは、中心となるパンクスの小さいグループがあり、その周囲によりカジュアルな人々が集まる。典型的なパンクシーンは、パンクと中心となるバンドで構成される。ファンはコンサートや抗議集会や他のイベントに参加し、パンク雑誌を出版する人、バンドの批評家、ライター、イラストなどを描く美術家、コンサートを運営する人々、インディーズのレーベルなどで働く人々などが関係する[17]スコッターがツアー中のバンドに宿を提供するなどのサポートの役割を果たす場合もある。パンクにおいてもインターネットの役割は増大しつつあり、特に仮想共同体の形成とファイル共有ソフトによる音楽ファイルのやりとりが重要である。

カリフォルニア州バークレーのパンク会場の小さなステージでバンドが演奏しているところ。
上の会場付近の楽屋側。グラフィティで壁が覆われている。

真正性[編集]

パンクとハードコアのサブカルチャーでは、シーンの価値や哲学への関与の真正性 (authenticity) で各人やシーンそのものを評価するともされる。その尺度は政治思想(アナクロパンクのスコッターなど)からライフスタイル(ストレート・エッジにおける薬物やアルコールの禁止)まで様々である。パンクのサブカルチャーにおいては、「習慣的に自分とは違う何者かになりすます人」を "poseur" (気取り屋)と呼ぶ[18]。この用語は、パンクというサブカルチャーの価値や哲学を共有または理解せずに、単に仲間として受け入れられようとしてファッションやしゃべり方を真似している人を指して使う。

非真正性 (inauthenticity) だと見破られた人はメンバーから偏見として見られるが、用語の定義とそれをどういう人に適用するかは主観的であり、議論が絶えない。例えば Television Personalities というグループの1978年の曲 "Part-Time Punks" には、パンクになりたいと思った人は誰もが poseur であり、パンク・ロックにおける真正性という概念は虚構だという意味の歌詞がある。音楽評論家 Dave RimmerLike Punk Never Happened という本では、「ロンドンの最初のパンク少年たちは、味気ないロックシーンに確実に楔を打ち込む革命を遂行することを想像した」と書いている。Rimmerはまた、「この言葉は真正性のムーブメントから外れた人を軽蔑する表現であり、"Poseurs" は彼らが好きな悪口だった」と書いている[19]。Ross Buncle は1970年代末のオーストラリアのパースでのパンク・ロックの歴史を書き、その中で最終的に多数の poseurs に門戸が開かれ、音楽そのものよりイギリスのパンクバンドの服装に惹かれた人々がシーンに参加するようになったと主張している。そして彼は観衆の中には型どおりの poseurs は居なかったことを賞賛している[20]

他にも poseur という言葉が使われている曲がいくつかある。X-Ray Spex の "I am a Poseur"、1980年代初期のハードコア・パンクバンド MDC の "Poseur Punk"、カリフォルニアのパンクバンド NOFX の "Decom-poseur" などである。

Drowned in Sound というサイトにある記事では、1980年代の「ハードコア・パンクこそが真のパンク」だと主張している。何故なら「poseurやファッション狂が群がってきたことでニューロマンティックなどという軟弱なトレンドが生まれてしまった」からであり、パンクシーンは「DIY精神を完全に守る」人々だけでよく、「真のパンク者は、勉強して働いて家庭を持って家を持って退職して死ぬなどというシナリオとは無縁だ」からだという[21]

他のサブカルチャーとの関係[編集]

ニューヨーク・ドールズデヴィッド・ボウイなどのグラムロックは、初期のパンク・ロックやプロトパンクグラムパンクに大きな影響を与えた。

パンクとヒップホップは1970年代後半のニューヨークでほぼ同時期に生まれており、両者は相互に何らかの影響を与えあった。初期のヒップホップMCは自身をパンク・ロッカーと呼び、パンク・ファッションはヒップホップの服装にも見られた。マルコム・マクラーレンイギリスにパンクとヒップホップの両方を紹介する役割を担った。ヒップホップはその後もパンクバンドやハードコアバンドに影響を与えており、BiohazardThe TransplantsRefused といったバンドがある。

1960年代末ごろのスキンヘッドのサブカルチャーは1970年代になるとほぼ消えうせていたが、パンク・ロック(特にオイ!)の影響で1970年代末ごろに復活した。逆に伝統的スキンヘッドが人気のあるスカレゲエも何人かのパンク・ミュージシャンに影響を与えている。パンクスとスキンヘッドの関係は、社会的な状況、時期、場所によって、反目しあったり友好的だったりしており、一概には言えない。

パンクとヘヴィメタルのサブカルチャーは、パンクの発祥からやや類似性がある。1970年代初め、ヘヴィメタルはプロトパンクに影響を与えた。アリス・クーパーはパンクとメタルの両方に(ファッション、音楽の両面で)影響を与えた。デビューアルバムを1977年にリリースしたモーターヘッドは、その後もパンクにもメタルにも人気があり、ボーカルのレミー・キルミスターはパンク・ロックのファンだと公言している。メタルコアグラインドコアクロスオーバー・スラッシュといったジャンルはパンクやヘヴィメタルの影響を強く受けている。NWOBHMディスチャージなどのパンクバンドに影響を与え、ハードコア・パンクはメタリカスレイヤーといったスラッシュメタルバンドに影響を与えた。1990年代初めに生まれたグランジというサブカルチャーは、パンクのアンチファッション的理想とヘヴィメタルのギターサウンドの融合だった。しかし、ハードコア・パンクとグランジは1980年代に人気となったヘヴィメタルに対する否定的反応として発展した面もある。

