イースト・コースト・ヒップホップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イースト・コースト・ヒップホップ
様式的起源 ジャマイカ人の持ち込んだダンスホールレゲエR&Bディスコソウルファンクなどのリズムを加えられて完成。
文化的起源 1970年代、アメリカ合衆国ニューヨークにて。
使用楽器 ドラムマシン, ビートボックス, ヴォーカル
流行時期 1980年代~1990年代
テンプレートを表示

イースト・コースト・ヒップホップ(East Coast hip hop)とは、ラップジャンルの1つである。ニューヨークを中心としたアメリカ東海岸沿いで発展した。

特徴[編集]

単純なリズムや歌詞が特徴のオールドスクール・ヒップホップと比べ、非常に凝っものが多い。しかし、サウンド的にはほぼオールドスクール・ヒップホップと同じである。

歴史[編集]

1970年代に、ヒップホップ発祥の地と言われるニューヨークにて流行。この頃のヒップホップミュージックは、ただ単にパーティーをする為のダンスミュージックが主流だった。

しかし、1980年代に入ると黒人たちの人権活動が盛んになり、歌詞も社会的な物を含むようになる。そして、サウンドもハードコアと呼ばれる攻撃的なものへと変化していった。

1990年代に入ると、様々な動きが出てくる。まず、デ・ラ・ソウルア・トライブ・コールド・クエストジャングル・ブラザーズらの登場によって、ニュー・スクール・ムーブメントが起こり、とにかく「楽しければ何でも良い」といったもの。そして、ウータン・クランの登場によって「とにかくハードコアなトラック」といった流れがある。

1990年中期には、バッド・ボーイ・レコードのポップな路線が出現し、また1990年後期にはギャングスタ・ラップのようなスタイルのアーティストも登場した。

脚注[編集]

出典[編集]