ナンシー・スパンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナンシー・スパンゲン
Nancy Spungen
生誕 1958年2月27日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア
死没 1978年10月12日(20歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市

ナンシー・ローラ・スパンゲンNancy Laura Spungen1958年2月27日 - 1978年10月12日)はフィラデルフィア出身の女性。イギリスパンク・ロックバンドセックス・ピストルズベース奏者シド・ヴィシャスの恋人。ヴィシャスとの破滅的な交際ののち1978年、20歳の若さで殺害された。

生い立ち[編集]

フィラデルフィアで父フランク、母デボラの間に生まれる[1]。出産の際へその緒が首に絡まり、危うく命を落とすところであった[2]。スパンゲンの家族はユダヤ系の中流家庭で父はセールスマン、母は後にオーガニック・ショップを経営するようになる[1]。 スパンゲンは夜泣きと癇癪持ちの厄介な赤ん坊であった。生後3か月の頃、小児科医に精神安定剤を投与されたが彼女の乱暴な振る舞いは収まらなかった[1]。母デボラは後にインタビューに答え「赤ん坊が金切り声を出すは当たり前だが、ナンシーは金切り声を上げてばかりいた」述べた。

5歳時の知能指数テストでは優秀な結果を出し[1]、小学校の間は成績も優秀であったが友人はわずかだった[1]

彼女は、妹弟に対しても乱暴な振舞いをする怒りっぽい子供であった[2]。ハサミでベビーシッターを殺すと脅し、精神科医の診断を受けたこともある[1]。11歳で放校処分となる。15歳の時、彼女の主治医は彼女を統合失調症と診断した[3]

彼女の一貫性のない行動に疲れた両親は、彼女を特殊児童が集まる学校に入学させた。1972年1月、スパンゲンは学校から逃げ出し、ハサミで手首を切って自殺を図った。

1974年にハイスクールを卒業、コロラド大学ボルダー校に願書を出し受理される。16歳で大学に通い始めた[2]が、5カ月後、警察のおとり捜査でマリファナを購入して逮捕され、コロラド州から永久追放された[1]。最初の仕事を初日にクビになって以降、彼女は両親からの盗みと麻薬の密売で生活した[4]

シド・ヴィシャスとの関係[編集]

17歳で家を出てニューヨークに移り住む。タイムズスクエアの近くでストリッパー、さらに売春宿で働く[4]。当時はエアロスミスニューヨーク・ドールズラモーンズなどのファンであった。1977年ロンドンに移住し、セックス・ピストルズに出会う[5]。リードシンガーのジョニー・ロットンは彼女を嫌い、遠ざけようとしたが、彼女はシド・ヴィシャスについて回り、やがて一緒に生活するようになった。

関係があった約2年間にスパンゲンとヴィシャスはヘロインをはじめ、多くのドラッグを使用して依存症になった。ヴィシャスはスパンゲンに出会う前からドラッグについては極めて悪質で、ある情報筋によれば、彼は幼少時から彼の母親と一緒にスピードを使用していたという。

タブロイド紙は、スパンゲンのたび重なる暴言と暴力に辟易し「吐き気を催す」と評した。

1978年にピストルズが解散したのち、スパンゲンとヴィシャスはニューヨークチェルシーホテルに引っ越した[5]。2人は「ジョン・サイモン・リッチー(ヴィシャスの本名)夫妻」名義で100号室に住んだ[6]。ヴィシャスは音楽を続けようとしていた[7]

[編集]

若い女性がひとり死んだ。私は気にしない。あなたもおそらく気にしない。警察も気にしない。新聞も関心を示すことはない。ほとんどのパンクスも気に留めない。悲しむとすれば(私が思うに)彼女の両親と、(ほとんど確信するが)彼女を殺して起訴された少年だけだ。

レスター・バングス(音楽ジャーナリスト)[8]

その後数ヶ月にわたり、ヴィシャスとスパンゲンの薬物依存はまずます酷くなり、ヴィシャスはスパンゲンに壮絶な暴力を振るった。

1978年10月12日、スパンゲンはバスルームの床で遺体となって発見された。ナイフで腹部をひと刺しされており、ナイフはヴィシャスが所有するものとわかった[9]。ヴィシャスはまもなく逮捕され第2級殺人で起訴されたが、ヴィシャスは無罪を主張し、保釈された。ナンシーの死の4カ月後、ヴィシャスはヘロインオーバードースで結審前に死亡した。被疑者死亡により捜査は終了、ナンシーは故郷フィラデルフィアに埋葬された。

事件の真相[編集]

前述のとおり、この殺害事件はヴィシャスの死によって捜査が終了しており、犯人について法律的には結論が出ていない。最終的にスパンゲンを殺害したのはヴィシャスではないとする説がいくつかある。

かつてマルコム・マクラーレンの下で働いたフィル・ストロングマンは、彼の著作 "Pretty Vacant: A History of Punk" の中で、コメディアンのロケッツ・レドグレアがスパンゲンの殺害にひと役買ったと主張する。それによると、レドグレアはチェルシーホテルのヴィシャスとスパンゲンの部屋にヒドロモルフォン(強力な麻薬鎮痛剤)のカプセル40個を届けたという。レドグレアは生涯を通じて事件との関わりを否定した。

その他[編集]

ヴィシャスとスパンゲンの人生については、後に数多くの文献で取り上げられたほか、1986年には2人を題材にした伝記映画「シド・アンド・ナンシー」が公開された(キャストはヴィシャス役にゲイリー・オールドマン、スパンゲン役にクロエ・ウェブ)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g And I Don't Want to Live This Life by Deborah Spungen
  2. ^ a b c Nancy Spungen 1958 - 1975”. Nancys.110mb.com. 2010年11月25日閲覧。
  3. ^ Nancy Spungen by Deborah Spungen
  4. ^ a b An unofficial website about Nancy Spungen: [1]
  5. ^ a b Schoemer, Karen. "The Day Punk Died" New York Entertainment October 19, 2008.
  6. ^ Orin, Deborah. "Sid Vicious Seized at Chelsea Hotel" New York Post October 13, 1978.
  7. ^ Sid Vicious accused”. Nancys.110mb.com. 2010年11月25日閲覧。
  8. ^ "A Tale of Two Patsies." Lester Bangs. Village Voice, 23 October 1978. Reprinted on nancys.100mb.com.
  9. ^ ナイフの種類については、007ハンティング・ナイフであるという説と、刃渡り5インチのジャガーK-11であるという説がある。

外部リンク[編集]