サザン・ヒップホップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サザン・ヒップホップ
様式的起源 ヒップホップ
ソウル
ネオ・ソウル
R&B
文化的起源 1980年代、アメリカ合衆国南部にて。
使用楽器 シンセサイザー, ドラムマシン, ヴォーカル
流行時期 2000年代後半。
派生ジャンル クランク
テンプレートを表示

サザン・ヒップホップ(Southern hip hop)とは、ラップジャンルの1つである。別名、『サザン・ラップ』や『ダーティ・サウス』と呼ばれる事もある。

概要[編集]

アトランタセントルイスニュー・オーリンズマイアミ等を中心としたアメリカ南部発祥の、ラップミュージック。2000年代後半に人気を獲得した、比較的あたらしいジャンルだと言われているが、1990年代に活躍したスカーフェイスUGK等のアーティストが実際の先駆者だと考えられている[1]。近年活躍しているアーティストは、T.I.リル・ウェインなど。
地域的には、リュダクリスT.I.を輩出したジョージア州,アトランタや、カミリオネアを輩出したテキサス州,ヒューストンが注目されている[1]

特徴[編集]

南部特有の強い訛りを用いたラップと、強いビートを用いた重厚なサウンドが特徴で、シンセサイザーを多用した派手な楽曲が多い。

脚注[編集]

出典[編集]