トラップ (音楽のジャンル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Trap
様式的起源 サザン・ヒップホップ, ハードコアヒップホップ, クランク
文化的起源 2000年代、アメリカ合衆国にて。
使用楽器 サンプラーシンセサイザードラムマシンキーボード
流行時期 2000年代
テンプレートを表示

トラップTrap)とは、ラップジャンルの1つである。近年、アメリカ合衆国を中心に、その人気を急速に拡大している。

概要[編集]

2000年代にサザン・ヒップホップクランクから派生して生まれた、比較的新しいジャンル。重低音を強調したビートに、スネアドラムの連続音や、派手な電子音を加える中毒性の高いスタイルが一般的で、トラックメイキングにはローランド・TR-808を使うプロデューサーが多い[1]。トラップとは、「コカイン密売所」を表すスラングで、アトランタが、このジャンルの発祥地とされている[2]。先駆者とされるアーティストは、2003年以降に活躍したT.I.ヤング・ジージーだが[3]、2010年代になっても2チェインズリック・ロスワカ・フロッカ・フレイム等のヒットにより、非常に高い人気が続いている。特に2 Chainzの2012年発表のアルバム『Based on a T.R.U. Story』は、全米で50万枚以上を売り上げ、ゴールドディスクを獲得した。近年はシンセサイザーを用いたテクノ色の強いサウンドや、ダブ・ステップ寄りのサウンドまで登場しており[1]、独創的で退廃的な世界観で人気を博しているオルタナティブ・ヒップホップ勢と比べ、流行を意識したメインストリーム寄りのサウンドが多い。代表的なプロデューサーとして、ワカ・フロッカ・フレイムグッチ・メインの楽曲を多く手掛けたレックス・ルガー等がいる[1]

代表的なアーティスト[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

トラップに分類される主な楽曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Trap Music - stoneyroads.com
  2. ^ Real Trap - residentadvisor.net
  3. ^ Trap Music - urbandictionary.com