インダストリアルrivetheadというサブカルチャーは、音楽、ファッション、姿勢といった面でパンクと関係がある。

パンク最盛期、パンクスは一般大衆や他のサブカルチャーから毛嫌いされ攻撃された。1980年代のイギリスでは、パンクスはテディボーイグリーサーバイカーモッズ、他のサブカルチャーのメンバーとしばしば小競り合いを起こした。

1970年代後半、パンクスはヒッピーともイデオロギーなどの面で対立していた。しかし、クラスのメンバーペニー・ランボーは元はヒッピーであり、インタビューやエッセイ The Last Of The Hippies の中で、友人だった Wally Hope を記念してクラスを結成したと述べている[22]。また、クラスは60年代から70年代を通してのヒッピーのムーブメントがクラスに大きく関わっているとしている(Dial Houseの創設は1967年)。パンクスの多くは、ヒッピーとの関わりという点でクラスには批判的だった。また、ジェロ・ビアフラもヒッピーに影響され、イッピーの思想を信条としている。しかし、彼の書いた歌詞はヒッピーに批判的な内容だった。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Marsh, Dave (1971年5月). “"Will Success Spoil The Fruit?"”. Creem magazine. 2006年11月19日閲覧。
  2. ^ Moore, Thurston (1996年). “"Grabbing Ankles"”. Bomb Magazine. 2006年11月19日閲覧。
  3. ^ Robb, John (2005年11月5日). “The birth of punk”. The Independent (UK). http://enjoyment.independent.co.uk/music/features/article324977.ece 2006年12月17日閲覧。 
  4. ^ Savage, Jon. England's Dreaming: The Sex Pistols and Punk Rock. Faber and Faber, 1991. ISBN 0-312-28822-0
  5. ^ Australian Broadcasting Corporation (2003年10月2日). “"Misfits and Malcontents"”. abc.net.au. 2006年11月1日閲覧。
  6. ^ Dougan, John. “"The Saints: Biography"”. billboard.com. 2006年11月1日閲覧。
  7. ^ Savage, Jon. Teenage: The Creation of Youth Culture. P. xvi. 2007. Viking. England.
  8. ^ "Proto-Punk" from Allmusic.com
  9. ^ Harrington, Joe S. Sonic Cool: The Life & Death of Rock 'N' Roll. pp. 324-30. 2002. Hal-Leonard. USA.
  10. ^ Harrington, Joe S. Sonic Cool: The Life & Death of Rock 'N' Roll. pp. 344-50. 2002. Hal-Leonard. USA.
  11. ^ Allmusic, L.A. Punk accessed 2012-07-27
  12. ^ a b Allmusic, "Punk" accessed 2012-07-27
  13. ^ “[http://library.nothingness.org/articles/SI/en/display/86 Consumer Society and Authenticity: The (Il)logic of Punk Practices]”. 2009年9月25日閲覧。
  14. ^ Artistica - Modern Art Blog » Blog Archive » Interview with Charles Thomson of the Stuckists”. 2009年9月25日閲覧。
  15. ^ PopMatters: A Metaphysics of the Mosh Pit
  16. ^ Lee, Michelle (Nov/Dec 2002). “"Oh bondage up yours! The early punk movement--and the women who made it rock"”. Off Our Backs. 2006年11月27日閲覧。
  17. ^ a b Grossman, Perry. “"Punk"”. St. James Encyclopaedia of Popular Culture. 2006年12月27日閲覧。
  18. ^ Definition of scotch,forgo,temporize,simulate,renege,poseur,precipitate,carp,blackjack,scrimp”. 2009年9月25日閲覧。
  19. ^ Part Two - Number 124 / June 1995: LIVE THROUGH THIS.... http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:qI_Zfh4H1NsJ:www.rockrap.com/archive/arch124b.html+poseur+punk+history&hl=en&ct=clnk&cd=145&gl=ca&lr=lang_en%7Clang_fr
  20. ^ The Orphans Story”. 2009年9月25日閲覧。
  21. ^ Drowned in Sound - Features - Soul Brothers: DiS meets Bad Brains”. 2009年9月25日閲覧。
  22. ^ Rimbaud, Penny (1982). The Last Of The Hippies - An Hysterical Romance. Crass. http://www.spunk.org/texts/places/britain/sp001297.txt. 

参考文献[編集]

  • Willoughby Sharp Joseph Nechvatal, (1984) Machine Language Books, NY NY
  • Alan Moore and Marc Miller, eds., ABC No Rio Dinero: The Story of a Lower East Side Art Gallery (1985) (Colab, i.e. Collaborative Projects, NY, NY
  • Marty Munsch All Grown Up the Movie, 2006, 2.2 Hrs