メタンフェタミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メタンフェタミン
メタンフェタミンの構造式
識別情報
CAS登録番号 537-46-2
KEGG D08187
特性
化学式 C10H15N
モル質量 149.24
沸点

212[1]

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

メタンフェタミン(英語:Methamphetamine, Methylamphetamine)とは、アンフェタミンの窒素原子上にメチル基が置換した構造の有機化合物である。代表的な覚醒剤として知られる。

概要[編集]

1893年明治26年)、日本薬学者長井長義によりエフェドリンから合成されて生まれた。1919年大正8年)、緒方章がその結晶化に成功した。

アンフェタミンより強い中枢神経興奮作用をもつ覚醒剤であり、日本では覚せい剤取締法により規制されている。医療の現場においては現在、昏睡、手術後の虚脱状態、統合失調症における遅鈍症、ナルコレプシー等に対し施用されることがある。

第二次世界大戦当時には連合国軍枢軸国軍の双方で、航空機や潜水艦の搭乗員を中心に、士気向上や疲労回復の目的で用いられた。21世紀初頭の近年、世界各国においてその蔓延の急速な進行が確認されており、一例としてアメリカ合衆国では、「最も危険なドラッグ」として語られるものとなっている。

俗称・異称[編集]

日本語では、シャブエスs)、スピードspeed)などの俗称で呼ばれる。ヒロポンの名でも知られるが、これは商品名である(ヒロポン参照)。

英語ではiceアイス)、methメス)、crystal methクリスタル・メス)などの俗称がある。

諸言語における俗称としては、冰毒中国語)、tinaフランス語)、shabooイタリア語)、tikフランス語)が挙げられる。

異称、the queen of ice氷の女王)。

主な作用[編集]

中枢神経を刺激して覚醒させる作用があるため、欝病精神病などの虚脱状態や各種の昏睡・嗜眠状態などの改善・回復に用いられる。神経終末からノルアドレナリンドパミンセロトニンなどのアミン類を遊離させ、間接的に神経を興奮させる。さらに、モノアミントランスポーターの阻害作用によるアミン類の神経終末への再取り込み阻害作用と、モノアミン酸化酵素の阻害作用によって、シナプス間隙におけるアミン類の濃度を上昇させる作用を持つ。

副作用など[編集]

不安興奮頭痛不眠、手のふるえ、動悸などが起こったり、味覚の異常やじんま疹などの過敏症状が起こることがある。

ヒロポン[編集]

ヒロポン®Philopon)とは、大日本住友製薬(旧:大日本製薬)によるメタンフェタミンの商品名であり、同社の登録商標(第364236号の1)である。成分名は塩酸メタンフェタミン錠。剤型はアンプルおよび錠剤である。「ヒロポン」の名は、「疲労をポンと取る」にも掛けているが、英文綴りに見られるように、ギリシア語Φιλόπονος(ピロポノス/労働を愛する)を由来としている。

日本では太平洋戦争以前より製造されており、「除倦覺醒劑」として販売されていた。その名の通り、疲労倦怠感を除き眠気を飛ばすという目的で、軍・民で使用されていた。現在でこそ覚醒剤の代名詞であるヒロポンだが、当時は副作用についてまだ知られていなかったため、規制が必要であるという考え方自体がなく、一種の強壮剤のような形で利用されていた。当時の適応症は、「過度の肉体および精神活動時」、「夜間作業その他睡気除去を必要とする時」、「疲労二日酔乗り物酔い」、「各種憂鬱症」であった。軍では長距離飛行を行う航空兵などに支給されている。ヒロポンの注射薬は「暗視ホルモン」と呼ばれ、B29の迎撃にあたる夜間戦闘機隊員に投与された。中には一晩で5機のB29を撃墜した例もあった(黒鳥四朗を参照)。ヒロポンは「決戦兵器」のひとつとして量産され終戦時に大量に備蓄されていた。

終戦により軍の備蓄品が一気に市場へ流出すると、煙草といった嗜好品の欠乏も相まって人々が精神を昂揚させる手軽な薬品として蔓延した。その依存者即ち「ポン中」が大量発生し、中毒患者が50万人を超えるなど社会問題となった。加えて中毒者が行う不潔な注射は肝炎ウィルスの伝染機会を増加させて輸血後肝炎が拡大する遠因となった。この時期芸能界にも蔓延し、多くの芸能人が常用していたことがのちに明らかになっている。当時芸能界で活動したコロムビア・トップが参議院議員に転身後、国会においてヒロポンが蔓延した当時の芸能界を証言したことがある[2]

1949年(昭和24年)、日本政府はヒロポンを劇薬に指定、製造業者に対し、覚醒剤としての製造を禁止するよう勧告した。 1951年(昭和26年)に覚せい剤取締法を施行したことに伴い、日本国内では、「限定的な医療用途での使用」を除き、覚醒剤の使用・所持がすべて禁止されている[3]

2013年現在、処方薬として「ヒロポン錠」「ヒロポン注射液」の二種類が製造されているが、医療機関が覚醒剤を治療に使用する場合、都道府県知事への事前の届け出義務があるなど、極めて管理が厳しい。

薬効[編集]

  • 神経系及び感覚器官用医薬品
  • 中枢神経系用薬
  • 興奮剤、覚せい剤
  • アンフェタミン系製剤

効能・効果[編集]

  • 次記疾病・症状の改善
    • ナルコレプシー、各種の昏睡、傾眠、嗜眠、もうろう状態、インスリンショック、欝病・欝状態、統合失調症の遅鈍症の改善
  • 手術中・手術後の虚脱状態からの回復促進及び麻酔からの覚醒促進
  • 麻酔剤の急性中毒、睡眠剤の急性中毒の改善

副作用等[編集]

  • 重大な副作用
    • 依存性
  • その他の副作用(頻度不明)
    • 精神神経系:興奮、情動不安、眩暈、不眠、多幸症、振戦、頭痛
    • 循環器:心悸亢進、頻脈、血圧上昇
    • 消化器:食欲不振、口渇、不快な味覚、下痢、便秘
    • 過敏症:蕁麻疹
    • その他:インポテンス、性欲変化

脚注[編集]

  1. ^ "Hazardous Substances Data Bank", NLM(US)
  2. ^ 参議院会議録情報 第101回国会 社会労働委員会 第11号。議事録では本名の下村泰名義で記録されている。
  3. ^ ここで言う「限定的な医療用途での使用」とは、同法により規定された少数の研究・医療機関への販売や、統合失調症ナルコレプシーの治療等であり、日本薬局方上は処方薬医療用医薬品)の覚醒剤として残っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]